原由子 > 涙の天使に微笑みを

涙の天使に微笑みを」(なみだのてんしにほほえみを)は、原由子の14枚目のシングル1997年11月27日発売。発売元はタイシタレーベル

涙の天使に微笑みを
原由子シングル
初出アルバム『Loving You
B面 悲しき口笛
リリース
規格 8cmCD
デジタル・ダウンロード
ジャンル J-POP
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1)
作詞:藤浦洸・作曲:万城目正 (#2)
プロデュース 桑田佳祐
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間16位(オリコン
  • 原由子 シングル 年表
    みんないい子
    (1997年)
    涙の天使に
    微笑みを

    (1997年)
    夢を誓った木の下で
    2007年
    テンプレートを表示

    1998年2月25日に再発されている。

    背景・リリース編集

    香取慎吾 & 原由子」名義でリリースされたコラボレーションシングル「みんないい子」から1ヶ月でのリリースとなる新作であるが、原のソロ・シングルとしては1991年11月1日にリリースされた前作「負けるな女の子!」からおよそ6年1ヶ月ぶりとなる。

    本作および翌年のベストアルバム『Loving You』のリリース後、原は再びソロ活動が少なくなり、ソロ・シングルは2009年8月19日リリースの「夢をアリガトウ」までおよそ12年の間隔が空くことになる。

    収録曲編集

    1. 涙の天使に微笑みを (5:42)
      (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐 / 弦編曲:島健
      NHK連続テレビ小説甘辛しゃん』主題歌。
      「ためいきのベルが鳴るとき」以来となるテレビドラマタイアップの楽曲である。
      1997年7月28日にNHKでの記者発表に臨んだ原は緊張しながらも、「朝の連続テレビ小説は小さいころから親しんでいたし全国の皆さんの関心がある番組。そのテーマ曲を歌うことは光栄です。」とコメントした[2]
      ソロ名義の曲ではあるが、1998年に行われたサザンのライブ「1998 夏 サザンオールスターズ スーパーライブ in 渚園 モロ出し祭り 〜過剰サービスに鰻はネットリ父ウットリ〜」でも披露された。
      3代目桂春蝶はこの曲が好きである事を述べており、曰く「すっごく落ち着きたい時」に聴くと「全てが浄化されてゆく感じがします」としている[3]
    2. 悲しき口笛 (3:07)
      (作詞:藤浦洸 / 作曲:万城目正 / 編曲:島健
      1949年に発売した美空ひばりの曲のカバー。

    参加ミュージシャン編集

    涙の天使に微笑みを

    悲しき口笛
    • 小倉博和 - Electric Guitar
    • 高水健司 - Wood Bass
    • 村上"ポンタ"秀一 - Drums
    • 島健 - Piano
    • 包国充 - Alto Sax
    • 淵野繁雄 - Alto Sax
    • 山本拓夫 - Tenor Sax
    • 竹野昌邦 - Tenor Sax
    • BOB ZUNG - Clarinet
    • 原由子 - Vocal & Whistle

    収録アルバム編集

    脚注編集

    [ヘルプ]

    注釈編集

    1. ^ 2003年6月度までの旧基準。最低累計正味出荷枚数20万枚以上の作品に適用。

    出典編集

    1. ^ 日本レコード協会 認定作品 1997年12月度認定作品の閲覧。 2017年12月11日閲覧
    2. ^ 「STANDOOH! AREEENA!! C'MOOOON!!!」
    3. ^ 桂春蝶オフィシャルブログ 涙の天使に微笑みを… 2014年10月14日ライブドアブログ

    外部リンク編集