メインメニューを開く

浜田浦駅

日本の北海道勇払郡むかわ町にある北海道旅客鉄道の駅

浜田浦駅(はまたうらえき)は、北海道胆振総合振興局勇払郡むかわ町田浦にある北海道旅客鉄道(JR北海道)日高本線である。電報略号ハウ

浜田浦駅
浜田浦駅全体.jpg
駅全景(2005年4月)
はまたうら
Hama-Taura
浜厚真 (4.3km)
(3.5km) 鵡川
所在地 北海道勇払郡むかわ町田浦
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 日高本線
キロ程 27.0km(苫小牧起点)
電報略号 ハウ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1959年昭和34年)12月18日
備考 無人駅
テンプレートを表示

一部の普通列車は当駅を通過する。

歴史編集

 
1975年の浜田浦駅と周囲約1km範囲。右が静内方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅名の由来編集

当駅の所在する地名に「浜」を冠する。田浦地区の海岸寄りにあるため「浜」を冠した[1]

駅構造編集

単式ホーム1面1線を有する地上駅。ホームは線路の南西側(様似方面に向かって右手側)に存在する。転轍機を持たない棒線駅となっている[2]

開業時からの無人駅静内駅管理)[3]で駅舎は無いが、ホームから少し離れた位置にコンクリートブロック造りの小さな待合所を有する[4]

利用状況編集

1日乗降人員は以下のとおりである。

年度 乗降人員
(単位:人)
出典
1981年(昭和56年) 4 [5]
1992年(平成04年) 6 [2]

また、JR北海道によると、特定の平日の調査日における乗車人員平均は以下のとおりである。

調査対象の5年間 5年間の各調査日における
平均乗車人員
(単位:人)
備考 出典
2012年(平成24年)- 2016年(平成28年) 1.2   [6]
2013年(平成25年)- 2017年(平成29年) 1.6   [7]
2014年(平成26年)- 2018年(平成30年) 2.4 北海道胆振東部地震の影響により、8月末に実施された臨時調査の結果のものが公表されている。 [8]

駅周辺編集

隣の駅編集

北海道旅客鉄道(JR北海道)
日高本線(一部列車は当駅通過)
浜厚真駅 - 浜田浦駅 - 鵡川駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 書籍『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』(監修:太田幸夫、富士コンテム、2004年2月発行)100ページより。
  2. ^ a b 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)100ページより。
  3. ^ 書籍『無人駅探訪』(監修:西崎さいき、文芸社2011年6月発行)150ページより。
  4. ^ 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)343ページより。
  5. ^ 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)100ページより。
  6. ^ 駅別乗車人員(2016), (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために) (北海道旅客鉄道株式会社): p. 10, (2017年12月8日), オリジナルの2018年8月17日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180817124109/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/region/pdf/koumoku/03.pdf 2018年8月17日閲覧。 
  7. ^ 日高線(苫小牧・鵡川間), (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために) (北海道旅客鉄道株式会社): p. 3, (2018年7月2日), オリジナルの2018年8月17日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180817123514/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/region/pdf/senku/09.pdf 2018年8月17日閲覧。 
  8. ^ 日高線(苫小牧・鵡川間) (PDF)”. 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2019年10月18日). 2019年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集