メインメニューを開く

浜口 巌根(はまぐち いわね 1899年9月21日 - 1976年11月8日)は、元日本長期信用銀行頭取東京府出身。勲二等旭日重光章。妻は水町袈裟六の娘。長女・郁子は楢崎泰昌(参議院議員、北海道開発事務次官、大蔵官僚)に、次女・英子は古沢潤一日本輸出入銀行総裁、日本銀行理事)の次男に嫁いだ。

概要編集

濱口雄幸の二男。東京府立四中五高、1924年3月 東京帝国大学法学部卒業後、1926年5月 日本勧業銀行に入行。

1945年2月 人事部長、1947年7月 理事、1950年5月から1952年7月まで副頭取を歴任したが、日本勧業銀行の権力闘争に敗れ[1]、1952年12月の日本長期信用銀行創立に伴い、池田勇人大蔵大臣に抜擢され[1]、同行副頭取に就任した[1]。父・濱口雄幸が池田が大蔵省入省の際の大蔵大臣という関係から、以来、濱口巌根は池田と昵懇であった[1]。濱口とともに長銀へ移ったのが杉浦敏介である[1]。1957年11月、長銀2代目頭取に就任[1]。1966年5月まで頭取を勤め、1969年2月まで取締役会長に就いていた。その後、相談役に退き、1973年2月まで日本銀行政策委員会政策委員の要職も歴任した。兄の濱口雄彦が1976年に逝去した1ヶ月後に亡くなった。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 佐高信 『経済戦犯 日本をダメにした9人の罪状徳間書店、2001年、21-25頁。ISBN 4-19-861385-0


先代:
原邦道
日本長期信用銀行頭取
1957年 - 1966年
次代:
宮崎一雄