メインメニューを開く

浅間町 (東京都府中市)

東京都府中市の町名
日本 > 東京都 > 府中市 > 浅間町

浅間町(せんげんちょう)は、東京都府中市の地名。現行行政地名は浅間町一丁目から浅間町四丁目。郵便番号は183-0001(武蔵府中郵便局管区)。

浅間町
府中の森公園
府中の森公園
浅間町の位置(多摩地域内)
浅間町
浅間町
浅間町の位置
北緯35度40分42.77秒 東経139度29分36.42秒 / 北緯35.6785472度 東経139.4934500度 / 35.6785472; 139.4934500
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
市町村 Flag of Fuchu, Tokyo.svg 府中市
人口
2018年(平成30年)1月1日現在)[1]
 • 合計 6,667人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
183-0001[2]
市外局番 042 (国分寺MA)[3]
ナンバープレート 多摩
※座標は府中の森公園付近
東府中交差点付近から自衛隊基地方面
府中の森

地理編集

府中市北東部に位置する。東から時計回りに多磨町若松町緑町府中町天神町新町及び小金井市前原町に隣接する。住宅街の中に航空自衛隊府中基地が存在している。

町名である「浅間」を冠とした、浅間山浅間神社が存在する。この浅間山を中心として、広大な敷地を有する公園が数多く存在する。の見所、またムサシノキスゲの見所となっている。町内に存在する浅間山は、府中市内において国分寺崖線上の武蔵台に次ぎ二番目に標高が高い。

地価編集

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、浅間町4丁目11番29の地点で23万7000円/m2となっている。[4]

歴史編集

1889年(明治22年) の町村制施行から府中市発足までは北多摩郡多磨村に属していた地域である。1954年(昭和29年)4月1日に府中市成立により府中市の一部となり、1962年(昭和37年)に府中市大字人見・常久・是政・府中の各一部から成立した[5]

地名の由来編集

古くは多摩川が流れており、浅間山はその中州であった。南北朝時代においては「人見原の合戦」舞台となった。

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
浅間町一丁目 252世帯 436人
浅間町二丁目 562世帯 1,109人
浅間町三丁目 1,137世帯 3,030人
浅間町四丁目 935世帯 2,092人
2,886世帯 6,667人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6][7]

丁目 番地 小学校 中学校
浅間町一丁目 7〜14番地 府中市立府中第六小学校 府中市立府中第五中学校
その他 府中市立若松小学校 府中市立浅間中学校
浅間町二丁目 全域 府中市立府中第六小学校 府中市立府中第五中学校
浅間町三丁目 全域
浅間町四丁目 29番地 府中市立若松小学校 府中市立浅間中学校
その他 府中市立府中第六小学校 府中市立府中第五中学校

交通編集

道路編集

施設編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 府中市の最新人口”. 府中市 (2018年1月13日). 2018年1月18日閲覧。
  2. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月18日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 角川日本地名大辞典JLogos版
  6. ^ 住所別学区域一覧(小学校)”. 府中市 (2017年1月23日). 2018年1月18日閲覧。
  7. ^ 住所別学区域一覧(中学校)”. 府中市 (2014年2月28日). 2018年1月18日閲覧。

参考文献編集