浅茅陽子

日本の女優

浅茅 陽子(あさぢ ようこ、1951年4月2日 - )は、日本の女優静岡県清水市(現静岡市清水区)生まれ[2]。身長160cm[2]桐朋学園短期大学部欧米文化コース卒業[1][3]

あさぢ ようこ
浅茅 陽子
本名 福泉 みや子[1]
生年月日 (1951-04-02) 1951年4月2日(71歳)
出生地 日本の旗 日本静岡県清水市(現清水区
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ
映画
活動期間 1974年 - 現在
主な作品
テレビドラマ
雲のじゅうたん
幽霊シリーズ
おんな太閤記
暴れん坊将軍』シリーズ
CM
エバラ食品工業
受賞
エランドール賞新人賞受賞(1977年
テンプレートを表示

人物・来歴編集

大学を卒業して文化服装学院に通っていた時[2]、大学の先輩・山本亘スカウトされ[2]、1974年『かあさんの明日』(CX)でデビュー[2]1976年、『雲のじゅうたん』 のヒロイン・飛行家を目指す小野間真琴役で伸びやかな女性像を演じて全国的な人気を得る(劇中では東北弁を使う役だったため、「ヘバちゃん」の愛称で親しまれた)。

芸名は本名よりも派手な名前をと占い師に相談したが「あなたには派手な名前は似合わない」と言われ、万葉集の中に出て来る「浅茅」という言葉と、「浅茅はチガヤのこと、チガヤという草には太陽の光が必要」ということから「陽子」の名前を提示されて名付けられた[1]

1977年エランドール新人賞受賞。

1988年からは『暴れん坊将軍』(テレビ朝日)にて、め組の辰五郎の妻・おさい役(2代目)でレギュラー出演。

1986年から「黄金の味」のCMキャラクターに起用され、生活感溢れる主婦役が好評を博す。翌年の続編が全日本CMフェスティバルテレビCM部門優秀賞を受賞[4]

エバラ食品工業のCMの顔となり、1991年には『エバラ家の人々』として映画化されるほどの代表作となったが、1992年春頃から雑誌などで動物愛護を理由とするベジタリアンであることを公表し始め[5]、同時期に出演したテレビ番組でも同様の発言をした影響から[6]、すべてのCMを降板した。

趣味はビーズアクセサリー作り。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

舞台編集

情報・バラエティ番組編集

他多数

吹き替え編集

CM編集

音楽作品編集

シングル編集

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ a b c 週刊テレビ番組(東京ポスト)1983年11月11日号「芸名由来記」54頁
  2. ^ a b c d e 「'76 美しきヒロインたち 茶の間でうけてる11人の娘たち 浅茅陽子」『スタア』1976年4月号、平凡出版、 177頁。
  3. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.529
  4. ^ 放送ライブラリー エバラ焼肉のたれ「台所」
  5. ^ 「焼き肉のタレ あの浅茅陽子が訴える動物保護」週刊読売 1992年4月5日号 p.28-29
  6. ^ 「動物愛護発言で騒然 浅茅陽子の「肉は食べない」「たれはご飯にかけて食べる」にCMスポンサー・エバラ社員が怒った!」女性セブン 1992年6月4日号 p.50-51
  7. ^ “武田航平の主演作「この小さな手」公開、父親になれなかった男が娘との絆を取り戻す”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年1月12日). https://natalie.mu/eiga/news/508606 2023年1月12日閲覧。 
  8. ^ エバラ公式HP TVCMヒストリー
  9. ^ こまどり姉妹、チェリッシュの同名楽曲とは別曲

外部リンク編集