メインメニューを開く

浅野 良三(あさの りょうぞう、1889年明治22年)8月28日 - 1965年(昭和40年)2月9日[1])は日本の実業家。浅野財閥創始者浅野総一郎の次男、父の死後に兄の浅野泰治郎が財閥総帥の座についたが、浅野良三が実質的に財閥を運営した。

浅野 良三
生誕 1889年8月28日
東京都
死没 (1965-02-09) 1965年2月9日(75歳没)
神奈川県川崎市日本鋼管病院
国籍 日本の旗 日本
職業 実業家

経歴編集

1889年(明治22年)に浅野財閥創始者浅野総一郎の次男として生まれる。1912年(明治45年)にハーバード大学を卒業したが、フランクリン・ルーズベルト(後の第32代アメリカ大統領)と同窓だった。卒業後、東洋汽船のサンフランシスコ支店で下級社員として働いた。背が高く容姿端麗[2]。英語がペラペラで才気間髪野心満々で経営手腕も優れていた[3][4]。1930年(昭和5年)に浅野総一郎が死去すると、兄の浅野泰治郎が二代目浅野総一郎として財閥総帥になるが、事実上は浅野良三が経営した[5]。1933年(昭和8年)に、長年経営難に喘いでいた東洋汽船を立て直して配当を復活させた。1934年(昭和9年)万国労働会議に出席した帰途、ホワイトハウスのルーズベルト大統領を訪問した[6]鶴見製鉄造船(日本鋼管と合併、JFEジャパンマリンユナイテッド)・東洋汽船社長[5][7]、東洋フィルム(大正活映)社長[8]東京商工会議所常議員、日本鋼管(JFE)・南武鉄道(JR南武線)・浅野雨龍炭鉱の社長[9]を歴任した。浅野総合中学校 (浅野中学校・高等学校) の理事を務めた[10]

1935年(昭和10年)、フォード自動車が工場建設のために、浅野財閥の鶴見埋立地11万坪を買収しようとした。陸軍はこれを察知すると、浅野良三を呼び出して売買中止を勧告し、商工省も土地売買に反対した。その時たまたま陸軍大臣が満州に赴いたので、帰国までは契約しないように、陸軍大臣と商工大臣が正式な通達を出した。ところが、陸軍大臣が帰国すると、浅野良三は陸軍や商工省の勧告に逆らって無断で土地を売却した[11]

終戦時の東久邇宮内閣では、大蔵大臣のアドバイザーを務めた[12]。戦後の財閥解体後は、1952年(昭和27年)から1964年(昭和39年)にかけて萱場工業(KYB)の社長を務め、その後数ヶ月間会長を務めた[13]。会長職についたまま死去[14]

文化活動編集

日米協会終身会員で、東京ハーバードクラブのプレジデントを務めた[15]。趣味はゴルフで、日本ゴルフ協会の実行委員として、関東ゴルフ連盟設立に関わった[16]。また横浜市の程ヶ谷カントリー倶楽部設立に関わった[17]

アメリカンフットボール関東連盟会長も務め、関西学院大学アメリカンフットボール部設立に際して、「大枚2千円」を寄付した[18]

栄典編集

昭和40年 (1965年) 2月2日 - 勲二等瑞宝章[19]

家族編集

良一 大正6年3月生まれ 東大機械科卒 三菱重工横浜船渠と日本鋼管浅野船渠に勤務。[20][21]

開作 大正15年4月生まれ 東北大学卒 萱場工業取締役。[22][23]

歌子 荒木貞夫の長男、荒木貞発に嫁す。[24]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus コトバンク”. 2019年7月10日閲覧。
  2. ^ The Asano Industrial Combine of Japan and its Officers - 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. p. 39. 2019年7月20日閲覧。
  3. ^ 中外産業調査会『中堅財閥の新研究 関東編』中外産業調査会、1937年、212-214頁。
  4. ^ 帝国興信所『財閥研究 第一輯』帝国興信所、1929年、335-336頁。
  5. ^ a b 西野入, 愛一 (1937). 浅野・渋沢・大川・古川コンツェルン読本. 春秋社. pp. 59-60. http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1281124. 
  6. ^ 中堅財閥の新研究. 関東篇 - 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. pp. 212-214. 2019年7月10日閲覧。
  7. ^ 中堅財閥の新研究. 関東篇 - 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. p. 190. 2019年7月10日閲覧。
  8. ^ 浅野総一郎、良三父子とブロツキー”. tokyocinema.net. 岡田正子. 2019年7月10日閲覧。
  9. ^ 人事興信録. 第14版 上 - 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2019年7月10日閲覧。
  10. ^ 齋藤 憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋経済新報社、1998, 11, 6、206-207頁。ISBN 4-492-06106-1
  11. ^ 東亜建設工業『東京湾埋立物語』東亜建設工業、1989 3 4、149-155頁。
  12. ^ The Asano Industrial Combine of Japan and its Officers - 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. p. 39. 2019年7月10日閲覧。
  13. ^ KYB 80年史”. KYB. pp. 98, 101. 2019年7月10日閲覧。
  14. ^ 浅野総一郎、良三父子とブロツキー 岡田正子
  15. ^ The Asano Industrial Combine of Japan and its Officers - 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. p. 39. 2019年7月10日閲覧。
  16. ^ 日本ゴルフ100年顕彰”. www.jga.or.jp. 2019年7月10日閲覧。
  17. ^ 【程ヶ谷カントリー倶楽部】米国からプロを招聘し設計。日本初の本格的18ホールとして誕生 - ゴルフへ行こうWEB by ゴルフダイジェスト” (日本語). golfdigest-play.jp. 2019年7月10日閲覧。
  18. ^ 2.鎧球倶楽部誕生と戦後の復活(昭和16年-23年) | 関西学院大学体育会アメリカンフットボール部FIGHTERS”. www.kgfighters.com. 2019年7月10日閲覧。
  19. ^ 浅野総一郎、良三父子とブロツキー 岡田正子
  20. ^ 人事興信録. 第14版 上 - 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2019年7月20日閲覧。
  21. ^ 人事興信録. 第15版 上 - 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2019年7月20日閲覧。
  22. ^ 人事興信録. 第15版 上 - 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2019年7月20日閲覧。
  23. ^ 『浅野総一郎 ー旧浅野財閥家ー』” (日本語). 近代名士家系大観. 2019年7月20日閲覧。
  24. ^ 人事興信録. 第14版 上 - 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2019年7月20日閲覧。