メインメニューを開く

海老原 敬吉(えびはら けいきち、1898年 - 1972年6月8日)は、理化学研究所・主任研究員、東京工業大学教授。高性能なピストンリングを大量に製造する方法「ピン止め加工」を確立し、理化学興業、後の株式会社リケンの技術的基盤を作った。

略歴編集

  • 1923年(大正12年) 東北帝国大学理学部物理学科を卒業
  • 1924年(大正13年) 理化学研究所・大河内正敏研究室にて、ピストンリングの高性能化に関する研究開発をスタートさせる。
  • 1926年(大正15年) 「シリンダー内壁に対し均一なる圧力をおよぼすピストンリングの製作法」として特許を申請(特許第70144号)
  • 1939年(昭和14年) 理化学研究所・主任研究員、および東京工業大学の教授に就任
  • 1954年(昭和29年) 藍綬褒章受章
  • 1968年(昭和43年) 叙勲二等旭日重光章
  • 1972年(昭和47年) 叙従三位