メインメニューを開く

海上都市(かいじょうとし)とは、の上に建設された都市

目次

日本における海上都市構想編集

構想は1980年代からあったが、実現していない。近年では、台風の影響に伴う高潮地震に伴う津波などが懸念事項であり、現在では殆ど議論の対象になっていない。東京ウォーターフロントによる海上都市を建設する計画が持ち上がっており、これは出島ではなく完全に人工地盤により海面土地を作り、その上に町を作るというもの。東京湾上の本土に近い場所に建造し、居住予定人口は10万人を予定。このような海上都市を全国の大都市圏にも建設し、人口過多住宅問題への新たな打開策とする方針。

建造理由編集

都市の概要編集

江戸川区港区の臨海副都心方面の湾岸上に人工地盤からなる離島を建設。本土とは連絡橋で繋ぐ。 出先の港、独立した空港などを完備した住宅地を建設。 都市発展に伴い、海上区を新設するか、江戸川区に併設するかは未定。 商店・銀行・警察署も完備する都市型構想。

関連項目編集