メインメニューを開く

浮世絵類考

浮世絵師の伝記や来歴を記載した美術史料

浮世絵類考』(うきよえるいこう)は、江戸時代浮世絵師の伝記や来歴を記した著作で、浮世絵師の便覧とも言える。浮世絵研究の基本的な史料である。寛政年間に大田南畝が著した原本に、複数の考証家が加筆して成立した。

目次

成立事情編集

  • 寛政2年(1790年)頃、大田南畝が浮世絵師に関する考証を行う[書誌 1]

*以上の典拠は仲田勝之助校訂『浮世絵類考』(岩波文庫、1941)の解説による[書誌 5][書影 4]

構成編集

岩波文庫版の構成は次のとおりである。

  1. 大和絵師浮世絵之考
  2. 吾妻錦絵之考
  3. 岩佐又兵衛以下の各絵師、232名
  4. 附録 古今大和絵浮世絵の始系

諸本があるため、以下のマークで示している。

  • 【増】『増補浮世絵類考』
  • 【追】 山東京伝の追校
  • 【新】『新増補浮世絵類考』
  • 【故】『故法室本』
  • 【曳】 曳尾庵本
  • 【三】 式亭三馬加筆

記述の例編集

一例として写楽の項を引用する。

写楽斎

【曳】東洲斎写楽
【新】俗称斎藤十郎兵衛、八丁堀に住す。阿州侯の能役者也。

これは歌舞妓役者の似顔をうつせしが、あまり真を画かんとてあらぬさまにかきなさせし故、長く世に行はれず一両年に而止ム。

【曳】しかしながら筆力雅趣ありて賞すべし。
【三】三馬按、写楽号東周斎、江戸八町堀に住す、はつか半年余行はるゝ而巳。      (以下略)

大田南畝が書いた原文に近いのが「これは歌舞妓役者の(…)一両年に而止ム」の部分である。

出典編集

書影編集

  1. ^ 坂崎担: “近代デジタルライブラリー_日本画談大観”. 2013年7月20日閲覧。 p.1376-1437(コマ706-736)では81名記述、「2,3点の不明は斎藤月岑本で補記」と記される。
  2. ^ 1917年版の書影が岡島昭浩うわづら文庫」内『浮世絵類考』(温知叢書)にある。 斎藤月岑: “増補浮世絵類考”. 博文館 (1917年). 2013年7月20日閲覧。pp.338-432
  3. ^ 1889年版の書影が近代デジタルライブラリーにある。『新増補浮世絵類考』竜田舎秋錦、須原鉄二、1889年。NDLJP:994737
  4. ^ うわづら文庫:浮世絵類考”. 2013年7月20日閲覧。

書誌編集

  1. ^ 『大田南畝全集』18巻(岩波書店、1988)所収「浮世絵考証」
  2. ^ 島田筑波校訂『校訂浮世絵類考』版(孚水文庫、1932)がある。『校訂浮世絵類考』島田筑波、1941年。NCID BA35675095
  3. ^ 坂崎担編著『日本画談大観』下巻(東京堂, 1917)に所収『日本画談大観』坂崎担、目白書院、1917年。NCID BN08448809
  4. ^ 岸上操編輯『近古文藝温知叢書』(博文館, 1891年)『近古文藝温知叢書』岸上操、博文館、1891年。NCID BN04996347
  5. ^ 大田南畝『浮世絵類考』仲田勝之助、岩波書店、1941年。NCID BN03782461