メインメニューを開く

海ほたるパーキングエリア

日本の東京湾アクアラインのパーキングエリア

海ほたるパーキングエリア(うみほたるパーキングエリア、英称:Umihotaru PA)は、千葉県木更津市中島地先海ほたる(東京湾アクアライン)上にあるパーキングエリア。愛称は海ほたる。パーキングエリアではあるが、店舗の設備はサービスエリア並みである[1]東日本高速道路が管理する木更津人工島に位置する。展望デッキやモニュメント、幸せの鐘、うみめがね~アクアラインシアター~、ご当地グルメなど観光スポットとなっている。日本夜景遺産に指定されている。

海ほたるパーキングエリア
UmihotaruPA.JPG
Umihotaru Parking Area Aerial Photo 20150131.jpg
海ほたるパーキングエリア
所属路線 CA 東京湾アクアライン
料金所番号 31-055(木更津方面からのUターンのみ)
本線標識の表記 海ほたる
起点からの距離 9.8 km(浮島IC起点)
(5.3 km) 木更津金田IC
供用開始日 1997年12月18日
所在地 292-0071
千葉県木更津市中島地先海ほたる
テンプレートを表示
海ほたるパーキングエリアの位置(東京湾と房総半島内)
海ほたるパーキングエリア
東京湾内の位置

目次

名称編集

名前の由来は、一般公募したところ「海上に浮かぶ光」ということで「海ほたる」となり、同名の生物キャラクターとして使うことになったものである。今日ではパーキングエリアの名称から転じ、人工島自体を「海ほたる」と呼ぶ場合がある[2]

人工島編集

 
外観(2015年)

木更津人工島の町丁名は「千葉県木更津市中島地先海ほたる」である。木更津人工島は川崎からの東京湾アクアトンネルと、木更津からの橋部分を連結する目的で作られた。アクアラインでは、川崎人工島(風の塔)と並んで2番目の人工島である。

Uターン編集

当パーキングエリアでは、来た方向にUターンして引き返すことができる。通行料金はアクアラインの対岸に行く場合と同額である。

  • 川崎方面からの場合、川崎側にはアクアラインの料金所はないため、当エリア内の料金所で通行料金を支払う。ETC無線通信決済または自動収受機による精算となる[3]。ETC無線通信装置の整備が遅れていたため、ETC利用者でも一旦停止し、ETCカードを自動収受機のカードリーダーに挿入する必要があったが、2011年3月25日からノンストップでの無線走行が可能となっている。
  • 木更津方面からの場合、アクアラインの料金所をもう一度通ることになるため、当エリア内の料金所でUターン証明券を受け取る(ETCの場合はETC無線通信装置が早期に設置されているため、ノンストップでの無線通行が可能となっている)[3]
    • ブース数は2つで、両方共「ETC/一般」である。またETC通過時の料金表示は「0円」と表示される。

これらのUターン料金所はUターンせず対岸に行く場合、通過しないようになっている。

  • ただし木更津方面からの駐車場(2F)が満車になり本線まで渋滞が伸びた場合でさらに川崎方面からの駐車スペースに余裕がある場合は、臨時措置として川崎方面からの駐車場(3F)へ誘導される場合があり。上記料金所を通過することになる。
  • この場合、上記ブースの右側が「ETC/一般」運用から「一般」運用になり係員からUターン証明券とこの後の通行方法が書かれたチラシをもらう事になる。出庫時は自動収受機Uターン証明券を挿入する事になる。

施設編集

 
海ほたるPAから木更津側を臨む
 
展望デッキ
 
帆を模したオブジェ
 
地球儀のオブジェ
 
吹き抜け
 
カッターフェイスの巨大モニュメント

上下線とも同一施設を共用する。

  • 駐車場
    • 大型 (1F):92台
    • 小型 (3F)(川崎側から) : 198台・障害者用 : 5台 (2F)(木更津側から) : 198台・障害者用 : 5台
  • トイレ
    • 男性: 大 31・小 28
    • 女性: 77 (パウダーコーナーあり)
    • 多機能トイレ
    • オストメイト対応トイレ
  • 給電スタンド(24時間)
  • バスターミナル (1F)
  • カッターフェイス(巨大モニュメント)(1F) - 東京湾アクアトンネルの掘削に使用したシールドマシンを模したモニュメント。カッタービット(歯)の部分は掘削に使用された実物が取り付けられている。直径14.14メートルのシールドマシンは世界最大規模(当時)[4]
  • 総合インフォメーション (4F)(9:00 - 19:00・土休日8:00 - 19:00)
  • 公衆電話 (4F)
  • 授乳室 (4F)
  • 銀行ATM(イオン銀行)(4F)
  • 足ゆ (4F)(8:00 - 19:00・土休日8:00 - 21:00)
  • 海ほたる 幸せの鐘 (4F)
  • KID'S SPACE (4F)(9:00-21:00)
  • タイムカプセルポスト (4F)
  • 海が見える大回廊(屋内無料休憩所)(4F)(24時間)
  • 無人撮影システム ファンフォト 写Goo (4F)(24時間)
  • 海ほたる 幸せの鐘 (4F)
  • うみめがね~アクアラインシアター~ (5F)(9:00 - 19:00)
  • ペット水飲み場 (5F)
  • 写真撮影サービス (5F)(要予約)

施設内店舗編集

(2019年4月20日現在)

1F
4F
  • IDEBOK Sweets Cafe(7:30 - 22:00)
  • スターバックス(7:30 - 22:00)
  • ウミナカプラザ(9:00 - 22:00・土休日8:00 - 22:00)
  • シーフェアリー(9:00 - 20:00・土休日8:00 - 21:00)
  • ヨゴリーノ(11:00 - 20:00)
  • ぽるとがるCafe(8:00 - 20:00)
  • ベイ・ブランド(8:00 - 22:00)
  • 海ほたる360℃(9:00 - 21:00・実演コーナー 9:00 - 17:00)
  • ファミリーマート (コンビニエンスストア) (24時間)
  • アドアーズ (アミューズメント) (7:00 - 24:00)
5F
  • マリンコート(フードコート
    • あさりやcafe(7:00 - 20:30)
    • Homework's TOKYO-BAY BURGER(10:00 - 20:30)
    • 蕎麦 港屋(24時間)
    • 熱麺醤々(10:00 - 20:30)
    • あさりらーめん 波市(9:00 - 24:00)
    • ち~ば丼(10:00 - 20:30)
    • 炙亭 とんぎゅう(10:00 - 20:30)
  • HOTARU cafe(11:00 - 21:00・土休日 10:00-21:00)
  • 房総海鮮処 木更津庵(11:00 - 21:00・土休日8:30 - 22:00)
  • オーシャンキッチン(11:00 - 21:00・土休日8:30 - 22:00)
  • 海鮮三崎港(11:00 - 21:00・土休日11:00 - 22:00)

以前あった施設編集

バス路線編集

海上保安庁の設備編集

海上保安庁 第三管区 千葉海上保安区の海上レーダーが設置されている。ウェブサイトにて、気象情報がリアルタイムに閲覧出来る[5]

受賞歴編集

  • 第7回「NEXCO東日本 接客コンテスト」本選大会 - 最優秀"金賞"受賞[6](ウミナカプラザ)
  • 平成26年照明普及賞 受賞[7]

舞台・ロケ地とした作品編集

その他編集

  • かつては日本テレビが、当PAに天気カメラを設置していた。
  • 各フロアに、シチズン製のデジタルとアナログが一体になった時計が設置されている。
  • 潮干狩りのシーズンの土曜・休日は、入場する車でパーキングエリア入口が渋滞する。

編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ガソリンスタンドはない
  2. ^ 但し島そのものに愛称は付与されていない点に注意を要する
  3. ^ a b 東京湾アクアライン 海ほたるでのUターン | 関東 | 地域情報 | ドラぷら東日本高速道路株式会社、6月10日閲覧)
  4. ^ カッターフェイス - 海ほたる
  5. ^ 海の安全情報(沿岸域情報提供システム)”. www6.kaiho.mlit.go.jp. 2019年7月26日閲覧。
  6. ^ NEXCO東日本接客コンテスト【金賞】受賞” (日本語). 海ほたる~東京湾に浮かぶパーキングエリア. 2019年7月26日閲覧。
  7. ^ 平成26年照明普及賞”. www.ieij.or.jp. 2019年7月26日閲覧。
  8. ^ この夏「劇場版コード・ブルー」ロケ地がアツい! 日本で唯一海に浮かぶPA「海ほたる」の魅力” (日本語). gooニュース (2018年7月19日). 2019年7月26日閲覧。
  9. ^ 特設サイト劇場版コード・ブルー告知ページ|千葉県フィルムコミッション”. fc.ccb.or.jp. 2019年7月26日閲覧。
  10. ^ 東宝株式会社. “海ほたるにシン・ゴジラがやってきた!映画公開記念「シン・ゴジラ×海ほたる キャンペーン」開催決定|NEWS|映画『シン・ゴジラ』公式サイト” (日本語). 最新情報 - 映画『シン・ゴジラ』公式サイト. 2019年7月26日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集