メインメニューを開く

海陽中等教育学校(かいようちゅうとうきょういくがっこう)は、愛知県蒲郡市海陽町三丁目にある私立中等教育学校

海陽中等教育学校
Kaiyo Academy Facade.jpg
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人海陽学園
設立年月日 2006年4月
共学・別学 男女別学(男子校)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 5ターム制
中等教育学校コード 23557B
所在地 443-8588
愛知県蒲郡市海陽町三丁目12番地1
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
海陽中等教育学校の位置(愛知県内)
海陽中等教育学校
Kaiyo Academy (school gate).jpg

目次

概要編集

全寮制中高一貫制男子校である。トヨタ自動車JR東海中部電力などの中部地方の有力企業が中心となり設立され、2006年4月に開校した[1]。敷地は蒲郡市ラグーナテンボスに隣接している。

理事長JR東海の取締役名誉会長である葛西敬之(初代理事長は豊田章一郎)。校長は東京大学名誉教授の伊豆山健夫から2009年4月に東京大学名誉教授の中島尚正へ引き継がれた[2]

本校はイギリスに所在するイートン校をモデルにしており、寮の事をハウス、寮監のことをハウスマスターと呼ぶなど、共通している事項が多数存在する[3]

愛知県内に所在し、を有する私立学校ではあるものの、愛知県私学協会及び全国私立寮制学校協議会には参加していない[4][5]

国際科学技術コンテスト等で多くの実績を持つ。

日本数学オリンピック、化学グランプリ、日本情報オリンピック、日本生物学オリンピック、日本地学オリンピック、地理オリンピック、科学の甲子園及びキャリア甲子園等で活躍。

科学の甲子園全国大会常連校、第5回大会から4年連続出場し、第5回(2015)及び第8回大会(2018)で総合優勝。同校2回優勝及びジュニア(中学生の部)の同時優勝は史上初の快挙。キャリア甲子園は2016年度と2018年度で優勝。

建学の精神編集

〜 将来の日本を牽引する、明るく希望に満ちた人材の育成 〜

一、高潔で明朗闊達な人材の育成

一、基礎学力の徹底した習得

一、健全な身体、強靭な意志の涵養

一、学問の楽しさを知る教養豊かな人材の育成

一、日本の伝統・文化に立脚し、国際社会で活躍できる人材の育成

沿革編集

  • 2006年 - 海陽中等教育学校が開校。
  • 2012年 - 第1期生が卒業。
  • 2015年 - 新ハウス体制完成。これにより中1から高2までが同じ寮に在籍。
  • 2018年 - 新ハウス体制施行。2-2-1-1体制。
  • 2019年 - 新ハウス体制。1-2-2-1体制完成。
 
海陽学園全景

教員編集

など

部活動編集

  • ロボット部[6]
  • 数学部
  • 音楽部
  • サイエンス部(生物系・化学系・物理系)
  • 囲碁・将棋部
  • 放送部
  • アメリカンフットボール部
  • サッカー部
  • 硬式テニス部
  • バトミントン部
  • 卓球部
  • 野球部(硬式、軟式)
  • 剣道部
  • 柔道部
  • 陸上競技部
  • バスケットボール部

同好会活動編集

など。

関連図書編集

脚注及び参照編集

関連項目編集

外部リンク編集