メインメニューを開く

浜野 裕司(はまの ひろし、 - 月日)は、昭和期の化学者である[1]。専門は応用化学、光化学。

はまの ひろし
浜野 裕司
人物情報
生誕
死没 月日
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学
学問
テンプレートを表示

経歴編集

  • 東京大学工学部大学院にて菊池真一研究室[2]、神奈川大学教授を経て1971年2月1日~1971年12月12日神奈川大学学長代行、1979年4月東京工芸大学工学部写真工学科教授[3]2001年1月26日東京工芸大学最終講義。

受賞編集

著作・論文・文献編集

  • ハロゲン化銀懸濁系のPhotovoltaic Effectの研究およびその応用1961-03-20学位論文工学博士
  • 現像による感光ハロゲン化銀粒子と未感光粒子の識別機構について東京工芸大学工学部浜野 裕司部菊池 真一

脚注編集