メインメニューを開く

浜田 雄史(はまだ ゆうじ、1931年11月25日 - 2011年11月14日)は日本俳優。本名は奥村俊雄。鳥プロに所属していた。姉は松竹の女優、牧千草

来歴編集

京都に生まれる。同志社大学の出身[1]。進藤健二の紹介で大映京都の助監督の試験を受けるが、1954年(昭和29年)俳優として入社[2]。芸名は父親の名前(浜吉)から取ったという[2]

1954年(昭和29年)『花の白虎隊』でデビュー(ノンクレジット)。同作では主演の市川雷蔵を始め、勝新太郎花柳武始などの新人俳優が同時デビューしている(勝の本名は「奥村利夫」で、奇しくも浜田の本名と読みが同じ)。

デビュー以後、時代劇を中心に脇役として出演。市川雷蔵との共演作が比較的多いが、雷蔵の吹き替えも多く務めた[2]。『第三の影武者』(1963年)では雷蔵演じる城主の“第二の影武者”役が浜田本来の役だが、更に雷蔵が一人二役で演じる“第三の影武者”の吹き替えをも担当している。すなわち城主(雷蔵)と第三の影武者(雷蔵)が同時に写るシーンにおいて、片方の役は全て浜田が担っており、浜田は後にこの役を振り返って「二人とも同じような顔立ちだから、同じ付け眉毛をしたら誰も分からへんかった」と明かしている[2]。「市川雷蔵を偲ぶ会」の取材で雷蔵の人となりを問われた際には、「真面目で、おとぼけさん。タイプがよく似ている。だから黙っていても考えていることが分かるぐらい」と述懐[3]

市川雷蔵の遺作『博徒一代 血祭り不動』(1969年)や、大映京都の最後の作品『蜘蛛の湯女』(1971年)にも出演。大映倒産後はテレビに活動の場を移し、数多くの時代劇にゲスト出演した[4]

脇役専門であった大映時代については、「あの時分に実力を持っていたらね、ちゃんとした監督さんやら、もっと可愛がってくれはったんやけど。今、やっぱり悔やみますね」と語っている[2]

2011年(平成23年)11月14日午後8時43分、前立腺がんにより京都の自宅で死去[5]。最後に出演した映画は、2004年(平成16年)の『跋扈妖怪伝 牙吉』。

出演編集

映画編集

  • 花の白虎隊(1954年 大映)- 隊士
  • 赤穂義士(1954年 大映)- 大石主税
  • 運ちゃん物語(1956年 大映)- アベックの青年
  • 二十九人の喧嘩状(1957年 大映)- 小政
  • 森の石松(1957年 大映)- 小政
  • 炎上(1958年 大映)- 士官候補生
  • 弁天小僧(1958年 大映)- 捕り方
  • 蛇姫様(1959年 大映)- 佐伯彦次郎
  • 講道館に陽は上る(1959年 大映)- 相模八郎
  • 薄桜記(1959年 大映)- 壱岐練太郎
  • 怪談累が淵(1960年 大映)- 駕籠屋
  • 悪名(1961年 大映)- 土生の男
  • 花の兄弟(1961年 大映)- まむしの伝次
  • 破戒(1962年 大映)- 同僚の教師
  • 斬る(1962年 大映)- 池辺義十郎
  • 新選組始末記(1963年 大映)- 森平八
  • 第三の影武者(1963年 大映)- 石原庄作
  • 続・忍びの者(1963年 大映)- 勘助
  • 眠狂四郎勝負(1964年 大映)- 赤座軍兵ヱ
  • 眠狂四郎女妖剣(1964年 大映)- 下曽我典馬
  • 新鞍馬天狗(1965年 大映)- 沖田総司
  • 剣鬼(1965年 大映)- 平田万之助
  • 密告者(1965年 大映)- 小島一郎検事
  • 悪名桜(1966年 大映)- 新聞記者
  • 大魔神怒る(1966年 大映)- 百姓
  • 大魔神逆襲(1966年 大映)- 小六
  • ある殺し屋(1967年 大映)- 巡査
  • ひとり狼(1968年 大映)
  • 講道館破門状(1968年 大映)- 寺井
  • 座頭市喧嘩太鼓(1968年 大映)- 村木兵馬
  • 博徒一代 血祭り不動(1969年 大映)- 天野 昭
  • 女左膳 濡れ燕片手斬り(1969年 大映)- 岩下甚内
  • 玄海遊侠伝 破れかぶれ(1970年 大映)- ダルマの兼
  • 若き日の講道館(1971年 大映)- 和久半三
  • 蜘蛛の湯女(1971年 大映)- 忠兵衛
  • 新座頭市物語 笠間の血祭り(1973年 勝プロ/東宝)- 政吉
  • 御用牙 鬼の半蔵やわ肌小判(1974年 勝プロ/東宝)- 鳥居源太
  • 跋扈妖怪伝 牙吉(2004年 牙吉製作委員会/ジーピー・ミュージアム)- 盲目の老人

テレビドラマ編集

  • 必殺シリーズ(ABC / 松竹)
    • 必殺仕事人 第75話「訴え技火だるま身替り消し」(1980年) - 同心青山
    • 新・必殺仕事人
      • 第6話「主水喧嘩の仲裁する」(1981年) - 同心佐々木
      • 第30話「主水御用納めする」(1981年) - 和田
      • 第49話「主水三味線にビクビクする」(1982年) - 同心

脚注編集

  1. ^ 日本タレント名鑑 2008』VIPタイムズ社、2008年、P304
  2. ^ a b c d e 石川よし子(編)『わたしの雷蔵』国書刊行会、2008年、P82、P87、P96
  3. ^ 朗雷会会誌『らいぞう』20号
  4. ^ テレビドラマデータベース http://www.tvdrama-db.com/simple_result.htm?key=浜田雄史
  5. ^ 京都新聞(夕刊)2011年12月3日、9面


外部リンク編集