メインメニューを開く

浅野 忠真(あさの ただまさ)は、江戸時代前期の安芸国広島藩家老。三原浅野家第3代。

 
浅野忠真
時代 江戸時代前期
生誕 元和4年(1618年
死没 元禄7年7月8日1694年8月18日
改名 忠政→忠真
別名 通称:甲斐、右近太夫
墓所 広島県三原市本町妙正寺
主君 光晟綱晟
安芸広島藩家老
氏族 浅野氏
父母 父:忠長
忠義

略歴編集

元和4年(1618年)10月、浅野家家臣浅野忠長の次男として紀伊新宮に生まれる。寛永17年(1640年)幕府の証人として江戸に下り、11月に将軍家光に拝謁。

明暦元年(1655年朝鮮通信使の供応役を務める。明暦2年(1656年)父忠長が隠居したため家督相続。万治2年(1659年三原城内堀の堀ざらいを行う。延宝2年(1674年)東野村新田を干拓。三原妙正寺を建立。

延宝8年(1680年)三原城を修繕する。天和元年(1681年)城主であることから江戸で乗輿を許された。

天和3年(1683年)11月、隠居し薙髪して道泉と号した。元禄7年(1694年)7月8日死去。享年77。菩提寺の妙正寺に葬られた。

参考文献編集