メインメニューを開く

海老原 一郎(えびはら いちろう、1905年8月4日 - 1990年5月7日)は、建築家、日本芸術院会員。

海老原一郎
生誕 1905年8月4日
東京市
死没 (1990-05-07) 1990年5月7日(84歳没)
東京都品川区旗の台
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京美術学校
職業 建築家
受賞 日本芸術院賞(1971年)
勲三等瑞宝章(1980年)
所属 海老原建築事務所
建築物 尾崎記念館
ディックビル
川村記念美術館

東京生まれ。府立第三中学校卒業。東京美術学校東京芸術大学美術学部の前身)卒業。

1923年に結成された近代建築運動団体「創宇社建築会」の同人として活躍。学生として東京美術学校に籍を置きながら、1929年の創宇社第6回展、第7回展、そして1930年の第8回展まで、労働診療所、労働者アパートメント、消費組合食堂などの作品を出品。

1930年に東京美術学校を卒業後、石本建築事務所に勤める。1938年に独立、海老原建築事務所を設立する。[1]

1950年代に尾崎記念館(現在の憲政記念館)、1968年日本最初の高層ビル「ディックビル」を設計。1971年日本芸術院賞受賞[2]、1976年から1980年日本建築家協会会長、1980年芸術院会員。

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ JIAの建築家達 http://www.jia.or.jp/topics/kenchikuka/dat/ebi.htm
  2. ^ 『朝日新聞』1971年4月10日(東京本社発行)朝刊、23頁。