メインメニューを開く

海老名サービスエリア

日本の神奈川県海老名市にある東名高速道路のサービスエリア

海老名サービスエリア(えびなサービスエリア)は、中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)により運営されている神奈川県海老名市東名高速道路上にあるサービスエリア。神奈川県内では唯一のサービスエリアであり、東京方面から来る場合は最初の、名古屋方面から東京などへ向かう場合は最後のサービスエリアとなっている。

海老名サービスエリア
上り線施設「EXPASA海老名」(2012年1月)
上り線施設「EXPASA海老名」(2012年1月)
所属路線 E1 東名高速道路
本線標識の表記 海老名
起点からの距離 31.3 km(東京IC起点)
横浜町田IC (11.6 km)
(2.6 km) 海老名JCT
供用開始日 1968年4月25日
上り線事務所 7:00-22:00
上り線GS ENEOS
24時間
下り線事務所 7:00-22:00
下り線GS ENEOS
24時間
所在地 243-0418
上り)神奈川県海老名市大谷南五丁目1番1号[1]
下り)神奈川県海老名市大谷南五丁目2番1号[1]
テンプレートを表示
下り線施設(2012年7月)
航空写真(1988年度撮影)。現在のものとは異なる建物で、本線側に位置する赤茶色の建物がレストラン、売店となっており、現在のガソリンスタンドの位置に休憩所、道路案内所(現:サービスエリア・コンシェルジュ)、ハイウェイ情報ターミナル(ビデオテックス方式)があり、上下線は陸橋により行き来することができた(現在は封鎖)。また、ガソリンスタンドは現在のレストハウスの位置にある。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

目次

概要編集

東名高速におけるサービスエリアの間隔は、名神高速道路の実績から推して約50 km毎が理想とされたが、当SAは東京起点で約30 km地点に位置する[2]。これは、東名高速開通当時、基本往復4車線の当該路線も厚木以東は6車線であり、このことから、交通量の多さを考慮して厚木よりも東側にサービスエリアを設けることになったためである[3]。これ以西はほぼ50km毎にSAが設けられている[3]。なお、サービスエリアについては上下線とも一般道路から歩行者の出入りが可能で、一般道上には海老名市コミュニティバス(大谷・杉久保ルート)の停留所も設けられている。

当サービスエリアの利用者数は上下線合わせて1日平均約6万人と全国で最も多く[4]、休日の渋滞する時間帯などには駐車場がしばしば満車になる。そのため、大型バス専用の駐車帯が設定されている。また、2005年度のサービスエリア売上高ランキングでも当サービスエリアの下り線が1位、上り線が2位と上位を独占[5][6]するなど、各店舗でも利用者数や商品販売数の多さが話題となることが多い(「その他」参照)。

道路編集

施設編集

上り線(東京方面)「EXPASA海老名」編集

下り線(名古屋方面)編集

  • 駐車場
    • 大型 111台
    • 小型 426台
    • 兼用 42台
  • トイレ(メイン・東棟)
    • 男性 大6(和式3・洋式3)・小20
    • 女性 32(和式18・洋式14)
      • 同伴の男児用 2
    • 車椅子用 2
  • トイレ(メイン・西棟)
    • 男性 大10(和式6・洋式4)・小36
    • 女性 52(和式30・洋式22)
      • 同伴の男児用 2
    • 車椅子用 2
  • トイレ(サブ)
    • 男性 大5(和式2・洋式3)・小9
    • 女性 10(和式5・洋式5)
  • ガソリンスタンド(JXTGエネルギー(ESSO)(日星コーポレーション(株))、24時間)
    • 以前は日星石油(株)が運営していた。
  • 給電スタンド(24時間)
  • レストラン & カフェ西洋フード・コンパスグループが運営)
  • フードコート
    • 吉野家(24時間)
    • ゑびな軒(24時間)
    • そば処信濃(24時間)
    • スナックイン(24時間)
    • 麺房 いろどり家(24時間)
    • 丸の内ポールスター(7:00 - 22:00)
  • ショッピング
    • シュガーバターの木(お土産、24時間)
    • ぽるとがる(パン、6:00 - 20:00)
    • えびな蔵市(土産物、24時間)
    • プラスワン(コンビニエンスストア、24時間)
    • サーティワンアイスクリーム(8:00 - 20:00)
    • えびな茶屋(8:00 - 20:00)
    • うまいもの横丁(8:00 - 18:00)
    • こめらく(7:00 - 21:00)
    • 小田原吉匠
    • カルビーキッチン(7:00 - 21:00)(2014年7月14日 午前10:00 オープン[7]
  • 自動販売機
  • ぷらっとパーク
  • サービスエリア・コンシェルジュ・FAXサービス(7:00 - 22:00)
  • 郵便ポスト(綾瀬郵便局)
  • ALSOK MMK(綜合警備保障)
    • ATM(みずほ銀行厚木支店。カード取引のみで、通帳の使用はできない。)

その他編集

  • 上り線は本線合流後の合流車線が約3.1km先(綾瀬BSの先)まで延長されている。
  • テレビ東京系『出没!アド街ック天国』の「高速サービスエリアスペシャル」(2005年12月24日放送)で第1位を獲得した。
  • 下り線に設置の吉野家は、全国の同店の中でも売上が毎年上位にランクされる。なお用意されるメニューは通常店舗より少ない。
  • 下り線にある「ぽるとがる」の「海老名メロンパン」は、48時間(2018年4月28日午後6時 - 4月30日午後6時)で2万7503個を販売し、最も売れた焼き立ての菓子パンとしてギネス世界記録に認定されたことがある[8]

近隣PA、ICなど編集

脚注編集

参考文献編集

  • 池上雅夫 『東名高速道路』 中央公論社〈中公新書188〉、1969年。 

関連項目編集

外部リンク編集