メインメニューを開く
Hamanami.jpg
艦歴
計画 1942年度(マル急計画
起工 1942年4月28日
進水 1943年4月18日
就役 1943年10月15日竣工
沈没 1944年11月11日[1]
除籍 1945年1月10日
性能諸元
排水量 基準:2,077t
公試:2,520t
全長 119.3m
全幅 10.8m
吃水 3.76m
主缶 ロ号艦本式缶3基
主機 艦本式タービン2基2軸 52,000hp
最大速力 35.0kt
航続距離 18ktで5,000浬
燃料 重油:600トン
乗員 225名/247名[2]
武装(新造時) 50口径12.7cm連装砲 3基6門
25mm機銃 II×2
61cm4連装魚雷発射管 2基8門
(九三式魚雷16本)
爆雷×18乃至36

浜波(濱波、はまなみ)は[3]日本海軍駆逐艦[1]夕雲型駆逐艦の13番艦である。 日本海軍の法令上は旧字体濱波を使用し[3]戦闘詳報[4]戦史叢書でも「濱波」を使用するが、本記事では浜波とする[5]

目次

概要編集

一等駆逐艦「浜波」は日本海軍が舞鶴海軍工廠において1942年(昭和17年)4月28日から1943年(昭和18年)10月15日にかけて建造した夕雲型駆逐艦[5]。 竣工後、訓練部隊の第十一水雷戦隊に編入され[6]、内海西部で訓練に従事した。 12月15日附で第二水雷戦隊麾下の第32駆逐隊に編入され[注 1]、夕雲型4隻(浜波、玉波早波藤波)を揃えた[10][11]。 12月下旬より、駆逐艦浦風と共に波船団[注 2]を護衛する[13][14]

1944年(昭和19年)前半の第32駆逐隊は、分散して船団護衛任務に従事した[15][16]。 同期間中の2月25日、パラオ在泊中の浜波は臨時に第二水雷戦隊旗艦となった(同日、重巡鳥海に戻る)[4][17]

4月中旬、浜波を含め連合艦隊主力艦艇はリンガ泊地に集結、訓練に従事した[18]。 5月下旬までに、第32駆逐隊はタウイタウイ泊地に集結する[19][20][21]。 6月の「あ号作戦」(マリアナ沖海戦)に参加した[1]。 この海戦前後、アメリカの潜水艦により32駆僚艦(早波〈6月7日〉[22]、玉波〈7月7日〉[23])が撃沈される[24]。 第32駆逐隊は浜波と藤波に減少した[25]

10月下旬、32駆(浜波、藤波)は捷一号作戦にともなうレイテ沖海戦に第二艦隊司令長官栗田健男中将指揮下の第一遊撃部隊(通称栗田艦隊[26]に所属して参加、浜波は生還したが[5]、藤波は重巡洋艦鳥海生存者と共に撃沈された[27][28]。 また10月26日第二水雷戦隊旗艦の軽巡洋艦能代が空襲により沈没する[29][30]。浜波と秋霜は生存者を救助[31]、二水戦司令部(司令官早川幹夫少将)は浜波に移乗し[32]、本艦は臨時の第二水雷戦隊旗艦となった[29][33]

レイテ沖海戦直後、第二水雷戦隊はレイテ島地上戦にともなう多号作戦(マニラ~レイテ増援輸送作戦)に参加した[34]。11月11日、浜波は第三次多号作戦(部隊指揮官早川幹夫少将、旗艦「島風」)に従事中[34]オルモック湾で米軍機動部隊艦載機多数の空襲を受ける[5]。夕雲型長波[35]、島風型島風[36][37]、秋月型若月[38]、輸送船4隻、掃海艇1隻が沈没した[39][40]。浜波は航行不能となり、大島大佐(第32駆逐隊司令)および浜波乗組員を姉妹艦朝霜(第31駆逐隊)に収容したあと放棄された[41]。2018年(平成30年)1月、ポール・アレン率いる調査チームは、オルモック湾の海底で浜波を発見した[42]

艦歴編集

建造経緯編集

一等駆逐艦「浜波」(はまなみ)は1942年度(マル急計画)仮称第341号艦として[43]舞鶴海軍工廠で建造された[44]。舞鶴海軍工廠は本艦をふくめ夕雲型6隻(夕雲巻波早波、浜波、沖波早霜)の建造を担当した[45]1942年(昭和17年)4月28日、第341号艦(浜波)は起工された[44][46]。本艦は、秋月型駆逐艦初月や島風型駆逐艦島風等と共に建造された[44][47]

9月25日、第341号艦は特務艦2隻(洲埼風早)や潜水艦等と共に命名される[3]。同日附で各艦は艦艇類別等級表に登録される(浜波は夕雲型駆逐艦に類別)[48][49]

1943年(昭和18年)4月18日、浜波は進水した[47][50]。同日附で舞鶴鎮守府籍と定められた[51]。 4月24日には夕雲型駆逐艦巻波(第31駆逐隊)が舞鶴に到着、他艦(不知火初春)等と共に修理に入る[52]

9月17日、日本海軍は陽炎型駆逐艦「時津風」沈没時(ビスマルク海海戦)に駆逐艦長だった本倉正義中佐(海兵51期[53][54]を、浜波艤装員長に任命する[55]。 また初春型駆逐艦子日水雷長[56]や夕雲型駆逐艦長波竣工時水雷長[57]等を歴任した西村正直大尉を浜波艤装員に任命する[55]。 舞鶴海軍工廠の浜波艤装員事務所は事務を開始した[58]10月15日、「浜並」は竣工した[59][60]。 浜波艤装員事務所は撤去された[61]。 同日附で本倉中佐(浜波艤装員長)は浜波駆逐艦長となる[62]。主な初代幹部は、水雷長西村正直大尉(後日、重巡筑摩水雷長)[63]、航海長坂牧平一大尉、砲術長稲政博中尉[62]

船団護衛任務編集

1943年(昭和18年)10月15日の竣工と同時に、浜波は訓練部隊の第十一水雷戦隊(司令官木村進少将・海軍兵学校40期)に編入された[6][64]瀬戸内海に回航され、約二ヶ月間にわたり臨時編入艦と共に訓練を受けた[65][66][67]

12月15日、浜波は第二水雷戦隊(司令官早川幹夫少将・海兵44期)麾下の第32駆逐隊に編入される[68][69]。 当時の32駆司令は、白露型駆逐艦夕立初代艦長[70]や陽炎型駆逐艦時津風初代艦長[71]等を歴任した中原義一郎大佐であった(海軍兵学校48期[72][73]。 第32駆逐隊は前月のラバウル空襲で夕雲型駆逐艦10番艦の涼波[74]を喪失して3隻編制となっており(昭和19年1月5日、涼波除籍)[9][75]、本艦の編入により定数4隻(玉波、早波、藤波、浜波)となった[10][8]

浜波の最初の外洋遠距離航海は、波船団の護衛だった[13][76]。 日本陸軍第52師団(10月20日に中部太平洋方面派遣命令、11月15日編成完結)[77]を、中部太平洋方面の各島に輸送する作戦である[14][78]。 複数運航される船団のうち、第17駆逐隊司令谷井保大佐(司令駆逐艦「浦風」)指揮下のトラック行き船団を波船団と称した[14][79]。波船団の船団区分は、甲梯団(護衛艦〈浦風、浜波〉、輸送船〈妙義丸[78][80]、日昌丸[80]、松江丸、御影丸〉)、乙梯団(護衛艦〈朝雲、波勝〉、輸送船〈第三吉田丸、夕映丸、長野丸〉)であった[14][81]。 12月24日、浜波は呉港から宇品に移動して陸兵45名を受け入れる[82]。 同日、宇品から佐伯港に移動する[76][82]。 12月25日、波船団の第一梯団は佐伯を出撃した[12][83]

1944年(昭和19年)1月4日[16][84]、波船団(甲梯団)はトラック諸島に到着した[80](乙梯団は7日[85]トラック着)[12][86]。 陸兵45名は浜波から退艦した[87]

1月7日、浜波は輸送船松江丸(日本郵船、7,061トン)[88]を護衛して、トラック泊地を出発した[86][89]。 9日、5072船団[90]ポンペイ島(ポナペ島)に到着した[12][78]。南洋第三支隊は同島に上陸した[81]。 浜波は直ちに反転し[91]、10日トラック泊地に帰投した[86][92]。 数日間、トラック泊地で待機する[16][93]。 1月12日、早川幹夫第二水雷戦隊司令官は、二水戦の駆逐艦時雨と浜波を視察した[94]

1月17日、二水戦の浜波と島風パラオ方面派遣駆逐艦に指定される[95][86]第二海上護衛隊の指揮下に入り、引続き船団護衛任務に従事した[86][96]。 20日、浜波と第30号駆潜艇は「第七二〇二船団」(第三小倉丸、第二共栄丸)[97][98]を護衛してトラック泊地を出発する[99][100]。 1月26日、7202船団はパラオに到着した[98][101]

1月30日、第二海上護衛隊の命令を受けた浜波と駆潜艇30号は[102]、佐多船団護衛のためパラオを出港した[103][104]。 31日にメレヨン島で仮泊したあと[105]、翌日出発した[106]。 2月2日、洋上で佐多船団と合流する[106][107]。特設駆潜艇1隻が途中で離脱したあと[108]、佐多船団は2月7日トラック泊地に到着した[104][109]

2月12日、護衛艦艦艇(浜波、駆潜艇30号、第五昭南丸、第二拓南丸)[98]は佐多船団を護衛してトラック泊地を出撃、パラオに向かう[106][110]。 佐多船団は、給油艦佐多、特設給兵船日朗丸(日産汽船、6,534トン)、特設水雷母艦神風丸(山下汽船、4,918トン)[111]、第二菱丸、北上丸であった[98]。 だが2月17日-18日にかけて、佐多船団はアメリカの潜水艦サーゴ (USS Sargo, SS-188) の襲撃を受けた。 雷撃により日朗丸が轟沈[112][113]。 佐多が航行不能となる[113][114]。 浜波は佐多を救援しつつ[115]、対潜掃討を実施した[106][116]。 19日、佐多は特設給兵船新玉丸(玉井商船、6,783トン)に曳航されてパラオに向かった[106][117]。 20日、佐多船団はパラオに到着し[118]、その後の浜波は同地で待機した[106][119]

2月25日午前11時前後[120]、パラオに姉妹艦早波と水上機母艦秋津洲トラック島空襲で損傷中)が到着する[121][122]。 この少し前、「空母を含む敵大部隊パラオ接近」の報告により[123]、遊撃部隊(指揮官栗田健男第二艦隊司令長官)はパラオ在泊艦艇(第四戦隊、第五戦隊、第二水雷戦隊、工作艦明石他)のダバオフィリピンミンダナオ島)への回航を命じる[122][124]。 当時の第二水雷戦隊旗艦は重巡洋艦鳥海だった[4][114]。 二水戦司令部は鳥海から浜波に移動、本艦は第二水雷戦隊旗艦となる[17][122]。二水戦(浜波、早波、藤波)はパラオ水道で対潜掃蕩を実施するが、直後に「敵機動部隊」は誤報だったことが判明した[4]。ダバオ回航命令は命令は取り消される[122]。二水戦旗艦は鳥海に戻った[4][122]

3月中旬、高崎船団を護衛したあと、タンカーの護衛任務に従事する[16]。4月中旬、リンガ泊地に移動して訓練に従事した[18][125]。 4月15日、第32駆逐隊司令は中原義一郎大佐から折田常雄大佐[注 3]に交代した[126][127]。 中原大佐は5月8日附で軽巡洋艦長良艦長に任命されるが[128]、8月7日の同艦沈没時に戦死した(中原は海軍中将へ特進)[129][130]

あ号作戦編集

1944年(昭和19年)5月、第32駆逐隊は前進根拠地のタウイタウイ方面に進出[20][21]、航空母艦の訓練に協力しつつ対潜警戒に従事する。 だがアメリカ軍潜水艦の活動により、日本側駆逐艦は次々に撃沈された[131][132]6月7日昼頃、早波(第32駆逐隊、司令駆逐艦)がアメリカの潜水艦ハーダーUSS Harder, SS-257)の雷撃で沈没する[22][125]。第32駆逐隊は2隻編制(藤波、浜波)となった[25]。 また早波沈没時に、早波艦長清水逸郎中佐[133]と折田大佐(第32駆逐隊司令)が戦死した(折田は海軍少将に進級)[134][135]。第32駆逐隊は、一時駆逐隊司令不在となる。 そこで玉波艦長青木久治中佐(海兵50期)[136]が6月15日附で第32駆逐隊司令に転任[137]、早波艦長として着任予定だった千本木十三四中佐(海兵52期)[138]が玉波艦長となった[137]

6月19日のマリアナ沖海戦では[139]、丙部隊(第三航空戦隊、第二艦隊主力)に所属してアメリカ群と交戦した(海戦の経過と編成については、当該記事を参照)。 同日の前衛部隊は空母3隻(千歳、千代田、瑞鳳)を分散させて輪形陣を形成しており[140]、本艦は第11群(空母瑞鳳、戦艦〈大和、武蔵〉、重巡〈熊野、利根、鈴谷〉、第32駆逐隊〈玉波、浜波、藤波〉[注 4])という区分だったという[141]。 前衛部隊では、6月20日の戦闘で千代田、榛名、摩耶に爆弾命中や至近弾による損害があった[142][143]。 マリアナ沖海戦は日本海軍の大敗で終わる[144]。 日本艦隊は6月22日に中城湾に入港した[145][146]。順次出発し[147]、6月24日柱島泊地に帰投した[148][149]

一方、第32駆逐隊の玉波と藤波は内地に戻らず、軽巡洋艦北上(第十六戦隊)とタンカー旭東丸を護衛して内地へ向かう[150][151]7月7日未明、マニラ湾沖合でアメリカの潜水艦ミンゴ (USS Mingo, SS-261)[24]の雷撃で玉波が沈没した[151][152]。 青木中佐(第32駆逐隊司令)と千本木(玉波艦長)は戦死した[153][154]。 玉波喪失により、第32駆逐隊は夕雲型2隻(藤波、浜波)に減少した[155]

7月9日、遊撃部隊主隊(指揮官栗田健男中将、第二艦隊司令長官)は臼杵湾を出撃する[156][157]。輸送物件の関係から、甲部隊(第一戦隊、第四戦隊、第七戦隊、第二水雷戦隊〔第27駆逐隊〈時雨、五月雨〉、第31駆逐隊〈岸波、沖波、朝霜、長波〉、夕雲型〈浜波〉、島風型〈島風〉〕)、乙部隊という編成だった[156]。 7月10日午後、遊撃部隊主隊は中城湾に到着した[157]沖縄第三十二軍(司令官渡辺正夫中将)に対する輸送任務を行う。同日夕刻、甲部隊は沖縄を出発、リンガ泊地に直接向かった(乙部隊は12日出発)[158][159]。暴風雨に遭遇して五月雨が一時行方不明になったが、ほかに特に異状なく7月16日シンガポール(一部はリンガ泊地直行)に到着した[158]。ほどなく乙部隊もリンガ泊地に進出し[159]、第一遊撃部隊は訓練に励んだ[160][161]

8月25日、ガルワングル環礁で座礁していた白露型駆逐艦五月雨は、アメリカの潜水艦バットフィッシュ[24]の雷撃で船体断裂、放棄された[162][163]。第27駆逐隊は白露型駆逐艦「時雨」1隻のみとなった[164]。そこで、第27駆逐隊司令大島一太郎大佐(海兵50期)が第32駆逐隊司令に任命される[165][136]。 9月1日、ヒ71船団を護衛していた藤波はシンガポールに到着、浜波と合流する[150]。当時の第32駆逐隊は前述のように消耗を続け、浜波と藤波だけになっていた[155][166]

捷号作戦編集

10月18日、捷一号作戦発動に伴って[167]、第二艦隊司令長官栗田健男中将(旗艦愛宕)を指揮官とする第一遊撃部隊(通称栗田艦隊または栗田部隊 )はリンガ泊地から出動した[168][169]ブルネイ湾で補給の後[170][171]、10月22日に出撃した[172][173]レイテ沖海戦における浜波は、第一遊撃部隊第一部隊(第四戦隊〈愛宕〔第二艦隊旗艦〕、高雄、鳥海、摩耶〉、第一戦隊〈大和、武蔵、長門〉、第五戦隊〈妙高、羽黒〉、第二水雷戦隊〈能代、島風、第2駆逐隊〔早霜、秋霜〕[注 5]、第31駆逐隊〔岸波、沖波、朝霜、長波〕、第32駆逐隊〔藤波、浜波〕〉)に所属して戦闘に参加した[174][175]

10月23日[176]、アメリカの潜水艦ダーターデ―スの襲撃により[177]、第四戦隊の高雄型重巡洋艦3隻は大打撃を受けた[178][179]。愛宕被雷時、第32駆逐隊(浜波、藤波)は第一戦隊(大和、武蔵)の右舷約2kmを航行していたという[180][181]。 高雄[182]および護衛の朝霜と長波はブルネイに向け撤退した[183][184]。健在の「鳥海」は第五戦隊(司令官橋本信太郎少将)の指揮下に入った[185][186]。 また愛宕脱出後の栗田艦隊司令部(栗田長官、小柳冨次参謀長等)は岸波を経て大和(第一戦隊旗艦)に移乗、大和を第二艦隊旗艦として指揮をとる[187][188]

10月24日、栗田艦隊ははシブヤン海で米軍機動部隊艦載機の空襲をうける(レイテ沖海戦・シブヤン海空襲)[189]。 一連の空襲により武蔵が沈没[190][191]、3隻損傷離脱(妙高、浜風、清霜)という損害を受けた[192][193]

10月25日、栗田艦隊はサマール島沖で米軍機動部隊(護衛空母部隊)を追撃する[194]サマール島沖海戦。海戦の経過は当該記事を参照)[195]。 戦闘開始時の第一遊撃部隊は、第一戦隊(大和〔第二艦隊旗艦〕、長門)、第三戦隊(金剛榛名)、第五戦隊(羽黒、鳥海)、第七戦隊(熊野鈴谷筑摩利根)、第二水雷戦隊(軽巡〈能代〉、第2駆逐隊〈早霜、秋霜〉、第31駆逐隊〈岸波、沖波〉、第32駆逐隊〈浜波、藤波〉、島風型〈島風〉)、第十戦隊(旗艦〈矢矧〉、第17駆逐隊〈浦風雪風磯風野分[注 6]〉)であった[196]。 第二水雷戦隊は米護衛空母部隊に肉薄できず、大きな戦果はなかった[166][197]。二水戦は〇九二二時に巡洋艦1隻撃沈を記録している[198]

10月26日朝、第二水雷戦隊旗艦の軽巡洋艦能代[199][200]第38任務部隊マーク・ミッチャー中将)の艦載機の空襲を受けて沈没した[201][202]。 浜波と秋霜は第二水雷戦隊司令官早川幹夫少将・能代艦長梶原季義大佐を含め二水戦司令部や能代乗員の大部分を救助した[166][203]。 第二水雷戦隊司令官と司令部は浜波に移乗し[30][203]、浜波は臨時の第二水雷戦隊旗艦となった[29][33]。 一方、沈没した重巡鳥海より乗組員を救助して退避中の姉妹艦藤波(第32駆逐隊)は撤退中に空襲を受け撃沈され[204] 、藤波・鳥海乗組員総員が戦死した[205][206]

海戦後の遊撃部隊駆逐艦(島風、浜波、秋霜、岸波浦風)は燃料が切れかかった[207]。そこで先行してコロン島で補給を受けることになり、栗田艦隊主隊に同行する駆逐艦は磯風雪風に減少した[207][208]。 能代生存者を救助した浜波と秋霜はコロン島に直行、浜波はタンカー日栄丸から補給を受けた[207]。大島司令(浜波座乗)回想によれば、浜波は重巡洋艦那智(第五艦隊旗艦)より燃料補給を受けたという[166]。 10月29日午前1時、駆逐艦部隊は遊撃部隊主隊に遅れてブルネイ湾に帰投する[203][209]。 ブルネイに退却後の10月30日、第二水雷戦隊司令部は浜波から大和に移動した[210][211]。続いて浜波はマニラ移動した[212][213]。 11月5日、マニラ湾空襲により重巡那智が沈没、駆逐艦(第7駆逐隊)が大破した[214]。他に駆逐艦沖波(第31駆逐隊)も損傷した[215]。 マニラ空襲による被害や諸事情により、優速船団の第四次輸送部隊(部隊指揮官木村昌福少将、第一水雷戦隊司令官)が先にマニラを出撃して第26師団の主力を海上輸送、低速船団の第三次輸送部隊(部隊指揮官は早川幹夫少将、第二水雷戦隊司令官)が軍需品を海上輸送することになった[216][217]

沈没編集

11月上旬、島風・浜波以下第二水雷戦隊はレイテ島への日本陸軍輸送作戦(多号作戦)に従事することになり[34]、浜波は第三次輸送部隊に所属して11月9日午前3時にマニラを出撃する[213][218]。 第三次輸送部隊(指揮官早川幹夫第二水雷戦隊司令官)の編成は[219]、輸送船5隻(せれべす丸、泰山丸、三笠丸、谷豊丸、天照丸)[34]、護衛艦艇(警戒部隊〈島風〔第二水雷戦隊旗艦〕[220]、浜波、初春〉、護衛部隊〈掃海艇30号、駆潜艇46号〉)である[221][222]。 途中せれべす丸が座礁、護衛のため駆潜艇46号が分離した[223][224]

11月10日21時、第三次輸送部隊はマスバテ島東方のブラックロック水道で、先にオルモック湾への輸送を行った第四次輸送部隊(第一水雷戦隊司令官木村昌福少将、海兵41期:旗艦)とすれ違う[223]。この時、第三次輸送部隊の駆逐艦2隻(初春型駆逐艦初春、松型駆逐艦)をマニラに帰投する第四次輸送部隊に移し(先に分離して帰投)[223]、第四次部隊の駆逐艦3隻(朝霜長波若月)を第三次輸送部隊に加入させた[213][225]。アメリカ軍魚雷艇の襲撃は撃退した[226][227]

第三次輸送部隊は11月11日の正午ごろにオルモック湾に到着する予定であったが、その直前に第38任務部隊(ジョン・S・マケイン・シニア中将)の艦載機347機による空襲を受けた[228][229]。大島大佐(第32駆逐隊司令)の回想によれば、当時の陣形は浜波(先頭艦) - 若月 - 島風(二水戦旗艦) - 長波 - 掃海艇30号 - 朝霜だったという[213][230]。 「浜波」は戦闘中に被弾して舵故障となり、続いて艦首に被弾する[230][231]。 合計三発被弾[232]。また機銃掃射により戦死者・負傷者が続出した[233]。浸水が始まった「浜波」では退艦準備がはじまった[234]。この時、零式艦上戦闘機もしくは四式戦闘機[228](米軍主張、日本軍機20-30襲来、16機撃墜)[229]が出現してアメリカ軍機の注意が分散したため、隙を見て健在の姉妹艦朝霜が浜波に接舷した[41]。 大島大佐(32駆司令)と本倉中佐(浜波駆逐艦長)以下約200名が横付けした朝霜に救助された後[234]、浜波は放棄された[213][235][41]。 この第三次多号作戦では浜波以外にも島風(第二水雷戦隊司令官早川幹夫少将戦死)[236][237]、若月[38]、長波[238]、輸送船4隻と掃海艇1隻が沈没した[39][239]。第三次多号作戦(早川少将)・第四次多号作戦(木村少将)とも大損害を受け、さらに重装備・軍需品・兵站部隊の揚陸に失敗した[217]

この後、先に沈没した長波駆逐艦長飛田清少佐(海兵56期)が生き残った長波乗員数十名を引き連れて、いまだ浮いていた浜波に乗り移った[240]。飛田少佐は乗員を各部署に配置させて機関の再始動にも成功したが、マニラ帰投に必要な缶用の真水が欠乏していたので浜波を陸上砲台にしようと決心した[241]。しかし、潮流に流されて擱座に失敗し、浜波に残っていた糧食で夕食をとった後就寝[242]。翌12日、飛田少佐以下の長波乗員は浜波を離れ、陸上から迎えに来た大発に移ってレイテ島に上陸した[242]。浜波の船体は、その後沈没したとみられる。また浜波生存者153名が現地の海軍陸戦隊に編入され[243]マニラ市街戦フィリピン地上戦に投入された。

11月15日、第32駆逐隊は解隊[244]。 書類上在籍していた浜波は第31駆逐隊に転出、同隊は夕雲型駆逐艦4隻(長波〈11月11日オルモック湾で沈没〉、岸波〈12月4日[245]、アメリカ潜水艦フラッシャー[24]の雷撃で沈没〉、沖波〈11月13日[246]マニラ湾で大破着底〉、浜波〈11月11日-12日、オルモック湾で沈没〉)編制となった[244]。 11月22日、本倉正義大佐は浜波駆逐艦長の職務を解かれ、呉鎮守府附となる[247]

1945年(昭和20年)1月10日、夕雲型6隻(長波、浜波、沖波、岸波、早霜秋霜)は夕雲型駆逐艦より削除[248]。 また他艦と共に帝国駆逐艦籍から除籍[249]。 所属していた第31駆逐隊も解隊された[250]

残骸の発見編集

2018年(平成30年)1月18日ポール・アレン率いる調査チームは、調査船ペトレルによりオルモック湾の水深316mの海底に横たわる浜波の残骸を発見したと発表した[42]

歴代艦長編集

艤装員長
  1. 本倉正義 中佐:1943年9月17日[55] - 1943年10月15日[62]
駆逐艦長
  1. 本倉正義 中佐/大佐:1943年10月15日[62] - 1944年11月22日[247]

参考文献編集

  • 池田清『重巡摩耶 元乗組員が綴る栄光の軌跡』学習研究社〈学研M文庫〉、2002年1月(原著1986年)。ISBN 4-05-901110-X
  • 宇垣纏著、成瀬恭発行人『戦藻録 明治百年史叢書』原書房、1968年1月。
  • 生出寿『砲術艦長 黛治夫 海軍常識を覆した鬼才の生涯光人社〈光人社NF文庫〉、1996年6月(原著1988年)。ISBN 4-7698-2124-7
  • 生出寿『連合艦隊・名指揮官の生涯 戦場の将器 木村昌福』光人社、1997年12月。ISBN 4-7698-0835-6
  • 大熊安之助ほか『海軍水雷戦隊 駆逐艦と魚雷と軽巡が織りなす大海戦の実相』潮書房光人社、2016年10月。ISBN 978-4-7698-1629-4
    • (268-275頁)当時「島風」機関長・海軍少佐上村嵐『第二水雷戦隊旗艦「島風」最後の疾走 機関長が第三次オルモック輸送で体験した快足駆逐艦の撃沈遭難記
  • 岡本孝太郎『舞廠造機部の昭和史』文芸社、2014年5月。ISBN 978-4-286-14246-3
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第7巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 岸見勇美『地獄のレイテ輸送作戦 敵制空権下の多号作戦の全貌光人社、2010年12月(原著2004年)。ISBN 978-4-7698-2666-8
  • 木俣滋郎『日本空母戦史』図書出版社、1977年7月。
  • 木俣滋郎『日本戦艦戦史』図書出版社、1983年
  • 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社、1986年3月。
  • 木俣滋郎『日本軽巡戦史』図書出版社、1989年3月。
  • 小島清『栗田艦隊退却す 戦艦「大和」暗号士の見たレイテ海戦』光人社〈光人社NF文庫〉、2009年9月(原著1979年)。ISBN 978-4-7698-2617-0
  • 財団法人海上労働協会編『復刻版 日本商船隊戦時遭難史』財団法人海上労働協会/成山堂書店、1962年/2007年、ISBN 978-4-425-30336-6
  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争 34人の艦長が語った勇者の条件』光人社NF文庫、1993年5月。ISBN 47698-2009-7
    • (209-221頁)海戦の原則 <駆逐艦「浜波」司令・大島一太郎少将の証言>(レイテ沖海戦、多号作戦時、第32駆逐隊司令として夕雲型駆逐艦浜波乗艦)
    • (448-459頁)指揮官の決断 <駆逐艦「梨」艦長・高田敏夫少佐の証言>(レイテ沖海戦時、軽巡能代水雷長)
  • 志賀博ほか『駆逐艦物語 車引きを自称した駆逐艦乗りたちの心意気』潮書房光人社、2016年4月。ISBN 978-4-7698-1615-7
    • (63-90頁)戦史研究家大浜啓一『日本の駆逐艦かく戦えり 太平洋戦争を第一線駆逐艦約一五〇隻が戦った海戦の実状
    • (231-239頁)当時「朝霜」航海長・海軍大尉芦田収『夕雲型「朝霜」多号作戦オルモック輸送 敵機の集中攻撃をかいくぐり三次四次レイテ輸送から生還した航海長の体験
  • 重本俊一ほか『陽炎型駆逐艦 水雷戦隊の中核となった精鋭たちの実力と奮戦』潮書房光人社、2014年10月。ISBN 978-4-7698-1577-8
    • (255-342頁)戦史研究家伊達久『日本海軍駆逐艦戦歴一覧 太平洋戦争時、全一七八隻の航跡と最後
  • 田村俊夫「「長波」とした写真の訂正」『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』学習研究社、2010年、ISBN 978-4-05-606020-1
  • 永沢道雄『戦艦「大和」暗号士の終戦 一海軍予備学生のフィリピン戦記』光人社〈光人社NF文庫〉、2003年6月(原著1995年)。ISBN 4-7698-2384-3
  • 手塚正己『軍艦武藏 上巻』新潮文庫、2009年8月。ISBN 978-4-10-127771-4
  • 手塚正己『軍艦武藏 下巻』新潮文庫、2009年8月。ISBN 978-4-10-127772-1
  • 橋本衛「駆逐艦「長波」残弾なし!完結編」『丸 第45巻・第1号』潮書房、1992年
  • 林寛司・戦前船舶研究会「特設艦船原簿」「日本海軍徴用船舶原簿」『戦前船舶 第104号』戦前船舶研究会、2004年
  • 原為一ほか『軽巡二十五隻 駆逐艦群の先頭に立った戦隊旗艦の奮戦と全貌』潮書房光人社、2014年12月。ISBN 978-4-7698-1580-8
    • (75-86頁)戦史研究家伊達久『航跡でたどる軽巡二十五隻の栄光と悲惨』
    • (185-206頁)「丸」編集部『外国戦史に見る日本軽巡の最後』
    • (220-231頁)当時「能代」水雷長・海軍少佐高田敏夫『二水戦旗艦「能代」サマール沖の痛恨 敵を目前に肉薄雷撃戦もならず空しく帰途についた旗艦を襲った悲運
    • (319-343頁)戦史研究家落合康夫『日本海軍軽巡洋艦戦歴一覧』
  • 永沢道雄『戦艦「大和」暗号士の終戦 一海軍予備学生のフィリピン戦記』光人社〈光人社NF文庫〉、2003年6月(原著1995年)。ISBN 4-7698-2384-3
  • 深井俊之助『戦艦「大和」反転の真相 海軍士官一〇四歳が語る戦争』宝島社〈宝島社新書〉、2018年7月。ISBN 978-4-8002-8494-5
  • 福井静夫福井静夫著作集 軍艦七十五年回想記 日本駆逐艦物語』第5巻、阿部安雄・戸高一成/編集委員、光人社、1993年1月。ISBN 4-7698-0611-6
  • 福田幸弘『連合艦隊 ― サイパン・レイテ海戦記』時事通信社、1981年7月(原著1983年)。
  • 淵田美津雄奥宮正武『機動部隊 新装版戦記文庫』朝日ソノラマ、1992年12月(原著1951年)。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦(1) マリアナ玉砕まで』第6巻、朝雲新聞社、1967年7月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 マリアナ沖海戦』第12巻、朝雲新聞社、1968年2月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍捷号作戦(1) 臺灣沖航空戦まで』第37巻、朝雲新聞社、1970年8月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海上護衛戦』第46巻、朝雲新聞社、1971年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍捷号作戦(2) フィリピン沖海戦』第56巻、朝雲新聞社、1972年6月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 中部太平洋方面海軍作戦(2) 昭和十七年六月以降』第62巻、朝雲新聞社、1973年2月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 大本營陸軍部<9> ―昭和二十年一月まで―』第81巻、朝雲新聞社、1975年2月。
  • ドナルド・マッキンタイヤー著、大前敏一訳『レイテ 連合艦隊の最期・カミカゼ出撃』第5巻、サンケイ新聞出版局〈第二次世界大戦ブックス〉、1971年3月。
  • ハンディ判日本海軍艦艇写真集17 駆逐艦初春型・白露型・朝潮型・陽炎型・夕雲型・島風』雑誌『』編集部/編、光人社、1997年10月。ISBN 4-7698-0818-6
  • 「丸」編集部編『重巡洋艦戦記 私は決定的瞬間をこの目で見た!』光人社、2010年11月。ISBN 978-4-7698-1485-6
    • (7-26頁)戦史研究家大浜啓一『日本重巡十八隻の戦歴』
    • (162-178頁)元「熊野」掌航海長兼通信長・海軍大尉青山総市『前衛部隊「熊野」マリアナ沖決戦記』
    • (233-243頁)当時第二艦隊司令長官・元海軍中将栗田健男述『米戦略爆撃調査団に対する栗田長官の証言記録レイテ湾突入ならず』
  • 山本平弥ほか『秋月型駆逐艦<付・夕雲型・島風・丁型> 戦時に竣工した最新鋭駆逐艦の実力と全貌』潮書房光人社、2015年3月。ISBN 978-4-7698-1584-6
    • (73-83頁)戦史研究家落合康夫『艦名別秋月型駆逐艦十二隻の生涯』
    • (207-219頁)当時「浜波」乗組・海軍中尉中沢五郎『オルモック急行「浜波」砲塔に息絶えて 長波、朝霜、若月らと行を共にした第三次多号作戦の悲惨
    • (220-229頁)戦史研究家伊達久『夕雲型駆逐艦十九隻&島風の太平洋戦争』
    • (264-272頁)元「柳」艦長・海軍少佐大熊安之助『松型「柳」艦長三たび痛恨の海に没したけれど 乗艦三隻の最期をみとった駆逐艦長が綴る海の勇者たちへの鎮魂歌
    • (230-238頁)当時「島風」機関長・海軍少佐上村嵐『追随をゆるさぬ最高速艦「島風」の最後 乗員四五〇名のうち生存者たった三名という制空権なき輸送作戦の結末
  • 歴史群像編集部編『水雷戦隊II 陽炎型駆逐艦 究極の艦隊型駆逐艦が辿った栄光と悲劇の航跡』第19巻、学習研究社〈歴史群像 太平洋戦史シリーズ〉、1998年。ISBN 4-05-601918-5
    • (85-94頁)向井学「艦隊型駆逐艦全131隻行動データ」
    • (160-165頁)上原光晴「特別企画1 駆逐艦「島風」の記録 韋駄天「島風」18か月間の戦い」
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『昭和17年1月~12月達/達昭和17年9月』。Ref.C12070115400。
    • 『昭和17年7月~9月 内令3巻/昭和17年9月分(3)』。Ref.C12070165000。
    • 『昭和18年1~4月内令1巻/昭和18年4月(5)』。Ref.C12070176600。
    • 『昭和18年7~8月内令3巻/昭和18年8月(3)』。Ref.C12070179700。
    • 『昭和18年9~10月 内令4巻/昭和18年10月(1)』。Ref.C12070181100。
    • 『昭和18年11~12月内令5巻/昭和18年12月(2)』。Ref.C12070182700。
    • 『自昭和19年1月至昭和19年7月内令/昭和19年1月(1)』。Ref.C12070193800。
    • 『自昭和19年1月至昭和19年7月内令/昭和19年1月(2)』。Ref.C12070193900。
    • 『昭和19年8月~9月 秘海軍公報』。Ref.C12070496100。
    • 『昭和19年8月〜9月 秘海軍公報/昭和19年9月(2)』。Ref.C12070496700。
    • 『昭和19年9月~12月 秘海軍公報 号外/10月(2)』。Ref.C12070497400。
    • 『昭和19年9月~12月秘海軍公報号外/11月(3)』。Ref.C12070497900。
    • 『昭和19年9月~12月秘海軍公報号外/12月(2)』。Ref.C12070498200。
    • 『自昭和20年1月.至昭和20年8月秘海軍公報/1月(2)』。Ref.C12070503600。
    • 『昭和17年4月1日~昭和17年4月30日 舞鶴鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030354000。
    • 『昭和17年4月1日~昭和17年4月30日 舞鶴鎮守府戦時日誌(2)』。Ref.C08030354100。
    • 『昭和18年4月1日~昭和18年4月30日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030355900。
    • 『昭和18年10月1日~昭和18年10月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030357200。
    • 『昭和18年4月1日~昭和18年11月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(5)/第十一水雷戦隊司令部『自昭和十八年十月一日昭和十八年十月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』』。Ref.C08030126400。
    • 『昭和18年4月1日~昭和18年11月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(6)/第十一水雷戦隊司令部『自昭和十八年十一月一日昭和十八年十一月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』』。Ref.C08030126500。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日 第11水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030126800。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030101800。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030101900。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030102000。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030102100。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年5月31日 第10戦隊戦時(1)』。Ref.C08030050000。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年5月31日 第10戦隊戦時(2)』。Ref.C08030050100。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年5月31日 第10戦隊戦時(3)』。Ref.C08030050200。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年5月31日 第10戦隊戦時(4)』。Ref.C08030050300。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年5月31日 第10戦隊戦時(5)』。Ref.C08030050400。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年5月31日 第10戦隊戦時(6)』。Ref.C08030050500。
    • 『昭和19年2月1日~昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030107400。
    • 『昭和19年2月1日~昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030107500。
    • 『昭和19年2月1日~昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030107600。
    • 『昭和17年6月1日~昭和19年6月30日 あ号作戦戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030039900。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年11月30日 軍艦高雄戦時日誌(6)』。Ref.C08030570200。
    • 『昭和19年10月23日 軍艦愛宕戦闘詳報並に戦訓所見』。Ref.C08030569000。
    • 『昭和19年10月24日~昭和19年10月26日 第31駆逐隊(岸波)戦闘詳報』。Ref.C08030590000。
    • 『昭和19年10月22日~昭和19年10月28日 駆逐艦秋霜戦闘詳報』。Ref.C08030589400。
    • 『昭和19年10月1日~昭和19年11月5日 捷号作戦戦時日誌(7)軍艦能代・軍艦妙高』。Ref.C08030038600。
    • 『昭和19年10月23日~昭和19年10月29日 軍艦能代戦闘詳報 第3号(1)』。Ref.C08030578900。
    • 『昭和19年10月23日~昭和19年10月29日 軍艦能代戦闘詳報 第3号(2)』。Ref.C08030579000。
    • 『昭和19年10月1日~昭和19年10月31日 捷号作戦戦時日誌(1)第1戦隊』。Ref.C08030039100。
    • 『昭和19年10月1日~昭和19年10月31日 捷号作戦戦時日誌(2)第5戦隊』。Ref.C08030039200。
    • 『昭和19年10月16日~昭和19年10月28日 戦闘詳報.第1遊撃部隊 捷号作戦(菲島沖海戦を含む)(1)』。Ref.C08030714600。
    • 『昭和19年10月16日~昭和19年10月28日 戦闘詳報.第1遊撃部隊 捷号作戦(菲島沖海戦を含む)(2)』。Ref.C08030714700。
    • 『昭和19年10月17日~昭和19年10月31日 捷号作戦戦時日誌(比島方面決戦)(1)第十戦隊』。Ref.C08030037400。
    • 『昭和19年10月17日~昭和19年10月31日 捷号作戦戦時日誌(比島方面決戦)(2)第十戦隊』。Ref.C08030037500。
    • 『昭和19年10月17日~昭和19年10月31日 捷号作戦戦時日誌(比島方面決戦)(3)第十戦隊/第十六戦隊』。Ref.C08030037600。
    • 『昭和19年5月1日~昭和19年11月25日 軍艦熊野戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030572600。
    • 『S士官の手記 史実調査部/沖波戦闘行動関係』。Ref.C14061106300。
    • 『S士官の手記続篇史実調査部』。Ref.C14061106400。
    • 『昭和19年10月 昭和19年12月レイテ作戦 第3/4.輸送作戦』。Ref.C14061135000。
    • 『昭和19年9月1日~昭和19年11月11日 第1水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030087400。
    • 『昭和19年9月1日~昭和19年11月11日 第1水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030087600。
      多号作戦第四輸送部隊 第一水雷戦隊司令部『多号作戦戦闘詳報第二号(自昭和十九年十一月八日至昭和十九年十一月十一日第四次輸送作戦)』
    • 『第1表/2.1944年10月18日以降増援兵力』。Ref.C14061098700。
    • 『昭和19.1.1~昭和19.3.31 太平洋戦争経過概要 その7/第三段作戦19年2月15日~19年2月22日』。Ref.C16120639200。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 第32駆逐隊は1943年8月20日附で、涼波、早波、藤波により新編[7]。10月1日に玉波を編入[8]。ラバウル空襲で涼波[9]を喪失した。
  2. ^ 日本陸軍第52師団カロリン諸島へ輸送する作戦および船団を「波船団」と呼称し、浜波は波船団・甲梯団に所属した[12]
  3. ^ 折田大佐は、秋月型駆逐艦照月沈没時の艦長。第30駆逐隊司令を経て、32駆司令に任命された。
  4. ^ 丸編集部編『重巡洋艦戦記』163頁の図表では32駆(早波、玉波、浜波)となっているが、早波は6月7日[24]に沈没した(前述)。
  5. ^ 第2駆逐隊には駆逐艦清霜も所属しているが、捷一号作戦において清霜は第一遊撃部隊第二部隊として行動する。
  6. ^ 野分は第4駆逐隊所属だが、本作戦では第17駆逐隊司令の指揮下で行動する。

出典編集

  1. ^ a b c 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 94a浜波(はまなみ)
  2. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』pp.8
  3. ^ a b c #達昭和17年9月p.34「達第二百六十號 昭和十六年度及昭和十七年度ニ於テ建造ニ着手ノ驅逐艦一隻、潜水艦六隻、驅潜艇二隻及特務艦二隻ニ左ノ通命名ス 昭和十七年九月二十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|舞鶴海軍工廠ニ於テ建造 驅逐艦 濱波(ハマナミ)|佐世保海軍工廠ニ於テ建造 伊號第四十三潜水艦/呂號第四十二潜水艦|川崎重工業株式會社ニ於テ建造 伊號第百八十三潜水艦/呂號第百八潜水艦|横須賀海軍工廠ニ於テ建造 伊號第百八十四潜水艦|三菱重工業株式會社神戸造船所ニ於テ建造 呂號第三十六潜水艦|株式會社大阪鐡工所ニ於テ建造 第四十二驅潜艇|株式會社新潟鐡工所ニ於テ建造 第四十三號驅先帝|三菱重工業株式會社横濱船渠ニ於テ建造 特務艦 洲埼(スノサキ)|株式會社播磨造船所ニ於テ建造 特務艦 風早(カザハヤ)」
  4. ^ a b c d e #S1812二水戦日誌(4)p.6「(3)下旬 2sd(鳥海)「パラオ」ニ在リ二十五日敵KdB見ユノ報ニ依リ濱波ニ将旗ヲ移揚シ出撃セルモ誤報ナルニ依リ歸投ス」
  5. ^ a b c d 秋月型(2015潮書房)225-226頁「浜波(はまなみ)」
  6. ^ a b #S1810舞鎮日誌p.43「十五日〇九一九總長|十五日一五一五各鎮、警、各艦隊)長官|大海機密第一五〇九一九番電 十五日附戰時編制中改定ノ件(本府關係 濱波ヲ十一水雷戰隊ニ編入/不知火ヲ舞鎮部隊ニ編入/清波、鳴戸丸、日出丸ヲ戰時編制ヨリ除ク/三十三、三十四、三十五、三十六、一〇一防空隊ヲ横鎮部隊ニ編入)|電報」
  7. ^ #内令昭和18年8月(3)p.24〔内令第千七百七號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十八年八月二十日 海軍大臣嶋田繁太郎|第三十一驅逐隊ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |第三十二驅逐隊|涼波、藤波、早波| 〕
  8. ^ a b #内令昭和18年10月(1)p.11〔内令第二千三十五號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年十月一日海軍大臣嶋田繁太郎|第二十七驅逐隊ノ項中「時雨」ノ下ニ「、五月雨」ヲ加フ|第三十二驅逐隊ノ項中「早波」ノ下ニ「、玉波」ヲ加フ〕
  9. ^ a b #内令昭和19年1月(2)p.14〔内令第六十二號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年一月五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第十六驅逐隊ノ項中「初風、」ヲ削ル|第三十驅逐隊ノ項中「望月、」ヲ削ル|第三十二驅逐隊ノ項中「涼波、」ヲ削ル〕
  10. ^ a b #内令昭和18年12月(2)p.46〔内令第二千六百八十八號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十八年十二月十五日 海軍大臣嶋田繁太郎|第十一驅逐隊ノ項ヲ削ル|第三十二驅逐隊ノ項中「玉波」ノ下ニ「、濱波」ヲ加フ 〕
  11. ^ #S1812二水戦日誌(1)p.7「十五日附濱波2sd 32dg編入セラル、春雨修理完成内海西部ニ回航十九日着」
  12. ^ a b c d 戦史叢書62巻、524頁「「波」船団の行動」
  13. ^ a b #S1812二水戦日誌(1)p.10「浜波(波船團甲梯團)」
  14. ^ a b c d 戦史叢書62巻523-524頁「輸送及び護衛の諸計画」
  15. ^ 戦史叢書12巻172-173頁「その他」
  16. ^ a b c d 戦史叢書(12)〔付表第一〕「聯合艦隊主要艦艇行動表(昭和十九年一月一日~六月二十五日)」〔濱波〕
  17. ^ a b #S1812二水戦日誌(4)p.36「二五日一一〇五(司令官)2sd|浜波|司令部移乗ス|信号」
  18. ^ a b 戦史叢書12巻290-291頁「聯合艦隊主力(水上部隊)の作戦」
  19. ^ 戦史叢書(12)〔付表第一〕「聯合艦隊主要艦艇行動表(昭和十九年一月一日~六月二十五日)」〔早波〕
  20. ^ a b 戦史叢書(12)〔付表第一〕「聯合艦隊主要艦艇行動表(昭和十九年一月一日~六月二十五日)」〔藤波〕
  21. ^ a b 戦史叢書(12)〔付表第一〕「聯合艦隊主要艦艇行動表(昭和十九年一月一日~六月二十五日)」〔玉波〕
  22. ^ a b 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 94b早波(はやなみ)
  23. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 94c玉波(たまなみ)
  24. ^ a b c d e 戦史叢書、海上護衛戦446-447頁「米潜水艦に撃沈されたわが駆逐艦一覧表」
  25. ^ a b #内令(秘)昭和19年8月(3)p.10〔内令第九四一號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年八月十日 海軍大臣 第十七驅逐隊ノ項中「谷風、」ヲ削ル 第二十二驅逐隊ノ項中「水無月、」ヲ削ル 第二十七驅逐隊ノ項中「白露、」及「、春雨」ヲ削ル 第三十驅逐隊ノ項中「松風、」ヲ削ル 第三十二驅逐隊ノ項中「早波、」ヲ削ル〕
  26. ^ マッキンタイヤー、レイテ 1971, p. 8栗田艦隊北に変針
  27. ^ 秋月型(2015潮書房)225頁「藤波(ふじなみ)」
  28. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 94d藤波(ふじなみ)
  29. ^ a b c 軽巡二十五隻200-201頁「▽能代が辿った二時間の死闘」
  30. ^ a b 軽巡二十五隻312-313頁「▽サマール沖海戦」
  31. ^ 秋月型(2015潮書房)228頁「秋霜(あきしも)」
  32. ^ 栗田艦隊退却す 2009, pp. 307-308.
  33. ^ a b 戦史叢書56巻470-472頁「「能代」の沈没」
  34. ^ a b c d 戦史叢書56巻535-536頁「第三次輸送部隊の行動、船団全滅す」
  35. ^ 秋月型(2015潮書房)221-222頁「長波(ながなみ)」
  36. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 94e島風(しまかぜ)
  37. ^ 秋月型(2015潮書房)229頁「島風(しまかぜ)」
  38. ^ a b 秋月型(2015潮書房)79-80頁「若月(わかつき)」
  39. ^ a b 戦史叢書56巻538頁「二水戦司令官戦死、第二船団全滅」
  40. ^ 戦史叢書56巻541-542頁「第四次、第三次部隊のマニラ帰投」
  41. ^ a b c 駆逐艦物語237-238頁
  42. ^ a b RV PETREL→"HAMANAMI"
  43. ^ 福井1993・日本駆逐艦物語、290頁「日本海軍駆逐艦艦名一覧/浜波 Hamanami」
  44. ^ a b c #S1704舞鎮日誌(1)p.9「(二)造修(1)新造艦船工事 秋月、巻波及初月(四月三日進水)ノ艤装工事竝ニ第百二十五號及第三百四十號艦ノ建造工事ハ共ニ概ネ順當ニ進捗シツツアリ/又第三百四十一號艦ハ豫定通四月二十八日起工ヲ了セリ」
  45. ^ #舞廠造機部186頁「帝国海軍駆逐艦・水雷艇建造少史(15)」
  46. ^ #S1704舞鎮日誌(1)p.65「二八(天候略)工廠工事 第三四一號艦起工ヲ了ス」
  47. ^ a b #S1804舞鎮日誌p.5「(二)造修(1)新造艦船工事 島風 運轉公試ノ結果巡航機械ノ性能不充分ニ付整備ヲ要スルコトトナリ完成期五月十日ニ延期/早波 艤装工事豫定通進捗中/濱波 建造工事完了十八日進水進水艤装工事中/第三四二號・第三四五號艦 船臺ニ在リテ建造工事中ニシテ豫定通工事進捗中/第十號驅潜特務艇 兵装竝ニ整備工事九日完成引渡ヲ了ス/第十八號驅潜特務艇 二十四回航目下兵装其ノ他整備中/第二十五號驅潜特務艇 二十八日回航〃」
  48. ^ #内令昭和17年9月(3)p.11〔内令第千七百七十八號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十七年九月二十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|驅逐艦、一等夕雲型ノ項中「早波」ノ下ニ「、濱波」ヲ加フ|潜水艦、一等伊十五型ノ項中「伊號第四十二」ノ下ニ「、伊號第四十三」ヲ、伊百七十六號型ノ項中「、伊號第百八十二」ノ下ニ「、伊號第百八十三、伊號第百八十四」ヲ加フ|同二等呂三十五型ノ項中「呂號第三十五」ノ下ニ「、呂號第三十六」ヲ、「呂號第三十七」ノ下ニ「、呂號第四十二」ヲ、呂百型ノ項中「呂號第百七」ノ下ニ「、呂號第百八」ヲ加フ|驅潜艇、第十三号型ノ項中「第四十一號」ノ下ニ「、第四十二號、第四十三號」ヲ加フ|(内令提要巻三、三三頁参照)〕
  49. ^ #内令昭和17年9月(3)p.12〔内令第千七百七十九號 特務艦類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十七年九月二十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|運送艦、足摺型ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ|洲埼型|洲埼|/|風早型|風早|〕
  50. ^ #S1804舞鎮日誌p.65「一八(天候略)其ノ他 濱波進水式」
  51. ^ #内令昭和18年4月(5)p.19「内令第七百五十七號 驅逐艦 濱波 右本籍ヲ舞鶴鎮守府ト定メラル 昭和十八年四月十八日 海軍大臣 嶋田繁太郎」
  52. ^ #S1804舞鎮日誌pp.5-6「(2)修理工事(a)損傷復舊工事 霞、不知火、初春 何レモ豫定通工事進捗中/巻波 二十四日入港復舊工事ニ着手」
  53. ^ 大正12年07月16日 官報第3288号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ2清水逸郎(補少尉候補生)《371中段》・本倉正義(補少尉候補生)《371下段》、p.3神山補少尉候補生《372中段》
  54. ^ 昭和18年4月1日(発令4月1日付)海軍辞令公報(部内限)第1085号 p.15』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090400 
  55. ^ a b c 昭和18年9月20日(発令9月17日付)海軍辞令公報(部内限)第1219号 p.9本倉・西村補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072093100 
  56. ^ 昭和17年4月1日(発令4月1日付)海軍辞令公報(部内限)第837号 p.12西村正直補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072111700 
  57. ^ 昭和17年7月1日(発令7月1日付)海軍辞令公報(部内限)第892号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086200 
  58. ^ 昭和18年9月23日(木)海軍公報(部内限)第4500号 p.25』 アジア歴史資料センター Ref.C12070441300 『○事務開始 大湊海軍軍需部幌筵支部ハ九月一日占守島ニ於テ事務ヲ開始セリ|驅逐艦濱波艤装員事務所ハ九月十五日舞鶴海軍工廠内ニ於テ事務ヲ開始セリ|横須賀海軍施設部名古屋支部ハ九月二十一日愛知縣豊川市假事務所ニ於テ事務ヲ開始セリ」
  59. ^ #S1810舞鎮日誌p.10「(2)重要ナル艦船兵器ノ造修(a)濱波豫定通十五日艤装完成引渡ヲ了ス/沖波艤装工事ノ促進/早霜豫定通二十日進水艤装工事ノ促進/第三六一號及第五四八一號艦ノ建造工事促進(以下略)」
  60. ^ #S1810舞鎮日誌p.75「十五日(天候略)驅逐艦不知火舞鎮部隊ニ編入サル|(略)|工廠工事 濱波竣工引渡(以下略)」
  61. ^ 昭和18年10月27日(水)海軍公報(部内限)第4526号 p.11』 アジア歴史資料センター Ref.C12070442300 「○事務所撤去 伊號第百八十三潜水艦艤装員事務所ハ十月三日之ヲ撤去セリ|濱波艤装員事務所ハ十月十五日之ヲ撤去セリ」
  62. ^ a b c d 昭和18年10月16日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第1241号 p.41本倉・西村・稲政・坂牧補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072093800 
  63. ^ 昭和19年9月13日(発令9月10日付)海軍辞令公報(甲)第1592号 p.25西村《筑摩水雷長補職》』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100900 
  64. ^ #S1804十一水戦(5)p.46「一五(天候略)浜波11sdニ編入」
  65. ^ #S1804十一水戦(5)p.6「(四)麾下艦船ノ行動」
  66. ^ #S1804十一水戦(6)pp.5-6(昭和18年11月麾下艦船行動表)
  67. ^ #S1812十一水戦(1)p.10「(四)麾下艦船竝ニ訓練部隊一時加入艦船ノ行動」
  68. ^ #S1812十一水戦(1)p.5「備考 一、岸波十二月三日附、沖波十日附11sdニ編入/二、濱波十二月十五日附32dgニ編入/三、6dg自一日至十九日 内南洋部隊海上護衛隊 二十日以降聯合艦隊附属」
  69. ^ #S1812二水戦日誌(1)pp.34-35「一五日〇〇一二大臣(宛略)官房機密第一五〇〇一二番電 十五日附 一.駆逐隊編制表ヨリ第十一駆逐隊ヲ除カル/第三十二駆逐隊ニ浜波ヲ加ヘラル/二.以下略|無電」
  70. ^ 昭和11年11月04日 官報第2953号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ7
  71. ^ 昭和15年12月16日(発令12月15日付)海軍辞令公報(部内限)第569号 p.16』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079900 
  72. ^ 大正9年07月17日 官報第2388号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ3中原補少尉候補生《411》
  73. ^ 昭和18年8月21日(発令8月20日付)海軍辞令公報(部内限)第1196号 p.2』 アジア歴史資料センター Ref.C13072092600 
  74. ^ 秋月型(潮2015)2246頁「涼波(すずなみ)」
  75. ^ #S1806二水戦日誌(6)p.2「一二日(司令)32dg|〇九〇五(司令官)2sd|タナ八六 十一日附當隊艦船番号左ノ通変更ス 一.早波 二.玉波 三.藤波 四.涼波」
  76. ^ a b #S1812二水戦日誌(1)p.15「(3)32dg(早波、玉波、藤波行動略)(濱波)十五日附2sd 32dgヘ編入セラル(内海西部ニ在リ待機訓練/二十四日GF電令作第八六二號ニ依ル輸送ノ爲呉発宇品ニ回航輸送人員物件搭載即日佐伯ニ回航/二十五日仝發(波船団甲梯団)「トラック」ニ向フ」
  77. ^ 戦史叢書6巻、200-202頁「第五十二師団のトラック島進出/編成、訓練」
  78. ^ a b c 戦史叢書62巻、571-574頁「第五十二師団のトラック進出」
  79. ^ #S1812十戦隊日誌(1)p.36「17dg機密第二四一四〇〇番電」
  80. ^ a b c 戦史叢書6巻202-203頁「第一梯団のトラック進出」
  81. ^ a b 戦史叢書6巻207頁「南洋第三支隊のポナペ島進出」
  82. ^ a b #S1812二水戦日誌(1)p.70「二十四(天候略)2sd(能代 島風)錨地着/浜波〇九二〇呉発宇品経由一七〇八佐伯発/藤波一四〇二「トラツク」着|〇七三五出動訓練終了補給後錨地着/浜波宇品ニ於テ陸兵四五名便乗/藤波筥崎丸護衛「トラツク」着/長波曳船ニテ明石ニ横付左推進軸切断陸揚ス」
  83. ^ #S1812二水戦日誌(1)p.71「二十五(天候略)浜波 佐伯発|32dg(早波)〇八〇〇船団護衛ヲ止メ「パラオ」ニ向フ/浜波 波船団甲梯団ヲ護衛「トラツク」ニ向ケ佐伯発|藤波 白露 戊二号輸送部隊ニ編入」
  84. ^ 第十戦隊戦時日誌(昭和19年1月)p.4では『(二)17dg(浦風)波船團甲梯団護衛三日「トラツク」着』とする
  85. ^ 戦史叢書6巻207頁では乙梯団到着日時を1月3日とする。
  86. ^ a b c d e #S1812二水戦日誌(3)pp.11-12「(3)32dg(早波玉波行動略)浜波 前月ニ引続キ波船団甲梯団護衛四日「トラツク」着/五日附UYBヘ編入 南洋第三支隊輸送ノ爲/六日松江丸護衛「トラツク」発/九日「ポナペ」着即日発/十日「トラツク」帰着同日附原隊復帰YB警戒隊ニ編入セラル/十七日「パラオ」方面派遣駆逐艦(島風ト共ニ二隻)ニ指定セラレ(司令官)2KEg指揮下ニ入ル/二十日 第三小倉丸 第二共榮丸ヲ護衛「トラツク」発/二十六日「パラオ」着 二十七日「パラオ」派遣駆逐艦一隻ノミトナリ仝艦ニ指定セラル/三十日 佐多船団護衛「パラオ」発/三十一日「メレヨン」假泊」
  87. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.75「四(天候略)(略)浜波〇四五四仮泊発〇七二三「トラツク」着|(略)浜波 波船団甲梯団護衛「トラツク」着陸兵四十五名退艦/藤波 白露戊二号輸送人員物件揚陸後「トラツク」ニ向ケ「カビエン」発」
  88. ^ 戦史叢書62巻571頁では「夕映丸」とするが、戦闘詳報では「松江丸」(第二水雷戦隊戦時日誌(昭和19年1月分)p.27「七日一〇三〇(4F長官)(宛略)4F機密第〇七一〇三〇番電 浜波ハ松江丸「ポナペ」迄護衛ノ上「トラツク」ニ帰投ノ事ニ定メラル』)
  89. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.76「七(天候略)(略)浜波〇五〇〇「トラツク」発|(略)浜波五〇七二船団護衛「ポナペ」ニ向ケ「トラツク」発」
  90. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.6「輸送護衛(中略)浜波(波船団甲梯団、五〇七二船団)」
  91. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.77「九(天候略)(略)浜波一四三〇「ポナペ」着|(略)浜波船団護衛「ポナペ」着直ニ反転「トラツク」ニ向フ」
  92. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.77「十(天候略)(略)浜波一六五三「トラツク」着|(略)浜波「トラツク」環礁外ニテ浮流機雷一個処分ス」
  93. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.18「(四)麾下艦船部隊ノ行動』(昭和19年1月)
  94. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.78「十二(天候略)(略)司令官 時雨 浜波巡視(以下略)」
  95. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.6「(2)中旬(中略)32dg(早波)島風春雨ハ「パラオ」方面船団護衛ニ從事中/浜波十一日 27dg(時雨春雨)十二日夫々YB警戒隊ニ復帰セリ/十七日YB電令作ニ依ル「パラオ」方面派遣駆逐艦二隻ヲ浜波島風ニ指定セラル」
  96. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.7「(3)下旬(中略)浜波島風中旬ニ引続キ「パラオ」方面ニテ護衛任務ニ從事中ノ所二十七日附浜波ノミニ指定セラル」
  97. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.7「輸送護衛(中略)玉波(瑞鳳、千代田、高雄) 浜波(第三小倉丸、第2共榮丸 佐多船団)」
  98. ^ a b c d 戦史叢書62巻付表五「中部太平洋方面主要航路における護衛(その二)」「トラック発パラオ行「7」船団」
  99. ^ #S1812二水戦日誌(3)pp.55-56「一九日一六一二(司令官)2KEg|一九三九 第三小倉丸 浜波 駆潜三〇(以下略)|二海護機密第一九一六一二番電 二海護信令作第一七六号  一.第三小倉丸指揮官ハ第七二〇一船団部隊(第三小倉丸、第二共榮丸 浜波、第三〇号駆潜艇)指揮官トシテ同船団ノ「トラツク」「パラオ」間運航(二〇日〇六〇〇発二六日一〇〇〇着ノ予定)指揮ニ任ズベシ/二.駆潜艇三〇ハ「パラオ」着後第三〇特根司令部ノ指示スル「トラツク」ニ向ケ最近船団ヲ護衛シ帰投スベシ|無電」
  100. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.81「二十(天候略)(略)浜波〇六三〇「トラツク」発|(略)浜波 第三小倉丸 第二共榮丸護衛「パラオ」ニ向ケ「トラツク」発」
  101. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.83「二十六(天候略)玉波一三三〇横須賀着/浜波一四一〇「パラオ」着|32dg(早波)横須船渠ニ入渠整備ニ從事ス/浜波第三小倉丸 第二共榮丸護衛「パラオ」着」
  102. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.18「三〇日〇五五五(司令官)2KEg(宛略)二海護機密第三〇〇五五五番電 浜波駆逐艦長ハ第三〇駆潜艇ヲ併セ指揮一月三一日(?)ヲ「トラツク」迄護衛スベシ|無電」
  103. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.84「三十(天候略)浜波一三三〇「パラオ」発/藤波一七一八洲本沖着二三〇〇同発|(略)浜波 佐多船団護衛ノ爲「パラオ」発」
  104. ^ a b 戦史叢書62巻594頁「聯合艦隊の決戦準備下令」
  105. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.84「三十一(天候略)浜波一八〇三「メレヨン」假泊(略)|(略)浜波 佐多船団護衛ノ爲「パラオ」発」
  106. ^ a b c d e f #S1812二水戦日誌(4)p.9「(3)32dg(早波玉波行動略)濱波 「メレヨン」ニ假泊中佐多船団ニ合同ノ爲一日発二日合同/七日「トラツク」着/十二日 佐多 日朗丸 神風丸ヲ護衛「トラツク」発/十四日雷撃ヲ受クルモ被害ナシ攻撃セルモ効果不明/十五日敵潜ラシキモノ探知脅威投射ヲ爲ス/十八日二二〇五佐多雷撃ヲ受ケ航行不能 二二〇六日朗丸雷撃ヲ受ケ轟沈 佐多ヲ警戒シツツ敵潜制圧ニ任ズ/十九日新玉丸ニテ佐多曳航/二十日「パラオ」着/二十五日 将旗ヲ一時濱波ニ移揚出撃セルモ味方ノ誤認ト判明歸投将旗ヲ復歸ス 爾後「パラオ」ニ在リテ待機」
  107. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.43「二(天候略)(略)浜波一六四〇佐多ニ合同護衛任務ヲ継グ」
  108. ^ 戦史叢書62巻付表五「中部太平洋方面主要航路における護衛(その二)」「パラオ発トラック行「8」船団」
  109. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.45「七(天候略)浜波一四五〇「トラツク」着|浜波佐多ヲ護衛「トラツク」着/24dg(満潮)一六五五捜索ヲ止メ帰途ニ就ク」
  110. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.46「十二(天候略)(略)浜波一二〇〇「トラツク」発|浜波、佐多 神風丸 日朗丸ヲ護衛「パラオ」ニ向ケPT発」
  111. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.6「輸送護衛(略)浜波(佐多 神風丸 日朗丸)」
  112. ^ #S19.02.15-02.22経過概要p.12「19-2|17|2002|海軍所属船日朗丸(6434t BTF)駆逐艦浜波及第三十號駆潜艇護衛ノ下ニ僚船五隻ト共ニ「トラツク」ヨリ「パラオ」ニ向ケ航行中「パラオ」ノ北東約120′ニテ敵(潜水艦)ノ攻撃ヲ受ク|太平洋|沈没」
  113. ^ a b 戦史叢書62巻578頁(2月17日被害項目)
  114. ^ a b #S1812二水戦日誌(4)p.5「(2)中旬 十四日将旗ヲ一時高雄ニ移揚十五日高雄32dg(早波)ヲ率ヰ横須賀発二十二日「パラオ」着 二十二日鳥海ニ将旗ヲ移揚/24dg(満潮)白露 玉波(途中分離呉ヘ)武藏ヲ護衛十五日横須賀着/濱波、佐多船団護衛中十七日夜雷撃ヲ受ケ日朗丸轟沈佐多航行不能十八日新玉丸佐多曳航ノ上「パラオ」ニ囘航ス(以下略)」
  115. ^ #S19.02.15-02.22経過概要p.12「19-2|17|2135|特務艦佐多「パラオ」北方海面ニ於テ敵(潜水艦)ノ攻撃ヲ受ク|太平洋 GF|機械室缶室浸水沈没ノ虞アリ 乗員ハ護衛艦浜波ニ救助中」
  116. ^ #S1812二水戦日誌(4)pp.47-48「十七(天候略)(略)二二〇五佐多雷撃(二本)ヲ受ケ航行不能/二二〇六日朗丸雷撃ヲ受ケ轟沈 浜波佐多警戒ニ任ズ」
  117. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.48「十九(天候略)(略)一六〇〇新玉丸佐多曳航ヲ始ム 浜波警戒中 二三一四敵潜発見脅威投射(七)ヲナス」
  118. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.48「二十(天候略)(略)浜波佐多ヲ警戒「パラオ」着(以下略)」
  119. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.15「(四)麾下艦船部隊ノ行動』(昭和19年2月)
  120. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.37「二五日一一三七秋津洲(宛略)秋津洲機密第二五一一三七番電 秋津洲、早波(二四日〇六二〇合同)「パラオ」着|無電」
  121. ^ #S1812二水戦日誌(4)pp.8-9「(3)32dg(早波)横須賀ニ於テ修理整備中五日出渠/十五日高雄ト共ニ横須賀発/二十日「パラオ」着/二十三日秋津洲護衛ノ爲「パラオ」発翌二十四日合同/二十五日「パラオ」着仝日敵KdB來襲ノ報ニ依リYB出撃ノ爲水道外掃蕩セルモ命ニ依リ歸投 爾後「パラオ」ニ在リテ待機」
  122. ^ a b c d e #S1812二水戦日誌(4)p.50「二十五(天候略)32dg(早波)一〇三五「パラオ」着/32dg(早波、浜波、藤波)一一二〇「パラオ」着 一三三〇「パラオ」着/島風一四〇〇「ダバオ」着|32dg(早波)秋津洲ヲ護衛「パラオ」着(略)一一二〇YB「ダバオ」回航ノ命ニ依リ将旗ヲ浜波ニ移揚、2sd(浜波)32dg(早波 藤波)出撃ノ途出撃取止メトナリ反転錨地ニ就ク|一〇四〇将旗ヲ浜波ニ移揚一五〇〇鳥海ニ復帰ス/〇八五〇「マララグ」ノ五八度三七浬ニ敵KdB発見ノ報ニ依リ一〇一五西「カロリン」方面第一警戒配備/YB「ダバオ」囘航ヲ令セラルモ右KdBハ味方空母ナルコト判明シ警戒配備竝ニYB「ダバオ」囘航取止メラル/27dg司令駆逐艦ヲ春雨ニ変更」
  123. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.35「二五日(2F長官)〇九四一艦隊|タナ一四 ペリリユー基地索敵機、空母ヲ含ム敵大部隊ヲ発見セリ|信号」
  124. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.36「二五日(2F長官)|一〇二五艦隊(30aBg)|タナ一八 4S 5S 32dg(早波浜波藤波)ハ本職之ヲ率ヰ「ダバオ」方面ニ囘航ス/明石、神風丸、27dg(春雨時雨)ハ先任指揮官之ヲ率ヰ「ダバオ」「マララグ」湾ニ囘航セヨ|信号」
  125. ^ a b 秋月型(2015潮書房)225頁「早波(はやなみ)」
  126. ^ 昭和19年4月15日(発令4月15日付)海軍辞令公報(部内限)第1426号 p.34』 アジア歴史資料センター Ref.C13072097300 
  127. ^ 昭和18年1月16日(発令1月15日付)海軍辞令公報(部内限)第1032号 p.24折田照月艦長免職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089100 
  128. ^ 昭和19年5月8日(発令5月8日付)海軍辞令公報(部内限)第1466号 p.23近藤新一(免長良艦長)、p.24中原(補長良艦長)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072098100 
  129. ^ 昭和20年11月14日発令昭和19年8月7日付)海軍辞令公報(甲)第1982号 p.1中原(補中将)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072143500 
  130. ^ 海軍少将福村利明外三名叙位の件 p.4』 アジア歴史資料センター Ref.A12090765800 
  131. ^ 戦史叢書(12)393-394頁「駆逐艦問題」
  132. ^ 日本水雷戦史446-447頁「タウイタウイでの出血」
  133. ^ 昭和20年1月2日(発令昭和19年6月7日付)海軍辞令公報(甲)第1683号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072102800 
  134. ^ 海軍少将折田常雄外九名叙位の件 p.3』 アジア歴史資料センター Ref.A12090526900 
  135. ^ 昭和19年10月28日(発令6月7日付)海軍辞令公報(甲)第1630号 p.18』 アジア歴史資料センター Ref.C13072101700 
  136. ^ a b 大正11年6月2日(金)官報第2949号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ14大島一太郎補少尉候補生《58中段》、青木久治補少尉候補生《59中段》
  137. ^ a b 昭和19年6月21日(発令6月15日付)海軍辞令公報甲(部内限)第1517号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072099600 
  138. ^ 大正13年7月25日(金)官報第3577号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ8松崎辰治・千本木十三四(補少尉候補生)《406》上段、
  139. ^ #戦藻録(1968)353頁「六月十九日 月曜日 晴 雲あり時に少スコール」
  140. ^ サイパン・レイテ海戦記 2004, p. 57日本機動部隊陣型(6月19日朝)
  141. ^ 重巡洋艦戦記162-164頁「洋上決戦の好機」
  142. ^ 重巡摩耶 2002, pp. 217-219.
  143. ^ サイパン・レイテ海戦記 2004, p. 67.
  144. ^ 戦史叢書6巻481-484頁「「あ」号作戦の失敗」
  145. ^ 木俣『日本戦艦戦史』401ページ
  146. ^ #戦藻録(1968)360-361頁「六月廿二日 木曜日 雨後曇」
  147. ^ 戦史叢書12巻588-590頁「六月二十一日以後の状況」
  148. ^ 木俣『日本戦艦戦史』402ページ
  149. ^ 戦史叢書37巻374-375頁「内海西部帰投」
  150. ^ a b 戦史叢書37巻386-387頁「第三十二駆逐隊」
  151. ^ a b 日本軽巡戦史409-411頁「空母と共に(八月)」
  152. ^ 秋月型(2015潮書房)224頁「玉波(たまなみ)」
  153. ^ 昭和19年11月6日(発令7月7日付)海軍辞令公報(甲)第1638号 p.33青木(戦死昇進)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072101800 
  154. ^ 昭和19年12月24日(発令7月7日付)海軍辞令公報(甲)第1660号 p.45(千本木戦死昇進)』 アジア歴史資料センター Ref.C13072102100 
  155. ^ a b #内令昭和19年9月(2)p.23〔内令第一〇五六號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年九月十日海軍大臣|第十八驅逐隊ノ項中「薄雲、」ヲ削ル|第三十二驅逐隊ノ項中「玉波、」ヲ削ル〕
  156. ^ a b 戦史叢書37巻382-383頁「遊撃部隊主隊」
  157. ^ a b 戦史叢書37巻383-384頁「呉から中城湾までの行動」
  158. ^ a b 戦史叢書37巻384-386頁「中城湾以後の甲部隊の行動」
  159. ^ a b 戦史叢書37巻386頁「乙部隊の行動」
  160. ^ 第五艦隊(司令長官志摩清英中将)を基幹とする第二遊撃部隊が編成され、従来の遊撃部隊は「第一遊撃部隊」に改称した。
  161. ^ 戦史叢書37巻390-391頁「第一遊撃部隊の編制」
  162. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, pp. 90a-91五月雨(さみだれ)
  163. ^ 秋月型(2015潮書房)265-267頁(大熊少佐、五月雨駆逐艦長談)
  164. ^ #内令(秘)昭和19年10月(2)pp.35-36〔内令第一一六二號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十九年十月十日海軍大臣|第十九驅逐隊ノ項ヲ削ル|第二十七驅逐隊ノ項ヲ削ル|第三十驅逐隊ノ項中「、夕凪」ヲ削ル|第四十三驅逐隊ノ項中「松、」ヲ削リ「槇」ノ下ニ「、桐」ヲ加フ〕
  165. ^ 昭和19年8月28日(発令8月25日付)海軍辞令公報(甲)第1577号 p.6』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100700 
  166. ^ a b c d #佐藤、艦長(文庫)214-217頁「レイテへの出撃」
  167. ^ 戦史叢書81巻327-328頁「陸海軍両総長の上奏」
  168. ^ #戦藻録(1968)410-411頁「十月十八日 水曜日 晴後曇 捷一号作戦發動」
  169. ^ マッキンタイヤー、レイテ 1971, pp. 40-43日本海軍とくいの夜戦
  170. ^ #戦藻録(1968)412-413頁「十月廿日 金曜日 曇」
  171. ^ 戦史叢書56巻67-68頁「補給部隊の入港」
  172. ^ サイパン・レイテ海戦記 2004, pp. 138-141V ブルネイを出撃
  173. ^ #戦藻録(1968)415-416頁「十月廿二日 日曜日 午前曇スコール午後晴」
  174. ^ 戦史叢書56巻71頁「出撃部隊の陣容」
  175. ^ サイパン・レイテ海戦記 2004, pp. 134-135.
  176. ^ 戦史叢書81巻392-393頁「フィリピン沖海戦/十月二十三日」
  177. ^ 戦史叢書56巻152-154頁「付記 米潜水艦の戦闘状況」
  178. ^ 戦史叢書56巻140-141頁「暁の被雷撃―第四戦隊、一挙に戦力を喪失」
  179. ^ 重巡摩耶 2002, pp. 247-250葬送
  180. ^ 戦史叢書56巻143頁「挿図第八、「愛宕」被雷時の隊形」
  181. ^ サイパン・レイテ海戦記 2004, pp. 142-144,1501.パラワン島沖での旗艦沈没
  182. ^ #高雄対潜戦闘p.6「0832大和→朝霜/朝霜ハ高雄ノ護衛ヲ続行スベシ|朝霜愛宕乗員ノ救助ヲ終リ本艦ノ警戒ニ就ク」-「0849大和→長波・朝霜/長波朝霜ハ今ヨリ高雄艦長ノ指揮ヲ受ケ護衛ニ任ゼヨ」
  183. ^ マッキンタイヤー、レイテ 1971, pp. 52-55米二潜艦、栗田艦隊を襲撃
  184. ^ 重巡洋艦戦記268-271頁「運命のパラワン島沖」
  185. ^ 戦史叢書56巻146-147頁「混乱からの事態収拾」
  186. ^ 重巡洋艦戦記24-25頁「▽パラワン沖の悲劇」
  187. ^ マッキンタイヤー、レイテ 1971, pp. 60-61先制攻撃うけ栗田艦隊混乱
  188. ^ #捷号第一戦隊日誌p.88「(イ)二十三日黎明第二艦隊旗艦(愛宕)被雷沈没スルヤ旗艦ヲ大和ニ移サレ爾後司令長官ハ大和ニ於テ第一遊撃部隊ヲ指揮セラレタルガ同艦ガ熾烈ナル對空戰斗及菲島沖海戰ヲ通ジ克ク旗艦ノ任務ヲ完ウシ得タルハ一ニ同艦ノ指揮適切ニシテ最後マデ其ノ戰力ヲ保持シ得タルニ依ルモノト認ム」
  189. ^ 戦史叢書81巻393-394頁「フィリピン沖海戦/十月二十四日」
  190. ^ #捷号第一戦隊日誌p.88「(ロ)武藏ハ不幸沈没スルニ到リタルモ同艦ノ輪形陣占位々置ハ外圏上ニアリ敵機ノ好目標トナリ攻撃ヲ概ネ之ニ引受ケ他艦ニ代リ沈没セリト見ルベク第一遊撃部隊戰果ノ裏ニ同艦ノ犠牲アルヲ忘ルベカラズ」
  191. ^ マッキンタイヤー、レイテ 1971, pp. 84-85巨砲もむなし
  192. ^ サイパン・レイテ海戦記 2004, p. 166.
  193. ^ #戦藻録(1968)418-419頁「十月廿四日 火曜日 晴 決戰第一日」
  194. ^ 戦史叢書81巻395-396頁「フィリピン沖海戦/十月二十五日」
  195. ^ #佐藤、艦長(文庫)453-455頁「レイテ沖海戦の不覚」
  196. ^ 戦史叢書56巻297頁「挿図第二十八 Y12索敵配備」
  197. ^ 軽巡二十五隻227-229頁「ひきとめられた水雷戦隊」
  198. ^ 戦史叢書56巻337-338頁「二水戦の突撃、巡洋艦を撃沈す」
  199. ^ サイパン・レイテ海戦記 2004, p. 389.
  200. ^ 戦史叢書56巻468-469頁「「能代」の落伍」
  201. ^ マッキンタイヤー、レイテ 1971, pp. 184-185.
  202. ^ 軽巡二十五隻336-337頁「能代(のしろ)」
  203. ^ a b c 日本水雷戦史529-530頁「能代、沈没(十月二十六日)」
  204. ^ マッキンタイヤー、レイテ 1971, p. 186.
  205. ^ 戦史叢書56巻354-355頁「落伍艦の処置」
  206. ^ サイパン・レイテ海戦記 2004, p. 394.
  207. ^ a b c 戦史叢書56巻477-479頁「南シナ海へ出る」
  208. ^ サイパン・レイテ海戦記 2004, p. 391.
  209. ^ 戦史叢書56巻480-481頁「主隊のブルネイ入泊」
  210. ^ #戦藻録(1968)430頁「十月三十日 月曜日半晴雲高し」
  211. ^ 戦史叢書56巻521頁「二水戦のマニラ進出」
  212. ^ 秋月型(2015潮書房)207-208頁
  213. ^ a b c d e #佐藤、艦長(文庫)217-221頁「無謀なる輸送作戦のはてに」
  214. ^ 戦史叢書56巻521-523頁「米機動部隊のルソン襲来」
  215. ^ #S士官の手記pp.22-23『5/11 多號作戰待機中ノ1sd 2sdノ主力「マニラ」港内ニ集結船團モ多數碇泊セルモ敵機ハ主目標ヲ「ニコラス」飛行場及防波堤外ノ艦船ニ向ケ防波堤内ノ艦船ニハ攻撃ヲ殆ド加ヘズ堤外ニテ之ノ敵ヲ砲撃セシモノ那智、沖波他ニ驅潜艇一商船一、〇七三〇頃六〇機來襲、一〇〇〇百機來襲、一二〇〇 四〇機、一四三〇 八〇機來襲此ノ日ノ戰闘ハ快晴ナレドモ雲低ク敵機ハ之ヲ利用シ急降下ス、激烈ヲ極メシ戰闘ヲ續ケ沖波機銃員ノ被害漸大、被爆ノ爲電灯消ユ、機械一時停止主砲人力等最後ノ空襲ニ依リ艦長重傷一六〇〇那智救助ニ向ヒ間モナク來着セル病院船ト協力、全部救助、沖波戰死十籔名、重輕傷多數、艦長入院、翌日ノ被攻撃ヲ避ケ出港、戰果撃墜二機』
  216. ^ 戦史叢書81巻427頁「レイテ突入部隊の出発遅延」
  217. ^ a b 戦史叢書81巻435頁「レイテ突入輸送被害甚大」
  218. ^ 『多号作戦戦闘詳報第二号』pp.9
  219. ^ 秋月型(2015潮書房)233-234頁「島風に賭けられた多号作戦の成否」
  220. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, pp. 163-165オルモック湾の死闘
  221. ^ 秋月型(2015潮書房)210-212頁「運命の第三次多号作戦発令」
  222. ^ 地獄のレイテ輸送作戦 2010, pp. 26-27多号作戦(昭和19年マニラよりレイテ島に対する輸送作戦)の経過概要
  223. ^ a b c 戦史叢書56巻536-537頁「「長波」等の合同」
  224. ^ 地獄のレイテ輸送作戦 2010, p. 44.
  225. ^ 駆逐艦物語233-235頁「集中攻撃を受ける朝霜」
  226. ^ 戦史叢書56巻537-538頁「米魚雷艇と交戦す」
  227. ^ 秋月型(2015潮書房)234-237頁「苦しい作戦をむりやり強行」
  228. ^ a b 日本水雷戦史558-560頁「米空母機の大空襲」
  229. ^ a b 戦史叢書56巻540-541頁「米軍の作戦概況」
  230. ^ a b 戦史叢書56巻539-540頁「参考 大島一太郎大佐の回想」
  231. ^ 秋月型(2015潮書房)212-215頁「修羅場にひびく絶叫の声」
  232. ^ 田村, 164ページ
  233. ^ 秋月型(2015潮書房)215-216頁「最後の万歳」
  234. ^ a b 秋月型(2015潮書房)216-219頁「乗艦との永遠の別れ」
  235. ^ 駆逐艦物語235-236頁「生存者を救助してマニラへ」
  236. ^ 海軍水雷戦隊272-274頁「残るは瀕死の島風一艦のみ」
  237. ^ 秋月型(2015潮書房)237-238頁「ついに快速艦も姿をけす」
  238. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, pp. 93-94長波(ながなみ)
  239. ^ 地獄のレイテ輸送作戦 2010, pp. 45-46.
  240. ^ 橋本, 265ページ
  241. ^ 橋本, 266ページ
  242. ^ a b 橋本, 267ページ
  243. ^ #10月18日以降増援兵力p.2「地区:マニラ|所轄:濱波|進出期日(編制期日)一九四四.一一.一一|員数一五三」
  244. ^ a b #内令昭和19年11月(3)pp.4-5〔内令第一二七一號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年十一月十五日海軍大臣|第二驅逐隊ノ項中「清霜」ノ下ニ「朝霜」ヲ加フ|第七驅逐隊ノ項中「潮」ノ下ニ「、霞」ヲ加フ|第十八驅逐隊ノ項ヲ削ル|第二十一驅逐隊ノ項中「初春、初霜、若葉」ヲ「初春、初霜、時雨」ニ改ム|第三十一驅逐隊ノ項中「長波、朝霜、岸波、沖波」ヲ「長波、岸波、沖波、濱波」ニ改ム|第三十二驅逐隊ノ項ヲ削ル|第四十一驅逐隊ノ項中「冬月」ノ下ニ「、涼月、若月」ヲ加フ|第四十三驅逐隊ノ項ノニ左ノ一項ヲ加フ||第五十二驅逐隊 桑、檜、桐、杉、樫||第六十一驅逐隊ノ項ヲ削ル〕
  245. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 94f岸波(きしなみ)
  246. ^ 歴群19、水雷戦隊II 1998, p. 94g沖波(おきなみ)
  247. ^ a b 昭和19年11月29日(発令11月22日付)海軍辞令公報(甲)第1655号 p.53本倉免職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072102000 
  248. ^ #秘公報昭和20年1月(2)p.2〔内令第一六號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和二十年一月十日 海軍大臣|軍艦、巡洋艦二等ノ部中「八十島」ヲ、同航空母艦大鷹型ノ項中「神鷹、」、同敷設艦ノ部中「、厳島」ヲ削ル 驅逐艦、一等峯風型ノ項中「、秋風」ヲ、同「卯月型 卯月、夕月」ヲ、初雪型ノ項中「曙、」ヲ、同初春型ノ項中「初春、」ヲ、同満潮型ノ項中「満潮、朝雲、山雲、」ヲ、同不知火型ノ項中「、浦風」「、野分」ヲ、同夕雲型ノ項中「長波、濱波、沖波、岸波」「、早霜、秋霜」ヲ、同秋月型ノ項中「、若月、霜月」ヲ、同「島風」ヲ削ル(以下略)〕
  249. ^ #秘公報昭和20年1月(2)pp.8-10「内令第二九號|横須賀鎮守府在籍 軍艦 厳島|呉鎮守府在籍 軍艦 八十島|舞鶴鎮守府在籍 軍艦 神鷹|右帝國軍艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 曙、驅逐艦 満潮、驅逐艦 朝雲、驅逐艦 山雲、驅逐艦 野分、驅逐艦 早霜、驅逐艦 秋霜、驅逐艦 若月、驅逐艦 霜月|呉鎮守府在籍 驅逐艦 浦風、驅逐艦 島風|佐世保鎮守府在籍 驅逐艦 秋風、驅逐艦 卯月、驅逐艦 夕月、驅逐艦 初春|舞鶴鎮守府在籍 驅逐艦 長波、驅逐艦 濱波、驅逐艦 沖波、驅逐艦 岸波|右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル(以下略)昭和二十年一月十日海軍大臣」
  250. ^ #秘公報昭和20年1月(2)p.7〔昭和二十年一月十日海軍大臣|第二驅逐隊ノ項中「早霜、秋霜」ヲ削ル|第四驅逐隊ノ項ヲ削ル|第七驅逐隊ノ項中「曙、」ヲ削ル|第十七驅逐隊ノ項中「浦風、」ヲ削ル|第二十一驅逐隊ノ項中「初春、」ヲ削ル|第三十驅逐隊及第三十一驅逐隊ノ各項ヲ削ル|第四十一驅逐隊ノ項中「霜月、」及「、若月」ヲ削ル〕

関連項目編集