浜松エフエム放送

Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:本社・送信所・スタジオ外観の画像提供をお願いします。2016年4月
浜松エフエム放送
愛称 FM Haro!
コールサイン JOZZ6AB-FM
周波数/送信出力 76.1 MHz/20 W
本社・所在地
〒430-0933
静岡県浜松市中区
鍛冶町100-1
ザザシティ浜松中央館4階
設立日 1994年3月1日
開局日 1994年5月15日
演奏所 本社スタジオ
UP-ONスタジオ
磐田サテライトスタジオ
磐田市は本来は放送対象地域外)
送信所 浜松市中区板屋町
アクトタワー[1]
北緯34度42分20秒 東経137度44分14秒 / 北緯34.705635度 東経137.737223度 / 34.705635; 137.737223 (浜松エフエム放送 送信所)
中継局 なし
(送信所をアクトタワーに設置しているため、非常に広範囲をカバーしている)
放送区域

可聴人口:約1,200,000人
可聴世帯:約400,000世帯

ネット配信 JCBAインターネットサイマルラジオ
TuneIn Radio
公式サイト http://www.fmharo.co.jp/
浜松エフエム放送 株式会社
Hamamatsu FM Broadcasting co.,ltd.
種類 株式会社
略称 FM Haro!
本社所在地 日本の旗 日本
430-0933
静岡県浜松市中区鍛冶町100-1
ザザシティ浜松 中央館4階
設立 1994年3月1日
業種 情報・通信業
法人番号 6080401004009
事業内容 コミュニティFM放送事業
代表者 代表取締役社長 鈴木 清
資本金 1億3210万円
外部リンク http://www.fmharo.co.jp/
テンプレートを表示

浜松エフエム放送(はままつエフエムほうそう、愛称: FM Haro!) とは静岡県浜松市中区を中心に放送するコミュニティ放送放送局である。コールサインはJOZZ6AB-FM。最大実効輻射電力は30W。東海地方では2番目の開局である。

目次

沿革編集

  • 1994年3月1日 - 浜松シティエフエム放送株式会社設立。出資者は浜松市静岡新聞社中日新聞社ヤマハなどの地元自治体及び企業で、第三セクターによる運営形態を採用。
  • 1994年3月15日 - 周波数76.1MHz出力1Wで本社スタジオより放送を開始。愛称は「FM Haro!」。
  • 1995年 -社名を浜松エフエム放送株式会社に変更 阪神・淡路大震災に伴う規制緩和を受け、出力を10wへ増強。
  • 1999年 - 出力を20wへ増強。可聴エリアを拡大。
  • 1999年 - 「FM Haro! with J-WAVE」を開始。J-WAVEミュージックバードクロスネット局となる。
  • 2000年8月5日 - エフエム豊橋と合同公開生放送「ハロー!やしの実!!レイクサイドウェーブinパルパル」を放送。
  • 2001年 - 「EVENING PASSAGE」を「Sunset Web」に改編。
  • 2002年 - 「Sunset Web」が「Evening Web」に改編。
  • 2002年7月24日 - 三遠南信のコミュニティ放送局との三局合同公開生放送「もっと!三遠南信情報局スペシャル」を放送。
  • 2003年3月21日 - 「もっと!三遠南信情報局スペシャル ~春の浜松満喫ガイド~」を浜松駅構内の浜松観光インフォメーションセンターから放送。
  • 2003年 - 「MORNING GROW」が「Morning Splash」、「My Pure Life」が「Boogie Woogie Master」に、新たに「すずきしずかの金曜ラジオ」が登場。
  • 2003年10月26日 - 「もっと!三遠南信情報局スペシャル in 三遠南信フラワーフェスタ」を豊橋総合動植物公園から放送。
  • 2004年 - 「Precious Moments」など自社製作枠が拡大。送信所をビオラ田町からアクトタワーに移転。「UP-ONスタジオ」を開設。
  • 2005年7月 - 「艶州歌謡城下町」が登場。インターネットショッピングサイト「FM Haro!どっとコム」が開設。
  • 2005年10月 - 「疾れ!クルマ小僧」と「わくわくドキドキ!磐田ドリームラジオ」が登場。
  • 2005年10月28日 - 「もっと!三遠南信情報局」内にて「夢つながる、三遠南信自動車道」を放送。
  • 2005年11月4日 - 「もっと!三遠南信情報局スペシャル in 浜松」を遠州鉄道新浜松駅の「UP-ONスタジオ」から公開生放送。
  • 2006年4月1日 - 番組大幅改編。「Evening Web」「Boogie Woogie Master」「ラジオ・フォーラム浜松」が終了。「Radio vi-e-da」「POCA BOCA VILLAGE」「FRIDAY BOW WOW」「ハママツ・トーキング・ラジオ」「反畑誠一の音楽ミュージアム」が登場。
  • 2006年4月1日 - 公式サイトがリニューアルされる。
  • 2006年8月1日 - ミュージックバード番組移動に伴う一部改編。J-WAVEのSmooth AirWEEKEND MAGICの配信が終了、代りにミュージックバードの「Lynxのちょこっとクラシック」と「おはようサタデー」「リンボウ先生の歌の翼に」が初登場。
  • 2006年12月 - 前年比で増収・増益達成。
  • 2007年1月1日 - 番組大幅改編。
月・火・水・木曜は自社制作番組全てを4人の同じパーソナリティのみが務める。
「POCA BOCA VILLAGE」が「Heart of Life」、「Precious Moments」が終了しJ-WAVE「RENDEZ-VOUS」、「Radio vi-e-da」が「Evening Line」、「SOUND EVOLUTION」が「FMHaro! MUSIC COUNTDOWN」に移行・放送時間変更。
平日19:00-20:00ミュージックバード、日曜13:00-17:00がJ-WAVE「TOKIO HOT 100」、日曜22:00-24:00がミュージックバードからJ-WAVE。

特色編集

主な特徴編集

  1. ^ 以前はビオラ田町より送信していた。
  2. ^ なお、磐田市は本来放送対象地域から外れている

編成など編集

  • 自社制作生放送は平日の11:30~14:00、16:30~20:00。その他の時間の多くはJ-WAVE配給の番組が放送されるが、一部ミュージックバードの番組も放送。またJCBAインターネットサイマルラジオの利用の場合、FM電波でJ-WAVEの番組を放送している時間帯はミュージックバードの番組に差し替えられる(これを考慮して、公式サイトのタイムテーブルでは「サイマルラジオ用」の番組表も紹介されている。)。
  • 原則24時間放送となるが、日曜日はメンテナンスのため25:00をもって放送を終了する(サイマルラジオでは27:00まで延長し、27:00で放送を終了)。
  • コマーシャルは1時間番組あたり約5、6分で、コーナー間に挿入されることが多い。J-WAVEやミュージックバードなどの配給番組の放送時間帯にも1時間あたり約1、2分挿入される。
  • 交通情報は静岡県警提供のものが流される。

近隣局との協力関係編集

パーソナリティ編集

2012年4月現在

  • 原田靖子
  • 山梨仁美
  • 青野友彦
  • 花蔵菜穂子
  • 赤堀みさえ
  • 野相悠
  • 大堀阿沙美
  • 小川綾乃
  • 北島直子
  • バグース長谷川
  • いとうたかお
  • 宮田リカルト

実況:鈴木晴也 解説:大石恭正望月文夫長澤和明吉田光範

かつて番組を担当したパーソナリティ

  • 小楠浩丈
  • 赤堀えみ子
  • 大野由美子
  • 浦田あけ美
  • 中村浩美
  • 花蔵菜穂子
  • 竹内恵子
  • 飯田美乃利
  • 内藤陽子
  • 村松由美
  • MOMO
  • 高橋あや
  • 吉野真弥
  • 星野一義
  • 高田しょう子
  • 長谷川玲子
  • 寺田繭子
  • 中野泉
  • 鈴木静華
  • 大庭奈々
  • 上嶋潤
  • 木内琴子(元静岡エフエム放送アナウンサー)

主要株主編集

脚注編集

[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集