メインメニューを開く

浅野 温子(あさの あつこ、1961年3月4日[1] - )は、日本女優である。本名、魚住 温子(うおずみ あつこ)。旧姓、浅野生島企画室所属。

あさの あつこ
浅野 温子
本名 魚住 温子
浅野 温子(旧姓)
生年月日 (1961-03-04) 1961年3月4日(58歳)
出生地 日本の旗 日本東京都大田区蒲田
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1976年 -
配偶者 魚住勉1983年 - )[1]
著名な家族 長男:魚住優[1]
(NHKアナウンサー)
事務所 生島企画室
公式サイト 浅野温子 公式ページ
主な作品
映画
スローなブギにしてくれ[1]
陽暉楼
あぶない刑事』シリーズ
テレビドラマ
あぶない刑事
パパはニュースキャスター
抱きしめたい![1]
ママハハ・ブギ
101回目のプロポーズ[1]
沙粧妙子-最後の事件-
救急救命士・牧田さおり』シリーズ
フリーター、家を買う。
なるようになるさ。
リテイク 時をかける想い
警視庁いきもの係
備考
身長163cm、体重45kg[2]
B83/W56/H85[2]

目次

略歴編集

東京都大田区蒲田の蕎麦屋の1男1女の長女として生まれた[2]大田区立大森第八中学校から東京都立城南高等学校東京都立代々木高等学校を経て、東京都立上野高等学校卒業。

15歳のとき、山口百恵の主演映画『エデンの海』の山口のクラスメートの役のオーディションに合格し映画デビュー[3]。1977年、TBSテレビ小説、『文子とはつ』のオーディションに合格[2]。翌年、映画『高校大パニック』出演。

1980年代には、『スローなブギにしてくれ』や『汚れた英雄』などの角川映画に出演し、注目を集めた。1983年映画『陽暉楼』での好演で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。1980年代後半に、人気ドラマ『あぶない刑事』と『パパはニュースキャスター』にレギュラー出演。1988年に放送されたトレンディードラマ抱きしめたい!』(フジテレビ)放映時には、共演の浅野ゆう子と共に「W浅野」と呼ばれるなど人気を博した[1]。1991年に武田鉄矢と共演したドラマ『101回目のプロポーズ』は、最高視聴率36.7%の高視聴率を記録した[1]。その翌年から1996年までドラマ版『サザエさん』でサザエを演じるなど、コメディエンヌとしても活躍した。1995年に『沙粧妙子-最後の事件-』でイメージを一新し、クールな役を演じた。1998年の初舞台『ロマンチック・コメディ』からは毎年様々な舞台に挑戦。ドラマや映画、舞台でコミカルからシリアスまで幅広い演技をこなす女優として活躍している。

2003年より、俳優業と平行して『古事記』や日本の古典、各地の民話伝説を題材としたよみ語りの舞台を各地の神社や名所旧跡で続けている。2008年6月、「天皇陛下御即位20年奉祝委員会」に参加し、祝辞を述べる。國學院大學客員教授なども務める。

2019年3月、体調不良のため休養に入る[4]。出演が予定されていた舞台『銀河鉄道999 さよならメーテル〜僕の永遠』(4月20日初日)は降板し、松下由樹が代役に立てられる[5]

プライベート編集

夫は作詞家魚住勉。1983年結婚。長男は、NHKアナウンサー魚住優

名は「あつこ」だが『あぶない刑事』で共演した舘ひろしなどからは「おんこ」と有職読みで呼ばれている[6][7]

笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」出演時に「髪は洗った後、移動中の車の窓を開けて適当に乾かしている」と発言していた。

近年は道に咲いているの撮影や『ドラえもん』グッズ蒐集に凝っており、ドラえもん好きが高じて2005年声優大山のぶ代がドラえもん役を引退すると、その声優オーディションに参加して最終選考まで残ったが落選した[8]

また、写真をブログに多数掲載している(ブログの掲載画像のほとんどは撮影した花の写真である。そのほかにパックを装着した状態の自身のすっぴん顔のアップなどもある)。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

舞台編集

  • ロマンティック・コメディ(1998年) - 初舞台、福田陽一郎演出
  • 第二章(1999年)- 福田陽一郎演出
  • サイドマン(2000年)
  • 結婚…TAKEN IN MARRIAGE(2001年)
  • クラブ・オブ・アリス(2002年)
  • 黄昏 ON GOLDEN POND(2003年)
  • ウェスト・サイド・ワルツ(2004年 & 2005年)
  • ダム・ショー (2006年)
  • ノー・マンズ・ランド (2007年)
  • プリティー・ガール (2007年)
  • 本当の私を捜して(2008年)
  • 悪戦(2009年)
  • 新宿ミッドナイトベイビー(2009年)
  • ジャンヌ・ダルク(2010年)
  • 公の園(2011年)
  • 8人の女たち#日本での舞台化(2011年-2012年)
  • 時代劇版 101回目のプロポーズ(2012年)
  • 阿修羅のごとく(2013年)
  • 公の園(2013年)
  • 公の園2〜神様のいる公園〜(2014年)
  • 音楽劇『ルードウィヒ・B』〜ベートーヴェン 歓喜のうた〜(2014年)
  • 五木ひろし 納涼特別公演「おばけながや」(2016年)
  • イノチボンバイエ(2016年)
  • 雲のむこう、約束の場所(2018年)
  • 銀河鉄道999 さよならメーテル〜僕の永遠(2019年) - 体調不良のため降板[5]
  • 浅野温子よみ語り

バラエティー・教養番組ほか編集

他多数

ラジオ編集

CM編集

受賞歴編集

1984年

1988年

1989年

1994年

2014年

著書編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.106.
  2. ^ a b c d 週刊サンケイ、1981年3月5日号33頁
  3. ^ 西河克己・権藤晋 『西河克己映画修業』 ワイズ出版、1993年、346-347頁。ISBN 4948735159
  4. ^ a b “浅野温子 収録済みのドラマ「緊急取調室」第1話ゲストで天海祐希と初共演”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2019年3月28日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/03/28/0012187787.shtml 2019年3月28日閲覧。 
  5. ^ a b “浅野温子が舞台降板、体調不良のため 「銀河鉄道999」代役は松下由樹”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年3月27日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190327/geo19032711240016-n1.html 2019年3月28日閲覧。 
  6. ^ “舘ひろし&浅野温子“あぶない夫婦”8年ぶり共演”. サンケイスポーツ. (2013年5月30日). http://www.sanspo.com/geino/news/20130530/oth13053005050013-n1.html 2013年5月30日閲覧。 
  7. ^ “舘ひろし、浅野温子との5年ぶり共演に 「相変わらず“いい女”」”. オリコン. (2010年8月31日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/79563/full/ 2013年5月30日閲覧。 
  8. ^ 【エンタがビタミン♪】浅野温子、ドラえもん声優オーディションの最終選考に残っていた。
  9. ^ “佐藤浩市、俳優を「リタイアしたい」?ダメ男“天下り官僚”の逆襲劇描く”. モデルプレス. (2015年7月28日). https://mdpr.jp/news/detail/1506764 2015年10月3日閲覧。 
  10. ^ 昭和の名曲がドラマに 赤いスイートピー&神田川”. スポニチアネックス (2016年2月10日). 2016年2月10日閲覧。
  11. ^ 日本のテレビCM史の流れを変えた異才 - 今村昭物語(13)”. 電通報 (2016年11月19日). 2016年11月19日閲覧。

外部リンク編集