海の洗礼』(うみのせんれい、Anna Christie)は、サイレント時代1923年に公開されたアメリカ合衆国の映画で、1921年に公開された同じ原題のユージン・オニール作の演劇『アンナ・クリスティ (Anna Christie)』に基づく最初の映画化となったドラマ映画であり、ブランチ・スウィートウィリアム・ラッセル英語版が主演した。

海の洗礼
Anna Christie
Anna Christie 1923 film.jpg
1923年の劇場用ポスター
監督 ジョン・グリフィス・レイ
脚本 ブラッドリー・キング
原作 ユージン・オニール
アンナ・クリスティ
製作 トーマス・H・インス
出演者 ブランチ・スウィート
ウィリアム・ラッセル
ジョージ・F・マリオン
撮影 ヘンリー・シャープ英語版
配給 ファースト・ナショナル映画
公開
  • 1923年11月25日 (1923-11-25)
上映時間 96分
言語 サイレント映画
英語インタータイトル
製作費 $165,236[1]
テンプレートを表示

監督ジョン・グリフィス・レイ英語版プロデューサートーマス・H・インスファースト・ナショナル映画英語版作品で、原題が同じであるユージン・オニールの戯曲『アンナ・クリスティ』を基にブラッドリー・キング英語版脚本を書いた[2][3][4]。トーマス・H・インス社 (Thomas H. Ince Inc.) は、戯曲の映画化権を獲得するために、当時としては天文学的な金額だった35,000ドルを支払った[5]

現存する唯一のプリントは、1970年代ヨーロッパで発見されたものである[6]

あらすじ編集

船乗りのクリス・クリストファーソンは、兄弟や息子たちを海難で失い、また航海中に妻にも先立たれ、海を恨むようになっていたが、他にできる仕事もなく船乗りを続けていた。ただ一人の身内となった娘アンナは、海から遠いミネソタ州にある親戚の農家に預けられたが、やがて成人した彼女は身を持ち崩し、また闘病も経て、ニューヨークへと向かう。[7]

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ Slide, Anthony. Silent Topics: Essays on Undocumented Areas of Silent Film. Scarecrow Press. p. 24
  2. ^ Anna Christie at silentera.com
  3. ^ The AFI Catalog of Feature Films:Anna Christie
  4. ^ Magill's Survey of Silent Films, Vol1. A-FLA p.142 edited by Frank N. Magill c.1982 0-89356-240-8 (3 book set 0-89356-239-4)
  5. ^ Slide, Anthony. Silent Topics: Essays on Undocumented Areas of Silent Film. Scarecrow Press. p 24
  6. ^ The Library of Congress American Silent Feature Film Survival Catalog:Anna Christie
  7. ^ 海の洗礼 - Movie Walker - ネタバレを含むあらすじが記載されている。

関連項目編集

外部リンク編集