海老原 敬吉(えびはら けいきち、1898年 - 1972年6月8日)は、栃木県大田原市生まれ。理化学研究所・主任研究員、東京工業大学教授、第28期日本機械学会会長を歴任。高性能なピストンリングを大量に製造する方法「ピン止め加工」を確立し、理化学興業、後の株式会社リケンの技術的基盤を作った。

略歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 岡田大士, 「東京工業大学における戦後大学改革に関する歴史的研究」 東京工業大学 博士論文, 甲第6209号, 2005年, NAID 500000351703
  2. ^ 「歴代幹事長・会長就任記録」 日本機械学会