メインメニューを開く

浅間山(せんげんやま)は、東京都府中市にある標高79.6mの陸軍の火薬庫として利用されていたが、戦後に払い下げられ1970年6月1日浅間山公園として開園、山全体が都立浅間山公園となっている。

浅間山
浅間山
南から眺めた浅間山
標高 79.7 m
所在地 日本の旗 日本 東京都府中市
位置 北緯35度40分52秒 東経139度30分9秒 / 北緯35.68111度 東経139.50250度 / 35.68111; 139.50250座標: 北緯35度40分52秒 東経139度30分9秒 / 北緯35.68111度 東経139.50250度 / 35.68111; 139.50250
種類 残丘
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

人見街道沿いにあり、歴史の書や絵に記されている。この周辺の地はかつて人見村であり、「人見山」とも呼ばれた[1]

目次

概要編集

台地河川によって削られて丘として残ったもので、府中市唯一の山である。堂山(79.6m)、前山、中山の3つの山により構成されている。周辺との比高は約30m。 「人見四郎墓跡」が前山尾根にある。

太平洋戦争中はこの地には陸軍燃料廠があり、浅間山の麓の窪地などには燃料貯蔵タンクが設置されていた。また、陸軍の調布飛行場戦闘機を隠蔽する場所としても利用された。

地質は多摩丘陵と同じく三浦層群からなり、その上に御殿峠礫層、関東ローム層も見られ、武蔵野台地成立前に遡る古い多摩川が削って残した残丘(浸食丘)と考えられる[2][3]。これは稲城南山とは異なっている。[4][5]

コナラ、クヌギ、イヌシデなど、武蔵野の面影を残す雑目林である。 また、日本で唯一の「ムサシノキスゲ」の自生地で、5月下旬に見頃を迎える。他、キンラン、ギンラン、ヤマユリなどの山野草が見られる。

浅間神社編集

山頂には円形の古墳がありその上に浅間神社(人見浅間神社)のほこらがある。堂山の頂上に鎮座する。祭神木花開耶姫命。祭日は、四月一日。神社誌によると「祭神木花佐久夜比命・由緒鎮座の起源年月未詳 社殿間口二尺奥行二尺但し『石ノ宮』境内百坪 立木十五本 信徒五十九人」となっている。ご神体は十一面観音立像。

(人見村)浅間社

小社、堂山の丘上にあり。例祭六月朔日。神体は佛体にして立身の銅佛を安ず。長一尺五寸、もと村内中山の清泉中より出現せりと云。旱魃の時には土人此像を、かの清泉の所に遷して奉祭すれば、必ず感応ありといふ。

— 新編武蔵風土記稿

ギャラリー編集

アクセス編集

所在地
東京都府中市浅間町四丁目と若松町五丁目にまたがる一帯。
アクセス
JR中央線武蔵小金井駅あるいは京王線東府中駅より京王バスにて「浅間山公園」下車。
上記東府中駅より徒歩約18分。
北西角道路沿いに駐輪場駐車場は無い。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『武蔵名勝図会』「人見山 村の西寄りにあり。三ヶ所屹立し、堂山、中山、浅間山と唱う。その内にて浅間山を第一とす。そのニは堂山、その三は中山なり。」
  2. ^ キラリ府中 『多摩の台地が河川に削られ小高い丘として残ったもの』
  3. ^ 府中市 「浅間山の地形 立川段丘面地域で特異な地形は、地域の東部にある浅間山である~(略)~浅間山の地質は多摩丘陵を構成する三浦層群から成るもので、周囲の段丘の地質とは全く異なっている。すなわち武蔵野段丘 や立川段丘の形成される以前に、すでに、古多摩川やその他の河川によってその周辺がけずり取られ、孤立丘となって残った侵食残丘である。従って、地形的には多摩丘陵の一部で、多摩段丘に属していると考えられる。」
  4. ^ (株)クボタ 多摩丘陵
  5. ^ 稲城南山とその周辺 多摩丘陵編

関連項目編集

外部リンク編集