浮羽町

日本の福岡県浮羽郡にあった町

浮羽町(うきはまち)は、福岡県の南東部にある、および現在のうきは市における旧同町町域の地域。棚田筑後川温泉で有名。

うきはまち
浮羽町
つづら棚田
つづら棚田
浮羽町章
浮羽町章
廃止日 2005年3月20日
廃止理由 新設合併
浮羽町・吉井町うきは市
現在の自治体 うきは市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 福岡県
浮羽郡
市町村コード 40483-7
面積 89.26km2
総人口 16,044
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 吉井町田主丸町杷木町星野村
大分県日田市前津江村
町の木
町の花 エビネ
町の鳥 カワセミ
浮羽町役場
所在地 839-1497
福岡県浮羽郡浮羽町大字朝田582番地1
座標 北緯33度19分58秒 東経130度47分36秒 / 北緯33.33272度 東経130.79347度 / 33.33272; 130.79347座標: 北緯33度19分58秒 東経130度47分36秒 / 北緯33.33272度 東経130.79347度 / 33.33272; 130.79347
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

2005年3月20日に隣の吉井町と新設合併して市制施行し、うきは市として市制施行したため、自治体としては消滅した。現在、町役場はうきは市民センター及びうきは市立図書館となり、業務が行われている。

地理編集

福岡県中南部(筑後地方)、福岡市の南東約40km、久留米市中心部から東に約30kmの場所に位置しており、現在のうきは市の中央部・東部・南西部にあたる。町の北部を筑後川が、町の中央部を巨瀬川がそれぞれ東西に流れている。北部は筑後平野の東端部にあたり比較的平坦な地形で、中央部から南部は耳納山地の一角を占めており山がちな地形である。町の東部は大分県と県境をなしている。

中心部は町の北部にある。

隣接していた自治体編集

歴史編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行
    吉井町・福富村・江南村(吉井町 → うきは市)
    椿子村(吉井町および浮羽町 → うきは市)
    千年村(吉井町・浮羽町および杷木町 → うきは市および朝倉市)
    生葉郡浮羽村・姫治村・大石村・山春村(浮羽町 → うきは市)
  • 1896年(明治29年)2月26日 - 郡制施行により浮羽郡となる。
  • 1929年(昭和4年)4月1日 - 浮羽村椿子村が新設合併し、御幸村が発足。
  • 1951年(昭和26年)1月1日 - 御幸村が町制施行し、御幸町となる。
  • 1951年(昭和26年)4月1日 - 御幸町が姫治村大石村山春村を編入し、同時に浮羽町と改称。
  • 1969年(昭和46年)7月1日 - 集中豪雨により巨勢川の堤防が決壊。隣接する吉井町と合わせて約1300戸が床上、床下浸水[1]
  • 2003年(平成15年)2月14日 - 浮羽郡吉井町と境界変更。
  • 2005年(平成17年)3月20日 - 吉井町と新設合併しうきは市となり、同時に浮羽郡も消滅。

特産物編集

交通編集

鉄道路線編集

道路編集

高速道路編集

一般国道編集

名所・旧跡・観光編集

浮羽町出身の有名人編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「筑後川支流が決壊 吉井町など水びたし」『朝日新聞』昭和44年7月1日夕刊、3版、11面

関連項目編集

外部リンク編集