メインメニューを開く

海道 ノブチカ(かいどう のぶちか、1948年8月22日 - )は、日本経営学者関西学院大学商学部名誉教授福島市出身。ドイツ経営学が専門であり、ドイツのコーポレートガバナンスなどを中心に研究をしている。父親は同じく経営学者の海道進

目次

経歴編集

兵庫県立神戸高等学校卒、1971年関西学院大学商学部卒業。1973年神戸大学大学院経営学研究科修士課程修了。1974年小樽商科大学講師。1978年桃山学院大学経営学部助教授。1987年教授。1989年関西学院大学商学部教授。経営学部長を務め、2017年退任、名誉教授。1991年『西ドイツ経営学の展開』により、関西学院大学より商学博士の学位を授与される[1]

著書編集

  • 『西ドイツ経営学の展開』(千倉書房、1988年)
  • 『現代ドイツ経営学』(森山書店、2001年)
  • 『ドイツの企業体制―ドイツのコーポレート・ガバナンス』(森山書店、 2005年)
  • 『ドイツのコーポレート・ガバナンス』(中央経済社、2013年)

共編著編集

  • 『日本とドイツの経営』 (大橋昭一深山明と共著、1999年7月)
  • 『経営学の歴史』(深山明と共著、2001年3月)
  • 『基本経営学』(深山明と編著)(同文館、2010年1月。2015年3月(改訂版))
  • 吉田和夫、大橋昭一監修『最新 基本経営学用語辞典』(深山明・廣瀬幹好と編著)(同文館、2015年)

翻訳編集

  • ラルフ・ボードー シュミット著『企業経済学』全3巻(千倉書房、1974-86年

論文編集

脚注編集