海軍横須賀刑務所』(かいぐんよこすかけいむしょ)は、1973年11月17日に公開された日本映画。主演・勝新太郎、監督・山下耕作。製作・東映東京撮影所、配給・東映

海軍横須賀刑務所
監督 山下耕作
脚本 石井輝男
原作 青山光二
出演者 勝新太郎
菅原文太
長谷川明男
太田博之
三上真一郎
音楽 津島利章
撮影 赤塚滋
編集 田中修
製作会社 東映東京
配給 東映
公開 日本の旗 1973年11月17日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

『小説サンデー毎日』連載中の青山光二原作『喧嘩一代・帝国海軍なんのその』の映画化とするものと[1][2]、『喧嘩一代・海軍横須賀刑務所』の映画化とする文献がある[3]。勝新太郎が唯一、東映に出演した作品。コミック調の毛色の変わったアクション[4]

あらすじ編集

昭和初期の海軍海兵団軍律規律が厳しく、中でも横須賀海兵団は軍律の厳しさでは特に兵隊仲間で取り沙汰されていた。沖仲仕上がりで柔道唐手の強わ者・志村兼次郎四等水兵は横須賀海兵団に入団し、古参兵の制裁に耐えるが、遂に堪忍袋の緒を切って暴れ、海軍刑務所に送られた[1][4]

スタッフ編集

出演者編集

ノンクレジット

製作編集

本作は元々、久しくスクリーンを遠ざかっていた高倉健主演作として、1973年のお盆映画として企画されたものだった[5][6][7][8][9]。そこから高倉健主演・石井輝男監督の「網走番外地」コンビで製作が進められたが[5][9]、後述する理由で高倉が『現代任侠史』に移り[9]勝新太郎主演・石井輝男監督でクランクインを予定していた[5]。しかし直前になって石井も『現代任侠史』に移り[5]、結果的に高倉・石井が『現代任侠史』にコンビでスライドし、石井脚本だけが本作に残り[5]、最終的に勝新太郎主演・山下耕作監督で製作された[5]。これらの変更は1973年に降って湧いた東映実録路線の抬頭と東映お家騒動が関係している。1960年代後半から燻り続けていた東映の岡田茂社長と俊藤浩滋プロデューサーの製作方針を巡る対立が1973年初頭に表面化[10][11][12][13][14][15][16][17][18]。岡田茂が既に完成していた鶴田浩二主演の『三池監獄 兇悪犯』をお蔵入りさせ(1973年5月公開)[18]、1973年4月後半公開を予定していた高倉健主演の「新網走番外地」の新作を中止させるなど[18]、1973年東映ラインアップに岡田が、ギャラの高い割にお客の入らない当時の東映スター・ローテーションの軸・鶴田浩二と高倉健を外して、二人の製作予定映画を0にし[10][15][17][18][19][20][21]、「子連れ狼」出演を止めない若山富三郎も東映ラインアップから外し[22]菅原文太梅宮辰夫千葉真一松方弘樹渡瀬恒彦安藤昇梶芽衣子池玲子杉本美樹谷隼人中村英子ら、次世代スターをフル回転させ、新路線開拓を狙うラインアップを組むと俊藤に相談なく決定しかけたことで[10][18][19][20][23]、鶴田や高倉、若山、菅原をかこっていた[21][24]俊藤の怒りが爆発した[12][16][17][18]。1973年の正月映画第二弾『仁義なき戦い』が鶴田、高倉抜きで大ヒットしたことから、岡田は鶴田、高倉抜きでも新しい路線を作れるという自信を持っていた[17]。また岡田の腹心・高岩淡東映京都撮影所所長と片山清企画製作部長が俊藤を嫌っていた[15][17]。俊藤は高倉のギャラアップ(一説に一本2,500万円)などを岡田に要求したとされたが[15][21][注釈 1]、岡田はこの時代では珍しい「ギャラを歩合制[注釈 2]にするなら鶴田と高倉の作品を作る」と俊藤に言い渡して紛糾した[21]

同年3月、関東東映会の佐々木進会長を立て表面上の和解がなされたものの[9][11][12][17][18][26][27]、『仁義なき戦い』が大ヒットし、岡田企画の[28][29]やくざと抗争 実録安藤組』も3月にヒットしたことで[28][29][30]、岡田が任侠路線を打ち切り[11][31][32][33][34][35]実録路線への変更を即断で決めたため[13][20][32][33][36][37][38][39]、純"任侠映画"にこだわる俊藤とは実際は和解には至らず[38][40][41][42]新聞誌上で岡田を誹謗した鶴田は[43]、若山に続いて一年半、映画を干された[41][44][45]。高倉も岡田から高倉プロの撤回を要求され、ギャラアップの要求も蹴られるなどで確執があり[15][41][46][47]、東映作品の出演を拒むようになっており[15][16][46]、この騒動の時にトップスターたちのテレビや他社出演も従来より柔軟な姿勢で対処していくという申し合わせがなされた[16]。菅原文太も俊藤派と見なされていたが[15]、菅原は岡田を「時代に吹く風を敏感に嗅ぎ分け、時代の変化に即応し、新しいジャンル、新しい路線を貧欲に打ち出す才能を持っていた」と評価していたため[48]、円満解決して欲しいという思いが強く[15]、岡田と俊藤の板挟みに苦しんだ菅原は、沈黙を貫き、お咎めなしになっていた[41][49]。岡田と俊藤の手打ち式による高倉の東映戦列復帰第一作として[9]、やはり高倉にふさわしい「番外地シリーズ」で行こうと[9]、1973年春に夏のお盆映画として発表されたのが本作であった[6][9]

キャスティング編集

しかし、この年の実録路線の抬頭で[50]、二年前に一度世論を気にして断念した『山口組三代目』を製作するには絶好のチャンスと[50]、この年全く製作を考えていなかった『山口組三代目』をお盆映画にする可能性が高まった[9][50]。『山口組三代目』は岡田が徳間康快と組んで映画化したものだが[27][51]、俊藤も同じ企画を進めていたこともあって[11]、本作と『山口組三代目』のどちらを製作するか1973年初夏まで決まらなかったが[50]、結局、岡田と俊藤の手打ち式による高倉の東映戦列復帰第一作は『海軍横須賀刑務所』ではなく『山口組三代目』になった[9][11][27][32]。高倉が『山口組三代目』で田岡一雄を演じたのは単にスライドだけだったの可能性もある。また東映ポルノや劇画路線などと併せ[38][39]、"実録もの"の全力注入の方針変更で[36]、1973年ラインアップに最初は全く予定していなかった『山口組三代目』、『仁義なき戦い』の続編、『実録 私設銀座警察』、安藤組の続編などがラインナップに上がり[36][39][42][52]、またそれらのロングランもあり、この1973年に"実録の東映"、というイメージを作り上げたが[38]、この影響で岡田が春先に話していた『実録連合赤軍』など[53]、予定した映画が延期されたり、中止になったりし[54]、本作は秋に押し出された[7][55]

タイトル編集

本作の最初のタイトルは『水兵やくざ』[7]、『海軍横須賀番外地』[2][8][6]、1973年夏には『海軍番外地・横須賀』などと報道され[50]、「網走番外地」の海軍版として[7]、知名度の高い"番外地"のタイトル起用が有力視されていたが[8][56]、高倉がアメリカ映画ザ・ヤクザ』の出演が決まったため、その配慮からタイトルから"やくざ"を外したとされる[7]。当時、日本の"やくざ"という言葉が欧米で浸透し始めていたといわれ[7]、東映としては"カラテ映画"に続いて"ヤクザアクション"が欧米でもウケるのではないかという期待があった[7]。東映は1973年9月にニューヨークで現地のバイヤーを集め、『賞金稼ぎ』 『緋牡丹博徒』『人斬り観音唄』などのデモンストレーション上映を行った[7]。また岡田社長がこの頃から[57]、「輸出映画を作って稼いでいかなければならない」と東映国際部に東映作品の海外セールスを積極的に行うよう指示を出していた[57]。東映洋画が発足から一年経ち[58]、欧米の作品買付けも増え[58]、この年、フランステレモンデアルに『仁義なき戦い』『徳川セックス禁止令 色情大名』『女番長』『女囚701号/さそり』が[7]、同じフランスジェルビアックに『やくざ刑事[7]西ドイツヘルメヌシンクロに『賞金稼ぎ』が[7]イタリアデアに『パンダの大冒険』が売れ[7]、それまで東映作品の欧米への輸入は東映動画の一部作品に限られていたため[7]、契約額はどれも約二万ドル(当時の日本円で530万円)と極端に安いが[7]ブームになれば取引額も高額になることから、東映のアクションものヨーロッパでブームを興す切っ掛けにならないかという期待を持っていた[7]。『ザ・ヤクザ』は当初、鶴田浩二も出演予定があった[7]

勝新太郎の東映初出演編集

先述のお家騒動の後、秋の高倉主演映画は『現代任侠史』が予定に挙がっていた[7][59]。本作が秋に押し出され、秋の高倉主演映画が二本になったため、本作の主演が勝新太郎に交代したものと見られる[7][1]。勝の東映初出演は、東映専属にも関わらず[7]、勝プロ製作・東宝配給で「子連れ狼」に出演し続ける若山富三郎のバーター[7]。製作会見は1973年9月19日に東映本社で行われ、席上、勝は「クツの裏にべったりと土がついたような陸軍と違って海軍コンクリートのイメージだから、実はオレの味と合わんのじゃないかと心配なんだが、久しぶりに俳優一本でやれるので喜んでいる。東映初出演といっても別にどうってこともないし、俳優はカメラの前に立ったら常に全力でやるだけだ」などと話した[1][7]。「子連れ狼」を続ける若山は1972年3月に[22]、東映の専属リストから削除され[22]、その後、東映から一年半干されていたが[22][60]、この年6月公開の『釜ヶ崎極道』で東映の番線に復帰した[61]

監督の変更編集

石井輝男が本作を撮る準備をしていたら俊藤が石井を訪ねてきて、「高倉があなたと一緒にやりたいと言っているから『現代任侠史』の方に監督を替わってくれ」と石井に言った[5]。石井は勝と仕事をするのに気が乗らなかったため[5]、渡りに船とばかりに橋本忍の脚本もろくに読まずに『現代任侠史』の監督に代わり[5]、本作の監督は山下耕作になった[5]。『現代任侠史』は本作の製作会見があった1973年9月19日の三日後、1973年9月22日に東映京都撮影所クランクインした[2]。『海軍横須賀刑務所』は東映東京撮影所製作。

撮影記録編集

1973年9月21日クランクイン[2][1]

作品の評価編集

興行は振るわなかったとされ[62]キネマ旬報は「いまさら勝新太郎の兵隊やくざ的映画なんて東映ファンは見る気はしないのでは」と評した[62]。シリーズ化の構想もあったが[1]、一本だけの製作に終わった。

影響編集

勝が勝プロで東映専属の高倉を借りて、高倉と共演したいという含みを持って本作に出演したかは分からないが、高倉は本作代役出演のお礼として[63]、翌1974年の勝プロ製作・東宝配給の『無宿』で初めて他社出演に応じ[63][64]、勝と共演した[65]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 鶴田、高倉の当時のギャラは一本1,000万円以上とされたが[18]、菅原などその他の俳優のギャラは一本200万円以下だった[18]
  2. ^ 歩合契約は1977年の『八甲田山』の高倉健が日本では初[25]。同作の興収25億円の大ヒットで、基本ギャラ1500万円に後から3000万円が高倉の懐に入った[25]

出典編集

  1. ^ a b c d e f “勝新太郎が東映映画に出演 青山光二原作の海軍暴れ者”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 3. (1973年9月22日) 
  2. ^ a b c d 「東映勝新太郎主演で『海軍横須賀刑務所』製作 共演には、菅原、松方らが決定」『映画時報』1973年10月号、映画時報社、 19頁。
  3. ^ “東映五、六月の確定番組 俊藤参与今後方針語る”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 4. (1973年4月21日) 
  4. ^ a b “封切映画興行記録 海軍横須賀刑務所”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 3. (1974年11月24日) 
  5. ^ a b c d e f g h i j 石井輝男福間健二『石井輝男映画魂』ワイズ出版、1992年、221-223、349頁。ISBN 4948735086
  6. ^ a b c 「高倉健の新作『海軍横須賀番外地』」『キネマ旬報』1973年5月下旬号、キネマ旬報社、 152頁。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 「映画界東西南北談議 例年不調の季節をどう乗りきるか」『映画時報』1973年10月号、映画時報社、 34頁。
  8. ^ a b c 「映画界東西南北談議 多角経営を積極化する映画会社 映画界の春斗も記録的な要求」『映画時報』1973年5月号、映画時報社、 33頁。
  9. ^ a b c d e f g h i 「ニューズオブニューズ『番外地』は消えたけど‥…"やっぱり高倉健は任侠路線だ"」『週刊読売』1973年8月4日号、読売新聞社、 37頁。
  10. ^ a b c 今村三四夫 (1973年3月10日). “製作事情内紛で暗かった東映問題 三者会談和解成る岡田、俊藤、佐々木三氏発言/今週の日記から 東映お家騒動解決の発表”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1 “ゆく年、くる年 十大ニュースに代えて、行く年の反省とくる年の思惑”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1. (1973年12月15日) 
  11. ^ a b c d e 俊藤浩滋山根貞男『任侠映画伝』講談社、1999年、227-246頁。ISBN 4-06-209594-7
  12. ^ a b c 日刊スポーツ文化社会部 相原斎と日刊スポーツ特別取材班『健さんを探して 最後の銀幕スターの秘密』青志社、2015年、172-180頁。ISBN 978-4-86590-007-1
  13. ^ a b 堀英三「(特集)変動相場でゆく日本映画界五社体制崩壊後の『新体制』」『映画評論』1973年11月号、 28-29頁。
  14. ^ 文化通信社編『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』ヤマハミュージックメディア、2012年、81-82頁。ISBN 978-4-636-88519-4
  15. ^ a b c d e f g h 「藤純子が引退して一年 鶴田浩二と高倉健も東映映画から消える? 東映王国に何が起きたのか カギ握る俊藤プロデューサー 鶴田や健さんがポルノ、劇画路線に追われるなんて!」『週刊明星』1973年3月11日号、集英社、 193 - 195頁。
  16. ^ a b c d “東映、お家騒動のてんまつ記 社長と俊藤プロデューサー対立 "路線"で波紋、両者話し合いで一件落着”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 9. (1973年3月6日) 
  17. ^ a b c d e f 井沢淳・高橋英一・鳥畑圭作・土橋寿男・嶋地孝麿「映画・トピック・ジャーナル 和解へ向かう"鶴田・高倉"問題」『キネマ旬報』1973年4月上旬号、キネマ旬報社、 174 - 175頁。「映画界の動き 東映の製作方針対立和解す」『キネマ旬報』1973年4月上旬号、キネマ旬報社、 150頁。
  18. ^ a b c d e f g h i 「《話題の裏窓》 "お家騒動"が一見落着した東映 岡田社長と俊藤氏の和解は果たして本物か」『実業界』1973年3月号、株式会社実業界、 82 - 83頁。
  19. ^ a b 「映画界の動き 東映の73年度経営方針」『キネマ旬報』1973年2月下旬号、キネマ旬報社、 163頁。
  20. ^ a b c 滝沢一「日本映画四社首脳に直言する ―企画・製作面から見た四社の現状と問題点―」『月刊ビデオ&ミュージック』1974年11月号、東京映音、 18-19頁。
  21. ^ a b c d 「ニューズオブニューズ お任侠路線コケれば東映ガタガタ 岡田社長と俊藤プロデューサーが対立」『週刊読売』1973年3月17日号、読売新聞社、 33頁。
  22. ^ a b c d “あんぐる 東映スターの人気に変動が”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 8. (1972年3月18日) “"子連れ狼"は至って神経細やか 若山富三郎に会う 『命令されるの大きらい "拝一刀"はおれにしかやれん』”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 7. (1972年5月6日) 
  23. ^ 井沢淳・鳥畑圭作・土橋寿男・高橋英一・嶋地孝麿「映画・トピック・ジャーナル」『キネマ旬報』、キネマ旬報社、1972年5月上旬号、 132頁。波多啓「映画界の動き 東映の73年度経営方針」『キネマ旬報』、キネマ旬報社、1973年2月下旬号、 163頁。“首脳陣年初の言葉 四八年度経営方針 東映岡田茂”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 2. (1973年1月13日) 
  24. ^ 「映画&演劇 藤純子娘は脱がせられない! 東映芸能の副社長になったおやじの"弱点"」『週刊平凡』1968年10月3日号、平凡出版、 51頁。
  25. ^ a b 「This Week オフステージ 『チャッカリ健さん』」『週刊文春』、文藝春秋、1977年12月15号、 23頁。
  26. ^ 波多啓「映画界の動き 東映の73年度経営方針」『キネマ旬報』1973年2月下旬号、キネマ旬報社、 163頁。春日太一『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』文藝春秋、2013年、324-325頁。ISBN 4-1637-68-10-6日下部五朗『シネマの極道 映画プロデューサー一代』新潮社、2012年、77-78頁。ISBN 978-4103332312
  27. ^ a b c 岡田茂『波瀾万丈の映画人生 岡田茂自伝』角川書店、2004年、220 - 227頁。ISBN 4-04-883871-7
  28. ^ a b 岡田茂『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』文化通信社、2012年、35-36頁。ISBN 978-4-636-88519-4
  29. ^ a b 斉藤守彦『映画を知るための教科書 1912~1979』洋泉社、2016年、184–186頁。ISBN 978-4-8003-0698-2
  30. ^ 片山清 (東映・取締役取締役企画製作部長)・畑種治郎(東映・営業部長)・戸倉繁(東映・興行部長)、池田静雄(東映・取締役取締役宣伝部長)聞き手・北浦馨「注目の東映実録路線の周辺を探る 各パートの緊密な協力とカツドウが成功の秘訣」『映画時報』1973年8月号、映画時報社、 4-5頁。
  31. ^ 『私と東映』 x 沢島忠&吉田達トークイベント(第2回 / 全2回)
  32. ^ a b c 日下部五朗『シネマの極道 映画プロデューサー一代』新潮社、2012年、94-95頁。ISBN 978-4-10-333231-2
  33. ^ a b 「今年こそ映画復興の決定的年度 四社よく奮励努力すべし」『映画時報』1974年4月号、映画時報社、 12-13頁。
  34. ^ 追悼・高倉健 銀幕を共にした盟友が語る「高倉健」という人物(3)石倉三郎は役者としての気概を教えられた”. アサ芸プラス. 徳間書店 (2014年12月4日). 2019年12月6日閲覧。
  35. ^ 春日太一『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』文藝春秋、2013年、324-325頁。ISBN 4-1637-68-10-6
  36. ^ a b c “東映三月までの決定番組実録ものに全力を注入!”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 4. (1973年2月3日) 
  37. ^ 「やくざ映画の父」東映岡田茂氏死去87歳 - 日刊スポーツ「仁義なき戦い」「緋牡丹博徒」が大ヒット 東映の岡田茂氏死去男のヤクザ映画、女のタカラヅカ 楠木建の「好き」と「嫌い」 好き:ヤクザ映画 嫌い:タカラヅカ(Internet Archive)、あかんやつら――東映京都撮影所血風録 | 春日太一 | 評者 鈴木毅鈴木毅(進駸堂書店中久喜本店)学歴に頼ってられない! 求められるのは“キャラ立ち”か……東映が史上初の「特撮番組専任のプロデューサー」を募集中『私と東映』 x 沢島忠&吉田達トークイベント(第2回 / 全2回)、[“命と命がカチ合った、ヤクザと警察まで巻き込んだ事件が発生! 「東映京都撮影所」で本当にあった映画を超えた出来事とは?”. ダ・ヴィンチニュース (KADOKAWA). (2016年8月2日). オリジナルの2019年11月20日時点によるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2019-1119-1955-37/https://ddnavi.com:443/news/314297/a/ 2019年12月6日閲覧。 楊紅雲 (2004年). “任侠映画路線における東映の成功 ―テレビに対抗した映画製作(1963-1972年)を中心に― (PDF)”. 多元文化 第4号. 名古屋大学. p. 204. 2019年12月6日閲覧。楊紅雲「アニメーションを根幹としたTV共存策 : 東映の傍流映画製作(1980-2000)を振り返って」『名古屋外国語大学外国語学部紀要』、竹の庫:学術情報リポジトリ、2012年、 203-204、220-223、2019年12月6日閲覧。明智惠子 (2011年6月号No.397). “日本映画は再び新たな夢を見られるのか!”. 日本映画テレビプロデューサー協会報. 日本映画テレビプロデューサー協会. 2019年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月6日閲覧。浜田奈美 (2011年6月25日). “(惜別)東映名誉会長・岡田茂さん 任侠で新機軸、大切にした戦争”. 朝日新聞夕刊 (朝日新聞社): p. 9 勝田友巳 (2011年5月9日). “岡田茂さん死去: 斬新な企画、経営近代化”. 毎日新聞夕刊 (毎日新聞社): p. 9 “健さん、文太さん 任侠映画2巨頭 別々の道を歩んでともに逝く”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年12月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/12/01/kiji/K20141201009383470.html 2019年12月6日閲覧。 中原早苗『女優魂 中原早苗』ワイズ出版、2009年、176頁。ISBN 9784898302354伊藤彰彦『映画の奈落北陸代理戦争事件』国書刊行会、2014年、59頁。ISBN 978-4336058102
  38. ^ a b c d 黒井和男「一九七三年度日本映画/外国映画業界総決算 日本映画製作」『キネマ旬報』1974年2月上旬号、キネマ旬報社、 96-98頁。
  39. ^ a b c 日本シナリオ作家協会編「作品解説 文・鬼頭麟平」『年鑑代表シナリオ集 '73』ダヴィッド社、1974年、316頁。
  40. ^ 「《ウの目タカの目》 むしろこれから東映のお家騒動」『週刊文春』1973年3月26日号、文藝春秋、 27頁。
  41. ^ a b c d 「ワイド特集 人生を2倍生きる! 前歴はヒモ、土方、神主、手配師、沖仲士 『今も乞食稼業』東映の切り札・菅原文太」『週刊文春』1973年4月2日号、文藝春秋、 170-171頁。
  42. ^ a b 「LOOK 映画『実録・大映』を作る東映の悪のり」『週刊現代』1973年2月12日号、講談社、 43頁。
  43. ^ 「古いやつ、鶴田浩二がヤクザ映画に帰ってきた」『週刊現代』1976年12月16日号、講談社、 36頁。
  44. ^ 「苦節一年半"男の涙" 鶴田浩二スクリーン復帰の舞台裏」『週刊ポスト』1974年7月19日号、小学館、 52頁。河原畑寧「洋画ファンのための邦画ジャーナル 藤純子も出演か?東映オールスター大作『あゝ決戦航空隊』」『ロードショー』1974年8月号、集英社、 230頁。
  45. ^ 岡田茂『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』文化通信社、2012年、51頁。ISBN 978-4-636-88519-4
  46. ^ a b 「悪化する高倉健と東映のいがみ合い」『サンデー毎日』1974年11月12日号、毎日新聞社、 50頁。
  47. ^ 「高倉健」のお骨を口に入れ“アチチ”と火傷した「東映会長」脇田巧彦「映画・私生活・ファンのこと 『総長への道』撮影中の高倉健にきく」『キネマ旬報』1971年3月20日増刊号 任侠映画大全集、キネマ旬報社、 78 - 81頁。
  48. ^ 「一代の梟雄・岡田茂 文・菅原文太」『文藝春秋』2011年 8月号、文藝春秋、 81-83頁。
  49. ^ 「ウの目タカの目スター不在の来年版カレンダー」『週刊文春』1974年8月12日号、文藝春秋、 21頁。
  50. ^ a b c d e 「映画界東西南北談議邦画界、失地挽回作戦を展開市場拡充、動員対策で大キャンペーン」『映画時報』1973年7月号、映画時報社、 29頁。
  51. ^ 北林慎也 (2015年9月20日). “映画『山口組三代目』まさかのタイミングでDVD化決定 東映の英断”. withnews (朝日新聞社). オリジナルの2015年9月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150906085837/https://withnews.jp/article/f0150902004qq000000000000000W00b0601qq000012467A 2019年12月6日閲覧。 抗争と流血 -東映実録路線の時代 -”. シネマヴェーラ渋谷. 2019年12月6日閲覧。(Internet Archive)高橋賢『無法地帯:東映実録やくざ映画』太田出版、2003年、170-179、230-241頁。ISBN 9784872337549針木康雄「東映会長・岡田茂 メディアミックス時代の名プロデューサー『もののけ姫』の生みの親 徳間康快氏の死を悼む」『月刊経営塾(現・月刊BOSS)』2000年11月号、経営塾、 56-57頁。本橋信宏『新橋アンダーグラウンド』駒草出版 ダンク出版事業部、2017年、129頁。ISBN 9784905447863
  52. ^ 「映画界東西南北談議 邦画陣には明るい見通し 減税にはなったが多難な映画界」『映画時報』1973年2月号、映画時報社、 32頁。
  53. ^ 「映画界東西南北談議 粒揃いの各社の企画ラインアップ」『映画時報』1973年3月号、映画時報社、 34頁。
  54. ^ 「映画界東西南北談議 粒揃いの各社の企画ラインアップ」『映画時報』1973年3月号、映画時報社、 34頁。“東映三月までの決定番組実録ものに全力を注入!”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 4. (1973年2月3日) 日本シナリオ作家協会編「作品解説 文・鬼頭麟平」『年鑑代表シナリオ集 '73』ダヴィッド社、1974年、316頁。「映画界東西南北談議 邦画陣には明るい見通し 減税にはなったが多難な映画界」『映画時報』1973年2月号、映画時報社、 32頁。“東映の九月一週番組決る 実録もの企画連続登場”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 7. (1973年7月21日) 黒井和男「一九七三年度日本映画/外国映画業界総決算 日本映画製作」『キネマ旬報』1974年2月上旬号、キネマ旬報社、 96-98頁。
  55. ^ “東映の九月一週番組決る 実録もの企画連続登場”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 7. (1973年7月21日) 
  56. ^ 「映画界東西南北談議 作品の大作化と劇場の合理化 話題はGW興行と春斗の行方」『映画時報』1973年6月号、映画時報社、 33頁。
  57. ^ a b 福中脩東映国際部長「年間二百万ドルを目標の海外輸出『恐竜・怪鳥の伝説』は五〇万ドルの事前セールス」『映画時報』1977年2月号、映画時報社、 12-13頁。
  58. ^ a b 「苦戦しながら学んだこの一年 洋画配給一年をふり返って―鈴木洋画部長にきく―」『社内報とうえい』1973年6月号 No.176、東映株式会社、 15-16頁。
  59. ^ 「NEWS MAKERS 鶴田・高倉の"二枚看板"復活の皮算用」『週刊ポスト』、小学館、1973年8月10号、 34頁。
  60. ^ 井沢淳・鳥畑圭作・土橋寿男・高橋英一・嶋地孝麿「映画・トピック・ジャーナル」『キネマ旬報』1972年5月上旬号、キネマ旬報社、 132頁。波多啓「映画界の動き 東映の73年度経営方針」『キネマ旬報』1973年2月下旬号、キネマ旬報社、 163頁。“首脳陣年初の言葉 四八年度経営方針 東映岡田茂”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 2. (1973年1月13日) 
  61. ^ “東映六~七月確定番組発表 若山久しぶりの東映作出演”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 3. (1973年5月26日) 
  62. ^ a b 「映画館秋の邦画新作討ち死にし、洋画も低調…」『キネマ旬報』1974年1月上旬号、キネマ旬報社、 184頁。
  63. ^ a b “大作挑戦の布陣が目立つ邦画各社の九月以降態勢”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1. (1974年8月17日) 
  64. ^ “永田さんの一徹、城戸会長を動かす 再起映画、松竹が配給 『君よ憤怒の―』やっと撮影へ”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社): p. 13. (1975年9月5日) 
  65. ^ 「健さん勝新共演の『無宿』クランクイン」『週刊読売』、読売新聞社、1974年8月31日号、 35頁。

外部リンク編集