浮げき穴

本来の表記は「浮郄穴」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

浮郄穴(ふげきけつ)は、足の太陽膀胱経に属す第38番目の経穴である。

目次

部位編集

委陽穴の上1寸、大腿二頭筋の内縁に取る。

名前の由来編集

浮は上下に漂っている状態、郄は隙間や陥凹のことで、委陽の上、膝関節の上部で腱にはさまれた広い陥凹にある。

効能編集

痙攣などの治療に使われる。

その他編集

郄の字はついているが、郄穴ではない。

関連項目編集