メインメニューを開く
日本の消防車 > 消防車 (陸上自衛隊駐屯地用)

消防車(しょうぼうしゃ)は、陸上自衛隊の装備。駐屯地業務隊が運用する。駐屯地に配備される大型消防車のほか、補給処、燃料支処には化学消防車が配備される。

ヘリコプター発着に備えて待機する消防車
散水中の様子

諸元編集

一般の消防車とほぼ同じ。

運用編集

ナンバープレートが自衛隊用の6桁になっており、車体側面に書かれる「消防本部」などの表示が「陸上自衛隊」となっている。建造物火災の消火作業のほか、ヘリコプター発着の際には墜落事故発生時の初期消火、本格的な消火活動開始までの繋ぎを目的として必ず待機するよう規定されており、ヘリコプターの起こす風による砂ぼこりを防止する散水車としても利用される。

備え付けのホースもあり、タンク内の水量が無くなってきた場合、車両側面に付いている吸管(きゅうかん)という大きな黒い管で、近くの井戸や河川からの給水が可能。

駐屯地近隣で火災が発生した場合、要請があれば近傍派遣として出動できる。

製作編集

関連項目編集