メインメニューを開く

浜中 順子(はまなか じゅんこ、1969年2月20日 - )は、福島テレビ(FTV)のアナウンサー報道局アナウンス担当局長)。

はまなか じゅんこ
浜中 順子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 京都府京都市
生年月日 (1969-02-20) 1969年2月20日(50歳)
血液型 B型
最終学歴 青山学院大学卒業
勤務局 福島テレビ
部署 報道制作局
活動期間 1992年 -
ジャンル 報道番組情報番組
配偶者 あり
公式サイト 福島テレビ 浜中順子
担当番組・活動
出演中サタふく
出演経歴FTVみんなのニュース
Lばんスーパーニュース
テレポート525
その他 FTV地上デジタル放送推進大使

略歴編集

京都府京都市出身。小学生の頃からの夢だったアナウンサーを目指し[1]、高校卒業後に東京へ移住[2]青山学院大学に通う。50局の放送局を渡り歩いた末[要出典]、福島テレビ(FTV)に採用され、1992年に入社[2]

アナウンサーとしての同期は宮下和宏、北上明子、黒木美和だが、今はいずれもFTVを退職。入社以来長らく、情報番組の司会を務めてきた。

2000年代に入り、高橋雄一原國雄といったアナウンサーが相次いで定年を迎えたことに加え、同僚だった金井淳郎がフリーに転身したことも重なり、FTVアナウンサーの中枢を担う人材として育成する方向に転換。2004年、報道部兼属となり記者としてキャスター修行。翌年の2005年から2年間『Lばんスーパーニュース』メインキャスターを務めた。2011年7月1日より報道部アナウンス担当部長、2017年7月より現職。

2010年地上デジタル放送推進大使となる。

人物編集

  • 花粉症であり、担当していた番組(『Lばんスーパーニュース』)ではその経験を生かして、スギ花粉の飛散時期が近づくと率先してスギ花粉に関する取材などを行っていた。
  • ほぼ日刊イトイ新聞』のスタッフの1人・菅野綾子[3]は高校時代の同級生で、家族ぐるみの付き合いだった[4]

担当番組編集

現在編集

過去編集

脚注・出典編集

  1. ^ 浜中順子さんの「伝える力~声と言葉と朗読教室~」”. 大熊町立大熊中学校“花は、咲く”. seesaa (2015年5月28日). 2016年4月19日閲覧。
  2. ^ a b ふくしま人 - 福島テレビアナウンサー・浜中順子さん”. 東日本電信電話福島支店. 2016年4月19日閲覧。
  3. ^ 菅野綾子 (@arkochan) - Twitter
  4. ^ 菅野綾子 (2012年2月24日). “20年ぶりの”. ほぼ日刊イトイ新聞. 2016年4月19日閲覧。

外部リンク編集