メインメニューを開く

浜村 弘一(はまむら ひろかず、1961年2月8日 - )は日本の実業家、編集者。一般社団法人日本eスポーツ連合副会長、N高等学校評議員、GameWith社外取締役。ペンネーム浜村通信

コンピュータゲーム雑誌『週刊ファミ通』編集長、株式会社エンターブレイン代表取締役社長、株式会社メディアリーヴス代表取締役社長、株式会社角川コンテンツゲート(現・株式会社ブックウォーカー)代表取締役社長、株式会社KADOKAWA(現・株式会社KADOKAWA Future Publishing)常務取締役、カドカワ株式会社(現・株式会社KADOKAWA)取締役[1]、株式会社Gzブレイン代表取締役社長[2]を歴任した。

人物編集

大阪府出身。大阪府立富田林高等学校から早稲田大学第一文学部に進学。早大在学中にソフマップと角川メディアオフィス「コンプティーク」でアルバイトを経験[3][4]1985年に早稲田大学を卒業後、アスキー入社し、『LOGiN』の編集を兼ねながら、『ファミコン通信』(のちの『週刊ファミ通』)に創刊から携わる。1990年に副編集長、1992年に編集長へ就任。2002年、『ファミ通』編集長を加藤克明(バカタール加藤)に代わるも、巻末にコラム『浜村通信』を連載する(2009年2月に終了)など、現在も同誌に強い影響力を持っている。また、一般のマスコミが経済記事等でゲーム業界を取り上げる際に、コメンテーターとして登場することも多い。

浜村の業界予測は希望的観測が多く、外れることも多いが、『電撃PlayStation』の元編集長である倉西誠一によれば、Xboxが日本市場で大ヒットするとの予測を外したことについて尋ねた際に「僕はね、ゲーム業界にとって最高のシナリオしか書かないんだ」と答えたという[5]

阪神タイガースの大ファンである。また鈴木みそあんたっちゃぶる』『おとなのしくみ』、柴田亜美ドッキンばぐばぐアニマル(ドキばぐ)』、近藤るるる天からトルテ!』、みずしな孝之いい電子』など、『週刊ファミ通』連載の漫画の多くに本人として登場している。

各社とのコラボ企画によりジャンルを問わず様々なゲームでゲストキャラとして登場することも多い。『モンスターハンター フロンティア オンライン』(カプコン)では2008年に浜村の息子(当時中学生で絵は素人)がメモ用紙に鉛筆で描いたデザインを元に作成した武器をゲーム内で使用できるイベント「浜村双剣物語」が行われた[6]

講演編集

  • アジアオンラインゲームカンファレンス2005
2005年3月1日、工学院大学にて、「オンラインゲーム産業の現状と展望」について基調講演した。
  • CEDEC2005
2005年8月29日、明治学院大学白金キャンパスにてゲーム開発者カンファレンスが開幕。セッション「2007年に最大化するゲーム市場 ~次世代ゲーム機の登場と今後のトレンドについて~」に登壇した。
  • Digital Interactive Entertainment Conference 2005「インタラクティブ・エンタテインメントにおける歴史と展望」
2005年12月2日、立命館大学にてテレビゲームに関する国際シンポジウムが開催される。「ゲームデザイン・テクノロジーの今と未来」について登壇する。

著書編集

『週刊ファミ通』に連載しているコラムをまとめた単行本。
豊富なデータ資料とともに読み解くゲーム業界の現在と未来の展望をまとめた単行本。
  • 『ゲームばっかりしてなさい。-12歳の息子を育ててくれたゲームたち-』(エンターブレイン、2007年) ISBN 978-4-7577-3804-1
父としての浜村自身と息子とのゲームの会話をメインとして、その時々のゲーム周辺シーンも書かれている単行本。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集