浅田彰

日本の批評家

浅田 彰(あさだ あきら、1957年3月23日 - )は、日本批評家[1]学位経済学修士京都大学1981年)。京都造形芸術大学教授、同大学大学院学術研究センター所長[2]

来歴編集

『構造と力』

兵庫県神戸市出身。1983年、京都大学人文科学研究所助手時代に、構造主義ポスト構造主義の思想を一貫した見取り図のもとに再構成する『構造と力』を発表。思想書としては異例の15万部を超すベストセラーとなり[3]、同時期に『チベットのモーツァルト』を発表した中沢新一などとともに、いわゆる「ニュー・アカデミズム」の旗手として一般メディアを舞台に幅広い批評活動を開始した[4]

当時の日本では、ロラン・バルトフーコーレヴィ=ストロースなどのフランス現代思想が盛んに紹介されていたが、思想家ごとの紹介にとどまることが多く、彼らを思想史全体に位置づける試みはほとんど行われていなかった[3]。そうした状況の中浅田が『構造と力』において、デリダの脱構築の哲学や、ドゥルーズとガタリが用いたラカン派精神分析の思想など様々な潮流を俯瞰し再構成してみせたため[5]、同書はフランス現代思想に対する「知の見取り図」として受容されることになった[6][3]

『逃走論』

翌1984年には、一般誌などに寄稿したエッセイを集めた『逃走論』を発表。同書ではドゥルーズとガタリ、またマルクスなどの思想を従来のように正面から一点集中的に読み解こうとするだけではなく、多面的な視点を相互に移動しながらテクストに向き合う姿勢が必要だと説いた[7]。この対比を、浅田は特定の価値観や立場・見方に固執するパラノイア(偏執狂)型と物事に固執しないスキゾフレニア(統合失調症)型に二分したが[7]、これは「パラノからスキゾへ」というキャッチフレーズとして、当時の流行語となり[3]、第一回新語・流行語大賞において新語部門の銅賞に選ばれた[8]

1984年から87年まで雑誌『GS』で活動したのち、90年代は柄谷行人とともに思想誌『批評空間』の編集委員[9]を務め、『季刊思潮』『InterCommunication』『Any』といった思想誌の編集にかかわっている。

『逃走論』 以後の批評活動

『逃走論』 以後の浅田の著作は、対談・短いエッセイなどの再構成が中心となり、叢書の編集や芸術祭・映画祭の監修など幅広い分野で活動を続けている[3]。浅田の師の一人である数学者の森毅は、浅田の本領は、一見無関係なものを関連づけ、全体の中に位置づけ直して新たな光を当てる広義の「編集」行為にあると指摘している[10]。また浅田の紹介・評価がきっかけとなって、多くの思想家やアーティストが注目を浴びることになった[11]

2008年、京都大学経済研究所准教授を退職し、京都造形芸術大学大学院長に就任した[1][2]

建築家の浅田孝は叔父に当たる。

浅田が執筆したテキストは、浅田彰書誌[3]に詳しい。(現在も更新が続けられているが、なぜか2009年までのテキストしか掲載されていない)

2012年からウェブメディアのREALKYOTOで評論を発表していた。2020年末に同メディアは更新を停止し、ICA京都のサイト内ウェブマガジンREALKYOTO FOLUMに移行され、浅田はICA京都の所長に就任した。就任にあたって、「たんなるジャーナリスティックな情報でも、アカデミックな論考でもない、グローバルなアート・シーンの具体的現実にアクセスし、またそれについて深く考えたいと思っているすべての⼈に注⽬していただければ、そして積極的に参加していただければ幸いです」との文章を発表した。[12]

発言・エピソード編集

  • 2000年以降の思潮として、新自由主義の波及によって人文知の成立する余地が失われた結果、文学の世界でも市場論理を優先するライトノベルケータイ小説アニメゲーム主流になり、文学が「ふきさらしの荒野」に出てしまったと述べ[13]、さらに「亡命知識人の体現するヨーロッパとアメリカの臨界に、20世紀の人文知の最大の可能性があった。それを21世紀にどうやって取り戻せるのかというのが、ひとつのモチーフになる」と述べている[14]
  • 2000年代に起きた情報環境、メディア環境の急激な変化に関しては、「簡単に検索し操作できるというのは、すばらしいことに違いない。けれども、それとは別の次元で、モノとしての知に直接かつ偶然に遭遇できる場が絶対必要。そのような場、そのような遭遇をどうやって可能にしていくかというのが大きな問題だ」と述べている[13]
  • ソーカル事件などで示されたフランス現代思想潮流の衒学性の問題に対して、ソーカルらによる論証は対象となるそれぞれの論者を本質的に批判してはおらず、また批判の根拠たる科学主義も絶対とはいえないと応じながらも、ソーカル事件の教訓を強調し、不必要な衒学は戒めなければならないとしている[15]
  • 1987年辻元清美との皇室に関する話題にて、天皇制について「なくならないと思う。終戦の時に、きちっと責任追及があってしかるべきだった」と述べた[16]
  • 昭和63年昭和天皇が病床に就くと多くの人が皇居を訪れ記帳したが、その光景に浅田は北一輝の天皇論に言及するなかで「連日ニュースで皇居前で土下座する連中を見せられて、自分はなんという『土人』の国にいるんだろうと思ってゾッとするばかりです」と発言し[17][18]、保守派を中心に抗議を受けた[19]。平成から令和への改元にさいしては、このときのことを振り返りつつ「政府とマス・メディアの煽り立てる「奉祝ムード」の中で歴史健忘症をますます激化させている」とする小文を発表した[19]
  • 経済学部・大学院経済学研究科の出身で、元々は経済学者を名乗り、専攻は経済学としていた。ほかに経済思想史に関する論文を執筆したこともある。しかし経済学関係の業績はもとより80年代後半以降からは経済学関係の著作は皆無で、現在は経済学者は「廃業」したと述べている[要出典]
  • 経済学に関する体系的業績や著作は一つも残しておらず、このことを吉本隆明が厳しく批判している。吉本は、浅田が「学生の学力がここ10年くらいで劇的に落ちている。文部省は権威主義的な詰め込み教育を維持したほうがよかった」と言っていることについて、「最近の学生の学力のレベルが低いというより、むしろ、浅田彰のレベルが低い、というべきじゃないでしょうか。浅田彰は、専門だという理論経済学の分野でも、学者としてちっとも優秀じゃないですよ[20]。」「つまらない専門外のことはいう浅田彰[21]」と評している。
  • 2008年まで20年に渡り、京都大学経済研究所助教授准教授)のまま勤務していたが、教授に昇任できなかった。結局、『週刊文春2008年3月27日号「19年間"助教授"の末、浅田彰が京大を飛び出した」記事は、「学内で『穀つぶし』と言われたわけではないでしょうが(笑)、これ以上の出世、要は教授になることはないと見限ったのかもしれませんね」「八〇年代半ば以降、対談集や芸術批評などを除けばまったくと言っていいほど著作を発表していません。そういう意味では学者としての業績は残してない」と報じられた。
  • 2019年には国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」内の企画展「表現の不自由展・その後」が抗議を受け展示を中止した問題[22][23][24][25]について、「公権力を持った人が、展覧会をやると言った以上、個々の作品に対していいとか悪いとか口を出すことは検閲に近い」と批判し、また「世界の支配的な潮流は多文化主義だ。多様な文化が混在しているなかで、他者を尊重し、傷つけないようにしようという態度はひとまず正しいと言える」が、「誰も傷つけない表現というものには、ほとんど意味がない。知識人は大衆の逆鱗に触れるために存在している」と述べた[26]
  • また、同年8月に政治家の田中康夫氏と対談した米中首脳会談及びG20大阪サミット等についての記事では「安倍政権は、天皇の代替わりを政治利用した」、「隣国(朝鮮半島)を植民地化なんかしたら100年たっても恨まれて当然なのに」と自身の政治的見解について語った[27]
  • 2000年代に至って、前景化したように見える、「ディシプリン(規律・訓練)」のシステムが機能不全に陥ったことによって生じているかに見える「こどもの資本主義」カルチャーを「ズキゾキッズ」というかたちで、先駆的に肯定・評価していたのではないか、という問いかけには、「幼児的退行を売り物にする」のは「最悪」であり、「現在のこの種の議論は、ドゥルーズ[要曖昧さ回避]の警告する「コントロール(監視)」のシステムの補完物にほかならず、何よりモダニズムの核心にもあったこどもというものの可能性の中心を決定的に逸している」と否定的である。 そして、その「こどもの可能性の中心」にカントの可能性の中心を担う「調和し得ない緒力の束」を体現するものとしてのアルチュール・ランボーを挙げ、「ヘテロノミー(他律性)もアウトノミー(自律性)もないばらばらのボディ・パーツの束がバイオポリティカル(生政治)なコントロール・システムの中に浮遊しているという安易なディストピア・イメージが支配的になり、それが部分的にではあれ現実化しつつある現在、一見それと似ているようでまったく違うヴィジョンを、カントに即し、あるいはランボーセザンヌ[要曖昧さ回避]に即し、ドゥルーズ[要曖昧さ回避]フーコーの仕事をヒントとしながら探っていくというのは、『現在』がわれわれに突きつけているきわめて重要な課題であると言うべき」「ポストモダンあるいはポストヒストリカルと言われるような状況ですれっからしになってしまったわれわれも、だからこそふたたび「こどもになること」を目指さなければならないと述べている[28]
  • 「高校のころ演劇と生徒会ってのが大嫌いで、だから今でも平田オリザとか岡田利規とかああいうのは耐えられない」と発言しており、演劇についてパフォーマンスとして面白いものもあるとしながら、大声で泣いたり叫んだりし、情念を爆発させるような、「高校演劇」的な演劇を嫌っている[29]
  • 1999年に草間彌生の展覧会「草間彌生:ニューヨーク/東京」と荒木経惟の展覧会「センチメンタルな写真、人生」が同時に開催されていた東京都現代美術館を訪れた体験を述べた「草間彌生の勝利」(『波』1999年7月号、岩波書店)という文章の中で、「ひとことで言えば「本もの」と「偽もの」、あるいはニーチェの言葉で言えば「強者」と「弱者」というところだろうか」と、草間を評価し、荒木を酷評している。荒木の写真を「ウェットな感傷にまみれた薄汚い写真」「そこにあるのは、そういうセンチメンタルな物語にすがることでしか生きられないひ弱な「私」、しかも、そのような自分を売り物にして弱者の群れの歓心を買おうと計算するさもしい「私」でしかない」と批判する一方、草間を「センチメントは、それを感じる自己を前提とする。ところが、草間彌生の場合、自己は、そこで病いと死の闘争が展開される非人称的な場と化している。その凄絶にして絢爛たる闘争の記録は、胸を衝く切実さをもちながら、しかも、それをはるかに超えた強度によって、作者の病歴をまったく知らない者をも圧倒するだろう。その作品のひとつひとつは、ウェットな感傷からかぎりなく遠いところで傲然と屹立し、ただ作品それ自体として観る者の感覚を震撼するだろう。だからこそ、それは芸術と呼ばれるにふさわしいのだ」と絶賛し、「満身創痍でしかもひとり歩み続けるその後ろ姿に、私は心からの敬意を捧げる」と文章を結んだ[30]
  • ほかに荒木経惟について、講演で「本当に日本人として恥ずかしい」「野垂れ死にすればいい」と罵倒している[31]

略歴編集

兼職

著作編集

  • 構造と力――記号論を超えて』(勁草書房, 1983年)
  • 『逃走論――スキゾ・キッズの冒険』(筑摩書房, 1984年)
  • 『ヘルメスの音楽』(筑摩書房, 1985年)
  • 『ダブル・バインドを超えて』(南想社, 1985年)
  • 『「歴史の終わり」と世紀末の世界』(小学館, 1994年)
  • 『「歴史の終わり」を超えて』(中公文庫, 1999年)
  • 『フォーサイス1999』(NTT出版, 1999年)
  • 『20世紀文化の臨界』(青土社, 2000年)
  • 『映画の世紀末』(新潮社, 2000年)

共編著など

訳書

  • メアリー・ダグラス, バロン・イシャウッド『儀礼としての消費 財と消費の経済人類学』(新曜社, 1984年)

連載

  • 憂国呆談 ソトコト(2008年1月号-)

関連文献編集

  • 安藤 礼二「浅田彰 ─ 「知」への切断と介入」(『大航海』 (55), 102-105, 2005)
  • 笠井潔「浅田彰という装置 ─ 浅田彰『構造と力』」(『文芸』23(5), p212-222, 1984-05)
  • 能本勲「記号論からの〈逃走〉 ─ 浅田彰(『早稲田文学〔第8次〕』 (102), p28-29, 1984-11)
  • 筑紫哲也「若者たちの神々:1 浅田彰」(『朝日ジャーナル』 26(15), p43-47, 1984-04-13)
  • 津村喬「〈逃走〉する者の〈知〉 ─ 全共闘世代から浅田彰氏へ」(『中央公論』 99(9), p46-61, 1984-09)
  • 三浦雅士「荒々しい「現在」を走り抜く」(『朝日ジャーナル〈特集:浅田彰「現象」を解く〉』 26(15), p14-16, 1984-04-13)

脚注編集

  1. ^ あいちトリエンナーレ2019 対談:ホー・ツーニェン×浅田彰《旅館アポリア》をめぐって
  2. ^ 教員紹介|大学案内|京都造形芸術大学” (日本語). 京都造形芸術大学. 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e 「浅田彰」(『日本大百科全書』小学館、2018)
  4. ^ 「浅田彰」(上田正昭ほか監修『日本人名大辞典』講談社、2001)
  5. ^ 浅田彰『構造と力―記号論を超えて』勁草書房、1983
  6. ^ 安藤 礼二「浅田彰 ─ 「知」への切断と介入」(『大航海』 (55), 102-105, 2005)
  7. ^ a b 浅田彰『逃走論 ─ スキゾ・キッズの冒険』ちくま文庫、1986
  8. ^ 「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン「第1回新語・流行語大賞
  9. ^ その総目次は浅田彰aabiblio @ ウィキ
  10. ^ 森毅『世話噺数理巷談』平凡社、1985
  11. ^ たとえばスラヴォイ・ジジェクは、『批評空間』で日本で初めて特集記事が組まれ、青山真治の映画『EUREKA』も浅田の評価がきっかけとなった。
  12. ^ DIRECTOR’S MESSAGE|STAFF|ABOUT|ICA京都”. ICA京都. 2022年3月11日閲覧。
  13. ^ a b 松浦寿輝との対談(『表象』no.01, 2007)
  14. ^ 『InterCommunication』no.58、2006年秋号「特集=コミュニケーションの現在・2006 五感へと遡行する多角的考察」 なども参照。
  15. ^ 浅田彰「『山形道場』の迷妄に渇!」
  16. ^ 辻元清美『清美するで!! 新人類が船(ピースボート)を出す!』第三書館、1987年、147頁。
  17. ^ 『文学界』1989年2月号
  18. ^ この浅田の発言に対して、保守派の論客・谷沢永一は、言論の自由は存在するから本人がそう信じているのであればどうおっしゃろうと自由と断りを入れた上で、「税金で賄われている京都大学の月給で生きていくことはやめ、即刻京都大学助教授の職を辞して自分の二本の足で立って独り立ちして「土人」の世話にならず生きるべきだ」などと批判した。
  19. ^ a b REALKYOTO – CULTURAL SERACH ENGINE » 昭和の終わり、平成の終わり” (日本語). 2019年9月2日閲覧。
  20. ^ 吉本隆明 『超「20世紀論」上』アスキー、2000年9月。ISBN 978-4756135698 199頁
  21. ^ 吉本隆明 『私の「戦争論」』ぶんか社、1999年8月。ISBN 978-4821106844 167頁
  22. ^ 展示中止問題については「あいちトリエンナーレ」内の記述を参照。
  23. ^ 「週刊文春」編集部. “74%が反対「慰安婦少女像」の芸術祭展示問題アンケート結果発表”. 文春オンライン. 2019年10月1日閲覧。
  24. ^ 昭和天皇の御真影を使った作品 津田大介氏の過去の発言に注目集まる” (日本語). ライブドアニュース. 2019年10月1日閲覧。
  25. ^ 「天皇が燃えたりしてるんですか?」という質問に津田大介芸術監督が笑顔で反応する動画が拡散中 和田政宗議員もツイート (2019年8月7日)” (日本語). エキサイトニュース. 2019年10月1日閲覧。
  26. ^ 「誰も傷つけない表現に意味ない」 浅田彰氏、複雑化する自主規制に警鐘 「不自由展」問題” (日本語). 毎日新聞. 2019年10月1日閲覧。
  27. ^ ソトコト編集部 (2019年8月5日). “憂国呆談 season 2 volume 110 | sotokoto online(ソトコトオンライン)” (日本語). ソトコト. 2020年3月25日閲覧。
  28. ^ 浅田彰/岡崎乾二郎 (2006). “「現在」を考える:こどもたちに語るモダン/ポストモダン”. 『InterCommunication』 no.58、2006年秋号. 
  29. ^ 「ダムタイプ|アクション+リフレクション」関連プログラム 浅田彰×坂本龍一×高谷史郎 スペシャルトーク(記録)”. 2022年6月22日閲覧。
  30. ^ アーカイブ”. 2022年6月22日閲覧。
  31. ^ (日本語) メイプルソープ再考 Reconsider Mapplethorpe, https://www.youtube.com/watch?v=CW3YzXpNroI 2022年6月21日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集

そのほか