メインメニューを開く

浦安市運動公園陸上競技場(うらやすしうんどうこうえん りくじょうきょうぎじょう)は、千葉県浦安市にある、日本陸上競技連盟第4種公認の陸上競技場球技場である。指定管理者公益財団法人浦安市施設利用振興公社。

同競技場は2009年から工事を着工したが、2011年東日本大震災による影響で一時工事を中断、被害状況の確認・調査を行った後、2013年に工事を再開、2015年4月に約6年にわたる工事を終え竣工した。[1]

ブリオベッカ浦安関東サッカーリーグに所属した2015年度に本拠地として使用しているが、2016年度に昇格した日本フットボールリーグ(JFL)、並びにJリーグでは、リーグ規定により人工芝の競技場を本拠地として使用することが認められていない。また下述のとおり、スタンドは2500人程度しか収容できないため、JFL・J3リーグの下限収容人員である原則5000人にも満たしていないため、ブリオベッカはJFLに参戦した2016年から柏の葉公園総合競技場柏市)をメインとして千葉県内の主要市町村のスタジアムを巡回してホーム戦を開催していた。しかしブリオベッカは2017年のJFLで年間順位15位となり、Jリーグ昇格などでリーグを離れるチームがなかったことから、16位の栃木ウーヴァと共に関東リーグへの降格が決定、2018年は3年ぶりに当競技場でホーム戦を開催することになった。

施設概要編集

[2]

出典編集

外部リンク編集