メインメニューを開く

浜吉田駅

日本の宮城県亘理郡亘理町にある東日本旅客鉄道の駅

浜吉田駅(はまよしだえき)は、宮城県亘理郡亘理町吉田字流(ながれ)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)常磐線である[1]

浜吉田駅*
JR Hamayoshida sta 001.jpg
駅舎(2015年5月)
はまよしだ
Hamayoshida
山下 (4.2km)
(5.0km) 亘理
所在地 宮城県亘理郡亘理町吉田字流146[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 常磐線
キロ程 329.6km(日暮里起点)
電報略号 ハヨ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
504人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1897年明治30年)11月10日[1]
備考 業務委託駅
* 1915年に吉田駅から改称[1]
テンプレートを表示
改札口

概要編集

当駅は亘理町の南部に位置する。

当駅における運行形態編集

  • 上り(山下相馬原ノ町浪江方面)
    • 日中は概ね1時間に1-2本の普通列車(原ノ町行)が停車する。一部列車は隣駅の山下行、新地行と原ノ町以南の浪江行も設定されている[2]
  • 下り(亘理岩沼名取仙台方面)
    • 日中は上り同様、概ね1時間に1-2本の普通列車(仙台行)が停車する。朝の一部列車は仙台以北の利府にも乗り入れる[2]

歴史編集

 
2007年当時の駅舎

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する地上駅[1]。中線があるが現在は保守用として使用されている。駅舎と2番線ホームとの間は跨線橋で連絡している。

開業当時からの木造駅舎が残り、駅事務室内には「開業 明治三十年十一月十日」の銘板が掛けられている。

岩沼駅管理の業務委託駅JR東日本東北総合サービス委託、早朝夜間駅員不在)。出札窓口(POS端末設置・指定券取扱い)・自動券売機・簡易Suica改札機設置。なお、窓口は朝晩は営業していない。

2012年4月12日から2016年12月9日まで亘理駅 - 相馬駅間で運行されていた代行バスは、当初は浜吉田駅前に停留場を置いていたが、2013年3月16日から停留場が駅から西方に約1.5km離れた吉田字中原の国道6号上に変更された[9]。この変更にともない、仙台方面発の列車から相馬方面行への代行バスへ乗り継ぐ際には、亘理駅で下車するよう案内されていた。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 常磐線 下り 岩沼仙台方面[10]
2 上り 原ノ町方面[10]

利用状況編集

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は504人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均乗車人員 出典
2000年(平成12年) 1,034 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 985 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 945 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 915 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 911 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 884 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 848 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 810 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 769 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 744 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 717 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 営業休止(バス代行)  
2012年(平成24年) 173 [利用客数 13]
2013年(平成25年) 625 [利用客数 14]
2014年(平成26年) 685 [利用客数 15]
2015年(平成27年) 746 [利用客数 16]
2016年(平成28年) 698 [利用客数 17]
2017年(平成29年) 516 [利用客数 18]
2018年(平成30年) 504 [利用客数 1]

駅周辺編集

  • 浜吉田郵便局
  • 亘理町役場吉田支所
  • JAみやぎ亘理吉田支所
  • ヤマザキYショップ浜吉田駅前店

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
常磐線
山下駅 - 浜吉田駅 - 亘理駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

  1. ^ a b c d e f g 『週刊 JR全駅・全車両基地』50号 郡山駅・会津若松駅・三春駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年8月4日、22頁。
  2. ^ a b 浜吉田駅時刻表”. 駅探. 2019年9月21日閲覧。
  3. ^ 大蔵省印刷局、『官報 1915年05月10日(第八百二十九號)鐵道院告示第四十號 』、1915年、215頁
  4. ^ 常磐線の復旧について”. 東日本旅客鉄道仙台支社 (2012年3月5日). 2012年3月11日閲覧。
  5. ^ “JR常磐線 浜吉田-亘理、来春再開「津波避難対策にめど」”. 河北新報. (2012年7月27日). オリジナルの2012年8月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120819200036/http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1062/20120727_06.htm 2012年9月29日閲覧。 
  6. ^ “被災したJR常磐線亘理―浜吉田間、2年ぶり運転再開”. 朝日新聞. (2013年3月16日). http://www.asahi.com/national/update/0316/TKY201303160051.html 
  7. ^ 常磐線相馬~浜吉田間の運転再開日の決定について (PDF)”. 東日本旅客鉄道仙台支社 (2016年7月28日). 2016年7月28日閲覧。
  8. ^ 常磐線相馬~浜吉田駅間運転再開に伴う営業キロの変更及び運賃の適用等について (PDF)”. 東日本旅客鉄道仙台支社 (2016年10月12日). 2016年10月12日閲覧。
  9. ^ JR東日本仙台支社 2013年3月16日以降の常磐線代行バス停留場 (PDF)
  10. ^ a b 時刻表 浜吉田駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月8日閲覧。

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月12日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集