涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)は、漢字文化圏では単位命数)としても用いられ、名前のついている数では最小の単位となっている。それが差し示す位は、10-24[1]10-26など時代や地域、また書物により異同がある[要出典](一般には10-24とされる[1])。

小数の単位としては唯一、漢字四字で表記される。

SI接頭辞ではヨクトに当たる。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

  • 命数法
  • 数の比較
  • 涅槃寂静 - 仏教用語で、煩悩の炎の吹き消された悟りの世界(涅槃)は、静やかな安らぎの境地(寂静)であるということを指す。