メインメニューを開く
本来の表記は「海北若冲」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

海北 若沖かいほう じゃくちゅう/かいほくじゃくちゅう、延宝3年(1675年) - 宝暦元年12月17日1752年2月1日))は、江戸時代中期の国学者。名は千之。通称は垂水屋善右衛門。号は岑柏(しんぱく)。摂津国武庫郡今津村(現・兵庫県西宮市)出身[1]。本姓は野田、母方の海北家を継いだ。兄は国学者の野田忠粛

真言宗国学者契沖に師事して『万葉集』の講義を受けた。その後「万葉集師説」「万葉集類林」などを整理編修した。

歌集に「岑柏集」がある。

脚注編集