涼元 悠一(すずもと ゆういち、1969年1月13日 - )は、日本シナリオライター小説家

来歴編集

静岡県清水市(現静岡市清水区)生まれ。静岡県立清水東高等学校卒業。1991年、短編「我が青春の北西壁」で集英社第16回コバルト・ノベル大賞大賞受賞。1992年3月、集英社コバルト文庫より『あいつはダンディ・ライオン』を発表。1998年、『青猫の街』が第10回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、新潮社より刊行された。 その後『Kanon』に衝撃を受け、ビジュアルアーツに入社。keyの他にも大熊猫などのビジュアルアーツ系ブランドでシナリオを手がけた。『AIR』ではシナリオアシスタンス、『CLANNAD』ではサブシナリオを担当した。もともと、個人サイトで発表予定だった『planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜』では企画とシナリオを担当した。2006年12月には自身のサイトで一時掲載していたweb小説『ナハトイェーガー』を、GA文庫ソフトバンククリエイティブ)より出版、ライトノベル再デビューを果たした。

2005年9月、ビジュアルアーツを退社し、アクアプラスに入社。主にシナリオを担当する。

作品リスト編集

小説編集

単行本編集

短編編集

web小説編集

ゲーム編集

その他編集

  • ノベルゲームのシナリオ作成技法 (秀和システム、2006年8月)(第2版、2008年12月)

外部リンク編集