浜由樹子

日本の政治学者

浜 由樹子(はま ゆきこ)は、日本の政治学者国際政治学国際関係史ロシア地域研究)。学位は博士(国際関係学)津田塾大学2009年)。静岡県立大学大学院国際関係学研究科准教授・国際関係学部准教授。の「浜」は「濱」の新字体であり、博士論文等では旧字体濱 由樹子(はま ゆきこ)と表記しているが[1][2]、静岡県立大学の公式ウェブサイト等では新字体で表記している[3]

はま ゆきこ
浜 由樹子
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 政治学
研究機関 津田塾大学
一橋大学
静岡県立大学
出身校 上智大学外国語学部卒業
津田塾大学大学院
国際関係学研究科
修士課程修了
津田塾大学大学院
国際関係学研究科
後期博士課程単位取得満期退学
主な業績 ロシアのユーラシア・
アイデンティティの研究
新興国における
地政学の「復活」現象の研究
主な受賞歴 ロシア・東欧学会
研究奨励賞(2010年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

津田塾大学学芸学部助教、津田塾大学国際関係研究所研究員、一橋大学経済研究所研究機関研究員などを歴任した。

来歴編集

生い立ち編集

上智学院設置・運営する上智大学に進学し[4]外国語学部のロシア語学科にて学んだ[4]1998年3月、上智大学を卒業した[4]。さらに、同名の学校法人により設置・運営される津田塾大学の大学院に進学し[4]国際関係学研究科にて学んだ[4]2000年3月、津田塾大学の大学院における修士課程を修了した[4]。それに伴い、修士(国際関係学)の学位を取得した。2004年3月には、津田塾大学の大学院における後期博士課程を単位取得満期退学した[4]。なお、後年になって「ユーラシア主義の起源――N. S. トルベツコイとP. N. サヴィツキーの思想を中心に」[1]と題した博士論文を執筆し、津田塾大学より博士(国際関係学)の学位が授与された[1][5][6]

政治学者として編集

大学院を単位取得満期退学してからは、2004年4月に母校である津田塾大学に採用され[7]学芸学部の助教に就任した[7]。学芸学部においては、主として国際関係学科の講義に携わった[7]。2006年4月には、津田塾大学の国際関係研究所において研究員に就任した[7]。また、2009年9月より、アメリカ合衆国ハーバード大学にて、デービスロシア・ユーラシア研究センターの客員研究員を兼任することとなった[7]。2018年4月、同名の国立大学法人により設置・運営される一橋大学に採用され[7]経済研究所にて研究機関研究員に就任した[7]。2019年4月、県と同名の公立大学法人により設置・運営される静岡県立大学に転じ[7]、大学院の国際関係学研究科にて准教授に就任した[3]。国際関係学研究科においては、主として国際関係学専攻の講義を担当した。なお、大学院の准教授が本務であるが[3]国際関係学部においても准教授を兼務した[3]。国際関係学部においては、主として国際関係学科の講義を担当した[3][8]

研究編集

専門は政治学であり、国際政治学、国際関係史、ロシア地域研究といった国際関係論地域研究に関する分野の研究に従事していた[9]。具体的には、ロシア連邦におけるユーラシア主義について研究していた[10]。博士号を取得することになった論文も、ニコライ・トルベツコイやペトル・サヴィツキーの思想とユーラシア主義について論じたものである[1]。また、新興国における地政学の復権に着目し、それらに関する研究にも従事した[10]。また、文化冷戦論に関する研究にも取り組んだ[10]

これまでの業績のうち、『ロシア・東欧研究』誌上にて発表した「『ユーラシア』概念の再考」[11]と題する論文は高く評価されており[12]、2010年にロシア・東欧学会より研究奨励賞が授与された[12][13]

学術団体としては、ロシア・東欧学会[14]日本国際政治学会[14]、ロシア史研究会[14]、などに所属していた。

略歴編集

賞歴編集

  • 2010年 - ロシア・東欧学会研究奨励賞[12]

著作編集

単著編集

  • 浜由樹子著『ユーラシア主義とは何か』成文社、2010年。ISBN 978-4-915730-78-8
  • 浜由樹子著『トゥラン主義とその時代――汎イズム比較研究のための予備的考察』津田塾大学国際関係研究所、2011年。
  • 浜由樹子著『米ソ映画にみる「文化冷戦」――立体的冷戦史理解と「和解」のための問題提起として』津田塾大学国際関係研究所、2017年。

寄稿、分担執筆、等編集

翻訳編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 「書誌事項」『CiNii 博士論文 - ユーラシア主義の起源 : N.S.トルベツコイとP.N.サヴィツキーの思想を中心に国立情報学研究所
  2. ^ 田畑稿「人物往来」『スラブ研究センターニュース 季刊 2004 年秋号 No.99北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター2004年10月。
  3. ^ a b c d e 「教員情報詳細」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学。
  4. ^ a b c d e f g h i j 「学歴」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学。
  5. ^ 学位授与番号乙第14号。
  6. ^ 「学位」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m 「主な経歴」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学。
  8. ^ 「国際関係学科」『教員紹介|学科紹介|静岡県立大学 国際関係学部 大学院国際関係学研究科静岡県立大学国際関係学部・大学院国際関係学研究科
  9. ^ 「専門分野」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学。
  10. ^ a b c 「主要研究テーマ」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学。
  11. ^ 浜由樹子稿「『ユーラシア』概念の再考」『ロシア・東欧研究』2008年37号、ロシア・東欧学会、2008年、17-31頁。
  12. ^ a b c 「研究奨励賞第1号浜由樹子会員が受賞」『ロシア・東欧学会ニューズレター』22号、兵頭慎治、2011年2月、2頁。
  13. ^ 「受賞歴」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学。
  14. ^ a b c 「所属学会」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学』静岡県立大学。

関連人物編集

関連項目編集

外部リンク編集