浦河郡

日本の北海道の郡
北海道浦河郡の位置(黄:浦河町)

浦河郡(うらかわぐん)は、北海道日高国日高振興局

人口12,800人、面積694.26km²、人口密度18.4人/km²。(2016年9月30日、住民基本台帳人口)

以下の1町を含む。

目次

郡域編集

1879年明治12年)に行政区画として発足して以来、郡域は上記1町のまま変更されていない。

歴史編集

郡発足までの沿革編集

室町時代以降、主に東北地方の商人が交易を行っていたと考えられている。

江戸時代に入ると、松前藩商場知行制および場所請負制による浦川場所(会所)が荻伏地区に開かれている。浦川の名はこの時、今の元浦川(アイヌ語でウララペッ=霧深い川の意味)にちなんで名付けられた。陸上交通は、渡島国箱館から道東千島国方面に至る道(浦河以西は国道235号の、浦河以東は国道336号の前身)が通じていた。1669年寛文9年)松前藩の将、佐藤権左衛門が、現在の浦河神社社務所付近に小祠を建立、金刀比羅宮の御分霊を奉斎。1700年元禄13年)松前藩が幕府に呈上した元禄御国絵図には「浦川」と記載されている。

江戸時代後期、浦河郡域は東蝦夷地に属していた。国防のため1799年寛政11年)浦河郡域は天領とされ浦川場所も今の浦河市街に移される。享和元年8月15日浦河場所請負人佐野嘉右衛門が稲荷大明神を祀る小祠を建立。文化4年南部藩家臣一戸政尹が厳島神社の御分霊(天女宮)を祀る小祠を建立。文政4年に浦河郡域は一旦松前藩領に復した。1842年天保13年)には漁場支配人近江屋周介が、三つの祠を合祀し浦河神社の前身の稲荷神社となる(昭和6年、浦河神社に改称)。安政2年浦河郡域は再び天領となり仙台藩が警固をおこなった。1858年安政5年)幕府牧場掛、新家鉄作により、元浦川東岸に馬牧が開設される。戊辰戦争箱館戦争)終結直後の1869年大宝律令国郡里制を踏襲して浦河郡(20村)が置かれた(この時、浦川から浦河となった)。

郡発足以降の沿革編集

 
北海道一・二級町村制施行時の浦河郡の町村(7.浦河町 8.西舎村 9.杵臼村 10.荻伏村 赤:浦河町)

参考文献編集

外部リンク編集

関連項目編集