メインメニューを開く

浅間 敬太(あさま けいた、1984年8月19日 - )は、千葉県千葉市出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。

浅間 敬太
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県千葉市若葉区
生年月日 (1984-08-19) 1984年8月19日(35歳)
身長
体重
177 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 ドラフト3巡目
初出場 2003年7月19日
最終出場 2003年7月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

小学校時代は愛知県名古屋市で過ごす。千葉市立みつわ台中学校を卒業後、敬愛学園高等学校に入学[1]

2002年 地元であり、ファンでもあった千葉ロッテマリーンズに3巡目で指名を受け[1]、相思相愛の形で入団。

プロ入り後編集

2003年7月19日にプロ初登板[1]。一軍公式戦初先発となった7月23日の対近鉄戦では1、2番連続四球の後、3番・タフィ・ローズに被弾するなど、結局23球・1/3投球回を投げ2被安打3与四死球3失点とほろ苦デビューとなった(チームは打線の粘りによって引き分けた)[1]。結果的にはこの試合が1軍戦最後の登板となった[1]。なお、高卒ルーキーが一軍先発マウンドに上がるのはチームでは榎康弘以来12年ぶりだった。シーズン終了後に、新加入のベニー・アグバヤニがメジャー時代から馴染みのある背番号50を希望したため、13に変更[1]

2004年はオープン戦開幕投手を務める[1]2005年はイースタンではチームで唯一規定投球回に到達したものの、一軍登板機会が無く[1]2006年は左ひじの故障もあり[1]一軍どころか二軍でも登板できなかった。2007年に怪我から復帰したが、二軍でも打たれる場面が多く、制球も定まらず、この年も一軍登板はなかった。

2008年開幕前に左手中指を骨折し[1]、復帰するも二軍でも防御率は27.00と振るわず、10月1日戦力外通告を受けた。なお、自身のブログで12球団合同トライアウトを受験せず、会社員として働く意向を明らかにし、現役引退となった。故障に悩まされたことと年々調子が下降線を辿っていたことから戦力外通告を受けた時は安堵し、トライアウトを受ける気にはなれなかったという[2]

引退後編集

2009年からは、ソニー生命保険に勤務している[2]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2003 ロッテ 2 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 7 1.0 2 1 3 0 0 0 0 0 3 3 27.00 5.00
通算:1年 2 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 7 1.0 2 1 3 0 0 0 0 0 3 3 27.00 5.00

記録編集

背番号編集

  • 50 (2003年)
  • 13 (2004年 - 2008年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 週刊ベースボール2012年1月2日号 P106
  2. ^ a b 週刊ベースボール2012年1月2日号 P107

関連項目編集

外部リンク編集