メインメニューを開く

消防司令長(しょうぼうしれいちょう)は、日本消防吏員階級の一つ。上から5番目。消防監の下、消防司令の上。

概要編集

消防司令長の階級は、消防組織法第十六条第二項の規定に基づき、上位に消防総監消防司監消防正監消防監、下位に消防司令消防司令補消防士長及び消防士と定められている[1]
この階級を有する者は全国にいる消防吏員約16万人のうち、約4%である(2016年平成28年)4月1日現在)[2]

階級の基準編集

【出典】[1][2][3]

※ ここで言う組合とは消防部局を設置する一部事務組合消防組合広域連合のことである。

  • 東京消防庁
    • 本部 - 副参事、課長
    • 消防署 - 副署長、課長
  • 政令指定都市の消防部局(政令指定都市が加入する組合を含む)
    • 本部 - 課長
    • 消防署 - 大隊長、課長
  • 人口70万人以上の市町村及び組合の消防部局
    • 本部 - 課長
    • 消防署 - 大隊長、課長
  • 消防吏員数200人以上又は人口30万人以上の市町村及び組合の消防部局
    • 本部 - 課長
    • 消防署 - 副署長、大隊長
  • 消防吏員数100人以上又は人口10万人以上の市町村及び組合の消防部局
    • 本部 - 次長、課長
    • 消防署 - 署長、課長
  • 消防吏員数100人未満かつ人口10万人未満の市町村及び組合の消防部局の消防長

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集