海軍大学校 (アメリカ合衆国)

海軍大学校(Naval War College、略称: NWCまたはNAVWARCOL)は、アメリカ海軍参謀学校陸軍大学校海兵隊大学校空軍大学校と共に国防大学を構成する。

米海大の徽章

概要編集

1884年10月6日スティーブン・ルースにより創設されたアメリカ海軍参謀学校。開学時の教官にはタスカー・H・ブリス(後の米陸軍参謀総長)、ジェームズ・R・ソーリー(後のアメリカ海軍次官補(Assistant Secretary of the Navy))、アルフレッド・セイヤー・マハン(地政学者、海軍少将、『海上権力史論』の著者)がいる。

通算で5万人以上の学生が卒業し、海軍などの上級将校となっている。

関連項目編集