海と太陽とファド

海と太陽とファド(うみとたいようとファド)は宝塚歌劇団の舞台作品。花組公演。

併演作品は『アン・ドウ・トロワ[1][2]』。

解説編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のデータ[1]

ポルトガル種子島に接点をつけたショー。種子島の若者と娘が、ペンフレンドのポルトガルの男女ペドロとイネスに互いに民謡を紹介し合って、民族舞踊を中心に生活の音楽と踊りが繰り広げられる。

公演期間と公演場所編集

宝塚大劇場公演のデータ編集

形式名は「日本と世界の広場[3]」。副題は「ポルトガル篇[3]」。10場[3]

スタッフ[3]

主な配役[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 100年史(舞台) 2014, p. 140.
  2. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 215.
  3. ^ a b c d 編集発行人:橋本雅夫、宝塚大劇場公演プログラム、宝塚歌劇団、p.11
  4. ^ 編集発行人:橋本雅夫、宝塚大劇場公演プログラム、宝塚歌劇団

参考文献編集

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3