海の日名古屋みなと祭

海の日名古屋みなと祭(うみのひなごやみなとまつり)は、愛知県名古屋市港区名古屋港・名古屋港ガーデンふ頭一帯で行われる夏祭りである。

名古屋港ポートビルと花火(2009年)

毎年7月第3月曜日の海の日に開催される。ただし、2007年に限っては海の日ではなく第3土曜日に、「名古屋港開港100周年記念」として開催された。

2016年度は7月18日(月・祝)に開催された。

概要編集

1946年昭和21年)に、戦後の復興祭・名古屋港の発展を祈念して始まったもので、フィナーレを飾る花火大会も1948年(昭和23年)からの歴史を誇っている。2016年で、開催70回目を迎えた。

花火大会編集

メインイベントは花火大会(メモリアル花火など)である。その他にも地元町内会や子供会(西築地学区)による屋形舟の形をした大きな山車神輿など、太鼓や総踊りも夏の祭りを彩っている。大阪・岸和田祭りをイメージしたと言われる、山車の屋根の部分に若頭が上り太鼓を叩く高六町内会や、太鼓と鐘を鳴らしながら派手に盛り上げる二号地西部町内会など、みなと祭のもうひとつの目玉として毎年活動している。

2020年令和2年)は2020年東京オリンピックおよび2020年東京パラリンピックの開催期間と重なるため、当初は9月20日に日程を変更して実施する予定だったが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、中止となった[1](なお、東京オリンピック・パラリンピックも、2021年に開催延期が決まっている)。

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集