メインメニューを開く

海部氏(かいふし)、海部氏(あまべうじ)は、日本の氏族

阿波海部氏編集

海部氏(かいふし)は阿波国海部郡を拠点とした武士。

概要編集

古代豪族である宍昨別の子孫とも藤原氏の子孫とも言われ、代々海部郡司を継承したと伝えられる。

室町時代には吉野城を本拠として阿波守護細川氏に仕えて、三好氏と婚姻を結んだ。

天正10年(1582年)に海部友光は隣国土佐国長宗我部元親の侵略を受けて没落した。

人物編集

丹後海部氏編集

海部氏
始祖 彦火明命
種別 神別天孫
本貫 丹後国与謝郡
後裔 海部家(籠神社社家
凡例 / Category:氏

海部氏(あまべうじ)は、丹後国を拠点とする氏族。

概要編集

京都府宮津市に鎮座する丹後国一宮籠神社社家

古代から現代に至るまで、籠神社の宮司世襲している。

彦火明命祖神とする神別氏族で、尾張氏と同系統である。

祖神から第32世当主までの家系を記した、国宝海部氏系図」が伝わっている[1]

人物編集

関連項目編集

脚注編集

参考文献編集