メインメニューを開く

浅野 守夫(あさの もりお、1856年1月19日安政2年12月12日[1]) - 1938年昭和13年)5月23日[1])は、日本の男爵貴族院議員正三位[2]

目次

経歴編集

浅野懋績の六男として生まれ、広島藩家老・東城領1万石、浅野道興の養子となる[1]。妻は浅野懋昭の三女・亀、後妻は東園基敬の六女・ミツ[1]

養父の隠居に伴い、1869年(明治2年7月)家督を継承[1]。1872年(明治5年)東上し慶應義塾へ入る。漢学を修め広島県御用掛。1874年(明治7年)以降、広島県十五等出仕、広島駅逓出張局長、広島郵便局長等を歴任[2]殖産興業に従事し授産士族の世話を務める。1905年(明治38年)3月、貴族院男爵議員に選出され、1911年(明治44年)7月まで在任[2]

栄典編集

出典編集

  1. ^ a b c d e 『平成新修旧華族家系大成』上巻、28頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』62頁。
  3. ^ 『官報』号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。

参考文献編集


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
備後東城領浅野家初代
1900年 - 1938年
次代:
浅野栄