海老根 宏(えびね ひろし、1936年4月19日 - )は、日本の英文学者東京大学名誉教授。19世紀英国小説を専門とし、トマス・ハーディなどを研究、またノースロップ・フライの理論の紹介にも努めた。

略歴編集

父は商工省官僚の海老根駿(1908-)。都立日比谷高校卒業、1959年東京大学教養学部教養学科イギリス分科卒業。1962年、東京大学大学院人文科学研究科英文学専攻修士課程修了、大阪大学教養部講師、1967年助教授、1966年、シカゴ大学修士課程修了、1969年東京大学教養学部助教授、1979年東京大学文学部助教授、1988年教授、1996年定年退官、東洋大学教授。1992年から1996年まで日本英文学会会長。ほかに、日本ブロンテ協会会長、日本ジョージ・エリオット協会会長などを歴任。妻も英文学者・お茶の水女子大学名誉教授の海老根静江(1937- )(父は数学者・平野幸太郎)。

共編著編集

翻訳編集

秋山嘉,兼武道子,笹川浩,安斎恵子,石原直美,金子雄司,上坪正徳,坂川雅子,清水ちか子, 土屋繁子,森松健介共訳

参考編集

  • 『人事興信録』1995年「海老根駿」の項