メインメニューを開く
浜野昇

浜野 昇(はまの のぼる、1854年12月17日安政元年10月28日[1]) - 1920年大正9年)2月11日)は、日本医師政治家

来歴・人物編集

千葉県出身。成徳書院(現在の千葉県立佐倉高等学校)、順天堂を経て、東京医学校(現在の東京大学医学部。卒業生25名のうちの1人)を卒業。1877年には陸軍軍医として西南戦争に従軍。1883年には招かれて鹿児島県立医学校(現在の鹿児島大学医学部)の校長に就任する。

1890年第1回衆議院議員総選挙自由党系として立候補し1位当選、全国300人の議員の中で唯一の医学士の衆議院議員となった(医師としても初めて議員になった人物)。衆議院議員として第一期帝国議会コッホ肺病療法結核予防法の前身)を通過させ、北里柴三郎と共に日本医師会および結核予防会の設立に貢献。また千葉県医師会創立に際し会頭に挙げられ在職二十余年。千葉県会議員、その他、各種衛生委員も歴任した。

養子に台湾総督府の技師として台湾の上下水道インフラ整備に従事した浜野弥四郎がいる[2][3]

脚注編集

  1. ^ 衆議院『第十八回帝国議会衆議院議員名簿』(第十八回帝国議会衆議院公報第一号附録)〔1903年〕、8頁。
  2. ^ 台湾台南市山上区長が来訪 2013年9月27日,佐倉市役所企画政策部広報課
  3. ^ (繁体字中国語)吳世紀 (2017-11). 自來水會刊第 36 卷第 4 期 臺灣現代化自來水建設之開拓者 都市的醫師-濱野彌四郎. 中華民國自來水協會(CTWWA). p. 77. http://www.ctwwa.org.tw/ctwwa_fn05/ctwwa_page0503_1.aspx?Key=2017 2018年9月2日閲覧。.