メインメニューを開く

浮草 (映画)

1959年の映画。小津安二郎監督

概要編集

1934年松竹蒲田撮影所で製作した『浮草物語』を監督自らがリメイクした作品。宮川一夫撮影によるアグファのカラー映像が旅役者の世界の情緒を際立たせる作品である。本作は、小津が第二の故郷である地元三重県でロケーション撮影した唯一の映画でもある。三重県志摩郡浜島町大王町阿児町東京都あきる野市の五日市駅、神奈川県茅ヶ崎市の茅ヶ崎海岸などで撮影された。

『浮草物語』では「信吉」役(今作における清に相当する役)で三井秀男(後の三井弘次)が出演していた。2作ともに出演したのは三井だけである[1]。なお、笠智衆も『浮草物語』に芝居小屋の客(「高嶋屋!」と声をかける男)として出演しているが、ノンクレジットである。

本作は1958年に『大根役者』として松竹で撮影するはずで、主要キャストは進藤英太郎淡島千景有馬稲子山田五十鈴が予定されていた。佐渡や新潟でロケハンまで済ませたが、この年の雪が少なく、撮影を断念した。翌1959年、『彼岸花』(1958年)の制作で大映の女優山本富士子を借りた見返りに、大映で撮影することになった[2]

あらすじ編集

旅回りの駒十郎一座の乗った船が港に着いた。駒十郎は一膳飯屋にお芳を訪ね、その昔二人がもうけた清も今では郵便局に勤めていると知って安心する。清には駒十郎はお芳の兄ということになっていた。駒十郎の連れ合いのすみ子は、清のことを不審に思い加代に清を誘惑してくれるよう頼む。加代と清は恋仲になり、それを知った駒十郎は加代とすみ子を激しく叱りつける。客入りの悪くなった一座は解散することになり、駒十郎と清は加代を巡って対立する。お芳は清に駒十郎が実の父親だと打ち明けるが、清は許さず、駒十郎は気が抜けたように立ち去る。駅に行くとすみ子が待っていて、二人は車中の人となるのだった。

スタッフ編集

キャスト編集

作品データ編集

  • 製作:大映東京撮影所
  • フォーマット:カラー/スタンダードサイズ(1.37:1)/モノラル
  • 初回興行:
  • 同時上映:

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ 角川映画、本作DVD副音声の解説による。
  2. ^ 厚田雄春著『小津安二郎物語』

外部リンク編集