メインメニューを開く

浅野 忠晨(あさの ただあき)は、江戸時代安芸国広島藩家老。三原浅野家第6代。

 
浅野忠晨
時代 江戸時代
生誕 享保17年7月5日1732年11月16日
死没 寛政6年閏11月16日1795年1月6日
別名 丹波、万助、通称:甲斐
墓所 広島県三原市本町妙正寺
主君 宗恒
安芸広島藩家老
氏族 浅野氏
父母 父:忠綏
兄弟 忠晨忠愛高景
養子:忠正

略歴編集

享保17年(1732年)7月5日、三原浅野家第5代忠綏の長男として安芸広島に生まれる。宝暦元年(1751年)病気療養のため、有馬温泉に湯治に出かけた。宝暦8年(1758年)2月22日、父忠綏が死去したため、3月に家督と知行3万石を相続した。

宝暦9年(1759年)夏より病に臥せり、三原に移住して療養していたが、回復しないため11月に隠居を願い許されて、家督を叔父忠正に譲る。忠正に明和3年12月16日(1767年1月16日)に先立たれ、弟忠愛が家督を相続。忠愛にも寛政5年12月12日(1794年1月13日)に先立たれ、藩主重晟の四男忠順に相続させた。

寛政6年閏11月16日(1795年1月6日)、三原で死去。享年63。菩提寺の妙正寺に葬られた。

参考文献編集