メインメニューを開く

浦川原区

浦川原区(うらがわらく)は、新潟県上越市にある地域自治区。全域が旧東頸城郡浦川原村に当たる。2005年1月1日上越市に編入した。

浦川原区
うらがわら
日章旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
都道府県 新潟県
自治体 上越市
旧自治体 新潟県東頸城郡浦川原村の全域
面積
50.64km²
世帯数
1,165世帯
総人口
3,428
住民基本台帳、2017年3月31日現在)
人口密度
67.69人/km²
隣接地区 上越市安塚区大島区牧区
吉川区頸城区三和区
上越市役所浦川原区総合事務所
所在地 〒942-0393
新潟県上越市浦川原区釜淵5番地
リンク 浦川原区総合事務所公式ページ
浦川原区の位置
テンプレートを表示

目次

地理編集

上越市中心市街地から東に位置し、東頸城丘陵の西端に位置する。当区は概ね丁字の形をしており、東西に長い部分に国道253号が走り、それとほぼ並行して保倉川が流れている。南北に長い部分には、その支流の高谷川が流れる。それら流域の平地に集落が点在し、耕地が広がっている。
全国有数の豪雪地帯であり、1971年特別豪雪地帯に指定されている。かつては2メートル程度の積雪があったが、近年はそこまで積もることはない[1]

  • 山 : 霧ヶ岳(標高:507メートル)、唐野山、万年山
  • 河川 : 保倉川、高谷川、猿俣川、熊谷川

人口編集

2007年 4126人
2008年 4080人
2009年 3998人
2010年 3913人
2011年 3857人
2012年 3794人
2013年 3707人
2014年 3654人
2015年 3578人
2016年 3498人
2017年 3428人
上越市 / 住民基本台帳(各年3月31日時点)

教育編集

過疎化や少子化の影響で児童数が減ったため、3校あった小学校が2017年に1校へと統合された。

公共施設編集

  • 上越市浦川原コミュニティプラザ
  • 上越市立高田図書館 浦川原分館
  • 上越市浦川原体育館
  • 上越市浦川原プール
  • 上越市浦川原運動広場

交通編集

鉄道バスといった公共交通機関に加え、地域高規格道路インターチェンジもあり、過疎地域でありながら交通インフラに恵まれているように見える。

鉄道路線編集

1997年に運転が開始されたほくほく線により、区内住民の移動手段に選択肢が生まれた。 車を持たない住民、特に高校生がその恩恵にあずかっており、十日町市の高校への進学が可能になった。

バス編集

利用者が減っており、バスの本数が徐々に減っている。

道路編集

上越魚沼地域振興快速道路が通ってはいるが、浦川原IC安塚IC間が開通しているだけである。

名所・旧跡・観光スポット編集

  • 顕聖寺
  • 日光寺
  • 法定寺
  • 虫川の大杉:樹齢千年以上
  • 山本ぶどう園
  • 霧ケ岳温泉「ゆあみ」 : 2017年3月31日から休止[2]
  • 霧ケ岳公園
  • 月影の郷

祭事・催事編集

  • 若葉まつり
  • 大浦安げんき市
  • 浦川原和太鼓祭
  • 月影芸能まつり
  • うらがわらまつり
  • 山本ぶどうまつり
  • うらがわら雪あかりフェスタ

浦川原区出身の人物編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 浦川原区のデータ”. 上越市. 2017年11月18日閲覧。
  2. ^ 浦川原区総合事務所からのお知らせ(2017年3月1日号) (PDF)”. 浦川原区総合事務所. 2017年11月21日閲覧。

外部リンク編集