メインメニューを開く

海の日

日本の国民の祝日

海の日(うみのひ)は、日本国民の祝日の一つ。日付は7月の第3月曜日

概要編集

海の日は、1995年平成7年)に制定されて1996年(平成8年)から施行された日本国民の祝日の一つである。制定当初は7月20日であったが、2003年(平成15年)に改正された祝日法のハッピーマンデー制度により、7月の第3月曜日となった。

国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条は、「の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨としている。国土交通省は「世界の国々の中で『海の日』を国民の祝日としている国は唯一日本だけ」[1]としている。

2007年(平成19年)に制定された海洋基本法第13条は、海の日の行事を「及び地方公共団体は、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第2条に規定する海の日において、国民の間に広く海洋についての理解と関心を深めるような行事が実施されるよう努めなければならない」と定めている。

海上自衛隊は、基地や一般港湾などに停泊する自衛艦が満艦飾を行う。

海の日が制定された1996年(平成8年)以降、7月20日から31日までの12日間を「海の旬間(じゅんかん)」とし、国土交通省海事局が自治体や諸団体とともに海事思想を普及している。

国民の「海」に対する理解と認識を高めるため、海の日の三連休化に伴い2003年(平成15年)以降は海の日を含む7月1日から31日までの1か月間を「海の月間」と定め、国土交通省海事局を中心に「海フェスタ」など[2]を催している。

2014年に「海の恩恵に感謝する日だったはずが、単なるお祭りになってしまった」として、超党派の国会議員からなる海事振興連盟により7月20日に固定化する議案が出され、2016年から8月11日の「山の日」が施行されることでそれをきっかけに、当初の7月20日に戻そうとする流れにある[3]

2015年に海の日20回目を記念して「海でつながるプロジェクト」が発足する。総合海洋政策本部参与会議座長・日本郵船顧問の宮原耕治を会長に、日本政府、東京海洋大学日本財団、民間法人らが『「海の日」特別行事実行委員会』を結成し、「海の日」の意義や海に対する好奇心を高揚させる催しを開催し[4]、日本財団会長笹川陽平山谷えり子海洋政策担当大臣、アショク・マハパトラ国際海事機関上級次長、川島海荷服部幸應石原良純らが登壇した[5]

2020年令和2年)は東京五輪・パラリンピック特措法により、東京オリンピックの開会式の前日に当たる7月23日(木曜日)に変更される[6]

海の記念日編集

 
「海の記念日」の由来となった明治丸

祝日化される前は海の記念日であった。海の記念日は、1876年明治9年)に明治天皇東北地方巡幸された際、従来の軍艦ではなく灯台視察船「明治丸」で航海し、7月20日に横浜港に入港して横浜御用邸伊勢山離宮へ帰着した史実から、1941年昭和16年)に逓信大臣村田省蔵が提唱して制定された。

明治丸はその後、東京商船学校練習船として使用され、現在は東京海洋大学越中島キャンパスに保存されている。

内陸県編集

海が無い内陸県奈良県は、7月第3月曜日を「奈良県山の日・川の日」と条例で定めている[7]

脚注編集

関連項目編集