メインメニューを開く

浜田 倫三(はまだ りんぞう、1914年大正3年) - 2005年平成17年))は、日本の政治家。元高浜町[2]。関西電力(関電)子会社の環境総合テクノス顧問[2]森山栄治助役と共に高浜原子力発電所誘致に尽力した。

浜田 倫三[1]
生年月日 1914年[1]
出生地 大日本帝国の旗 大日本帝国 福井県大飯郡高浜町三明
没年月日 2005年2月9日
称号 高浜町名誉町民(第1号、1984年)[1]
勲四等瑞宝章(1985年)[1]

当選回数 5
在任期間 1962年10月10日 - 1982年10月9日

Flag of Takahama Fukui.JPG 高浜町議会議員
テンプレートを表示

来歴編集

1914年、福井県大飯郡高浜町三明生まれ。呉服商や町議を経て1962年から5期20年、高浜町長を務めた[2]1974年から1975年、運転を始めた高浜原発1、2号機の誘致に尽力[2]1982年町長を退任[2]1983年から亡くなる2005年まで関西電力の子会社・関西総合環境センター(現環境総合テクノス)の顧問を務めた[2]

町長在任中の1976年-1977年、町民や町議会に報告のないまま、関電からの協力金9億円を浜田個人名の普通預金口座に受け入れ、うち3億3000万円が町内の5つの漁業協同組合に配分された[3]。この件について、2度にわたる住民監査請求と、浜田に対する損害賠償請求訴訟とが相次いでなされたが、いずれも認められなかった[3]

脚注編集

外部リンク編集